英国の食べ物

【イギリスのチョコ】キャドバリー・ダブルデッカーは買って後悔しないか?

ダブルデッカー チョコ

ダブルデッカーチョコバーって美味しいの?

イギリス南西部デボンの田舎町よりこんにちは。アルノです。

イギリスのスーパーにずらりと並ぶチョコバーたち。

わたしはずっとこれらのチョコバーをスルーして英国生活を送ってきました。

なぜかって?

きっと確実にド甘だ!と想像していたからです!』

しかし、ロックダウン中にいろんな人からチョコバーをもらう機会が増え、英国チョコを語ってみたくなりました。

この記事では、英国のポピュラーなチョコバー「ダブルデッカー」について味や評価を紹介します。

アルノ
アルノ
記事を読めばあなたが「ダブルデッカーチョコ」を買うべきか?買わざるべきかがわかるでしょう

①ダブルデッカーはこんなチョコです

イギリス チョコバー

ダブルデッカー(チョコ)は、英国のチョコレート会社キャドバリー(Cadbury)が販売するチョコバーのひとつ。

キャドバリー社は、『チャーリーとチョコレート工場(小説&映画)』のモデルとなった工場をもち、世界で二番目のチョコレートシェアのある会社なのです。

ビクトリア女王、エリザベス女王の王室御用達ブランドとしても有名。

ダブルデッカーは、二階建てバスの名前のとおり中が二層になっています。

そのユニークな食感と味わいは、1976年の登場以来、人気を保ち続けています!

アルノ
アルノ
4.5gのバーのエネルギーは、1050kJ(250kcal)と高カロリー 

②ダブルデッカーの味は?

ダブルデッカー

ダブルデッカー(二階建てバス)の名前のとおり、中が二層になったチョコバー。

下の階は、かりかりっとした歯ごたえのある丸いシリアルが敷き詰められてます。初代ダブルデッカーにはレーズンも入っていましたが、現在はレーズンなしです。

上の階は、ソフトで軽い食感のヌガー

それらを、甘いミルクチョコレートでコーティングしています。

アルノ
アルノ
ダブルデッカーチョコとは、異なる食感を楽しむためのチョコバーです。 

③ダブルデッカーの感想

ダブルデッカー チョコレート

まず、わたしのダブルデッカーを食べてみた感想は、

一口ほおばり、、甘い!やっぱり甘すぎる!!

強烈に甘く感じたものの、ほどなく口の中でカリカリシリアルと、ソフトなヌガーがマッチングしていき、案外おいしいと感じるようになりました。

結局その日は、2本のダブルデッカーチョコバーを食べてしまいました。

嘘でしょ。。
カロリー計算すると自己嫌悪!

イギリス人の評価を見てみましたが、低評価の意見としてはチューインすぎる、甘すぎるなど。

でもまぁ「子供の頃によく食べていた、なつかしい、今でもワインによくあう」など高評価の意見のほうが多いです。

④ダブルデッカーが買えるところ

イギリスのほとんどのスーパーで取り扱いがあります。(LIDLやALDIにはなし)

気になるお値段は、チョコバーの容量によって違います。
また、けっこうな頻度でお得なセールを見かけます。

47グラムのチョコバーが4本入りパックが約1.5ポンド(200円ほど)が目安。

日本ではアマゾンや楽天で購入できますが、かなり高額になるので基本的におすすめしません。

どうしても食べたい方むけに、リンク貼っておきますね!

まとめ

以上、「キャドバリー・ダブルデッカーは買って後悔しないか?」について紹介しました。

結論は、「ダブルデッカーチョコは、買って損はありません』

ダブルデッカーチョコをおすすめする人

  • イギリス旅行のバラマキ用お土産におすすめ(ネーミングの二階建てバス)もGOOD
  • イギリスらしいド甘チョコを食べたい人におすすめ
  • 数ある英国チョコバーの中で美味しさを求める人におすすめ
  • 旅の土産話しに、ダブルデッカーチョコを食べた経験を語りたい人におすすめ

しかし、
日本のチョコより強烈な甘さがあり、ねちょっとしたヌガーが苦手な人もいるでしょう。

小さいこどもに食べさせるとき、また歯が弱い人、お年寄りは注意しましょう!

わたしのおすすめは、『エスプレッソなど濃いブラックコーヒーと一緒にちびちび』いただく方法です!

ぜひダブルデッカーチョコをぜひお試しあれ♪

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。
この記事があなたのお役にたてばうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

 

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 幸せって何だろう?英国暮らしのなかで感じた心温まること、面白いこと、楽しいことを発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。