新型コロナ役立つ情報

イギリスで新型コロナウィルス(COVID-19)情報ページまとめ

ロンドン

イギリスで新型コロナの情報をどうやってさがしたらいい?

イギリスより、新型コロナウィルス関連の情報ページをまとめたので紹介します。

感染者の推移や、旅行情報、NHS医療の情報、世界や日本の感染データもわかるので、「新型コロナ情報、どれをみたらいいかわからない」という人の参考になればと思います。

まとめ

はじめに紹介する情報ページ(アプリ)をまとめます。

  1. 世界の感染データマップ→ >COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE
  2. 日本の感染データマップ→ >東洋経済オンライン│新型コロナウイルス国内感染の状況
  3. 日本の新型コロナニュース速報→ >スマホのアプリ、スマートニュース
  4. イギリスの感染数と旅行情報→ >GOV.UK Coronavirus (COVID-19)
  5. イギリスのニュース速報→ >BBC Coronavirus Outbreak
  6. 自分の暮らす地方新聞ニュース→ 大事!

 

それぞれの特徴を紹介しますね。

世界の最速を知る│新型コロナウィルスデータマップ

まずは世界の感染者の状態をひとめで理解できる「COVID-19グローバルケース」をチェック

世界新型コロナマップCOVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSEより画像引用

 

COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

まるで映画の世界です。

WHO(世界保険機構)のデータをもとにアメリカの大学ジョン・ホブキンス大学(Johns Hopkins University)が作成しています。

自動で作成されているこのマップで世界の新型ウィルスの動向がひと目でわかります。

このマップとデータから以下のことがわかります。

  • 世界全体の感染者数と国ごとの感染者数
  • 世界全体の死者数と、国ごとの死者数
  • 世界全体の回復者数と、国ごとの回復者数

しかし、これらの数字を見るときの注意点があります。

それは、「あくまでも表面化されている数字(検査がおこなわれた・病院で死亡した)」であるということ。真実の数字はもっと多いと考えられています。

日本の感染者数など総合的なデータチェック

イギリス在住者も日本の家族や友人の心配をしています。

日本の感染データは東洋経済オンラインのデータマップをチェックできます(更新は自動)

東洋経済オンライン│新型コロナウイルス国内感染の状況

東洋経済オンライン│新型コロナウイルス国内感染の状況より画像引用

 

厚生労働省が発表するデータをグラフ等で可視化化してあるため、直感的にデータを知ることができます。

英語のページもリンクされているので、海外の人に日本の新型コロナ情報を紹介するときもおすすめ

アプリで日本の新型コロナ情報を確認するなら?

日本の新型コロナウィルス情報記事は、スマホのアプリスマートニュースでチェックしています。

日本のニュースを毎日読むためにいろんなニュースアプリを試したけど、やっぱりスマートニュースに戻ってきます。これが一番見やすい。

スマートニュース

スマートニュース
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted withアプリーチ

新型コロナウィルスのページができたので、そこをチェック。日本の新型コロナニュースを見ています。

イギリスのニュースは?

わたしは4つを情報ページをチェックしています。

  1. GOV.UK(イギリスの感染者数発生地域の推移と旅行に関する情報と各機関へのリンク)
  2. BBCニュース(最速アウトブレイクニュース)
  3. NHS(医療に関することは)
  4. 地方紙(暮らしている場所のチェックは重要!

では、それぞれ紹介します。

GOV.UK

GOV.UKを見ていれば、英国政府の新型コロナ対策の動向や、各重要機関とのリンクなど総合的なことがわかります。特に見ているのは感染者数の推移や旅行情報。

>Coronavirus (COVID-19): latest information and advice‐Number of cases

 

感染者数の推移と地域

新型コロナウィルスの感染者数発生地域の情報は、英国政府のネットサービスGOV.UKを見ています。

毎日午後2時に更新されます。一番正確にわかるので、まずはここをチェック

発生地域の詳細については、政府から発表を差し控えるなどの報道もありましたが、現在では発表するが24時間遅れる(正確な情報を供するため)と発表されました。

今後はマップでビジュアル化される予定もあります。

イギリスはそもそも公的な病院が国営NHS(National Health Service)なので、国内医療情報の統制が確実でほぼ正確だと思われます。

同じページで、次のこともわかります。

Returning travellers

日本では旅行に対する自粛ムードがありますが、イギリス人は旅行は旅行と割り切ってるかんじがします。旅行の情報は大事!

各国の入国規制や入国後の自主謹慎などの情報はここでチェックします。

日本は【コロナウイルスのリスクが高い場所】のひとつになっていて、英国に入国したさいは診察をうける必要があるとされています。

 

BBCニュース

私はBBCの新型コロナアウトブレイク(Coronavirus Outbreak)をチェックしています。

>BBC Coronavirus Outbreak

速報や情報をきちんと把握したい場合にBBCニュースの記事をよみます。

NHS

イギリスNHSが推奨する新型コロナウィルスの感染予防方法や、旅行情報、自分が新型コロナ感染を疑った場合の対応策がわかります。

NHS:coronavirus-covid-19

現在直接GPに行くことはご法度とされ、イングランド・北アイルランド・ウェールズ・スコットランドともに111に電話することになっています。

しかし現在すべての感染疑い者が111に電話しているため、111の対応が遅れているようです。注意してください。

暮らす地域の新型コロナニュース

例えば私の場合、暮らしているイギリス南西部DEVONの地方ニュースを見ます。

>Devon Live

自分の住む地域のネットニュースを毎日チェックすることをおすすめします。

まとめ

以上、わたしが個人的に情報を得ている新型コロナニュースの媒体を紹介しました。

もう一度まとめると。。

  1. 世界の感染データマップ→ >COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE
  2. 日本の感染データマップ→ >東洋経済オンライン│新型コロナウイルス国内感染の状況
  3. 日本の新型コロナニュース速報→ >スマホのアプリ・スマートニュース
  4. イギリスの感染数と旅行情報→ GOV.UK Coronavirus (COVID-19)
  5. イギリスのニュース速報→ >BBC Coronavirus Outbreak
  6. 自分の暮らす地方新聞ニュース→ 大事!

 

また、日本からの旅行情報は日本旅行業界が新型コロナウィルス特設ページをたちあげました。参考になります。

日本からの旅行情報→ 日本旅行業界

この情報以外に参考になるページがあったらぜひコメントで教えてほしいです。

私の暮らすデボンで初の感染者が発生したさいの記事はこちら。イギリスの田舎町にも感染者ができています。

デボン
新型コロナ、イギリス南西部Devonでも発生のニュース(2020年3月8日追記) イギリスの田舎デボンからのコロナ情報 イギリス南西部、のんびりした田園地帯が広がるデボン州。 ...

この記事があなたのお役にたてばうれしいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

 

 
ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 幸せって何だろう?英国暮らしのなかで感じた心温まること、面白いこと、楽しいことを発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。