英国トラベル

エデン・プロジェクトを全力ですすめる8つの理由!世界最大級のエコと教育型のユニーク植物園

エデン・プロジェクト Eden project

エデン・プロジェクトって何?

いつかエデン・プロジェクトに行ってみたい!

そんなことを思っている あなたのために捧げます。

イギリス在住、旅好きアルノです。

「エデン・プロジェクト(Eden Profect)」とは、イギリス南西部コーンウォール州にあるエコロジーと教育型の非常にユニークな巨大植物園。

ここでは、自然と人間の共存をテーマに、さまざまな挑戦ともいえる取り組みが行われています。

大人はもちろん、子供連れでも楽しめる!

年齢に合わせた 楽しいしかけや教育のシステムが複合的に設計され、非常によくオーガナイズされています。

  • 「植物が好き」
  • 「エデン・プロジェクトって何?」
  • 「一度は行ってみたかった」
  • 「地球環境に興味がある」

そんなあなたに 全力でおすすめしたい イギリスの巨大植物園エデン・プロジェクト。

この記事で、イギリスの楽園・エデン・プロジェクトの8つの魅力と、行く前の4つの注意点がわかります。

エデン・プロジェクトを全力ですすめる8つの理由

1)究極のリラックスと癒やしの空間

エデン・プロジェクト Eden project

エデン・プロジェクトの施設内にはいると、まず眼下に広がるバイオ・ドームに圧倒されます!

また、施設いっぱいに植えられたハーブや花や野菜、さまざまな種類の木を眺めながら、植物の光合成による澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込みます。

豊かな土壌による有用微生物からのセロトニンの上昇が期待できるし、耳をすませば、鳥の鳴き声、水の音、植物の葉ずれさえも聴こえてきます。

アルノ
アルノ
落ち着くわ~! 

施設内のどこにいても「ヒーリングを受けている」、そんな心地の良さを感じられる場所なのです。

2)知識欲が刺激される!

エデン・プロジェクト Eden project

エデン・プロジェクトはそもそも自然環境を学ぶ」という慈善事業としての目的があります。

施設は、「Mediterranean Biome(地中海ドーム)」と、「Rainforest Biome(熱帯雨林ドーム)」の2つのバイオーム(巨大温室)を中心とし、「The Core(コア)」と呼ばれる教育施設、季節のイベントが開催される「Stage(ステージ)」、木や菜園、彫刻が楽しめるアウトドアガーデン、それにレストランやカフェ、ショップが設置されています。

エデン・プロジェクトを象徴する蜂の巣のような、ゴルフボールのようなドーム。

エデン・プロジェクト Eden project

このドームは、管状の鋼と、六角形(頂部は五角形)のETFE(高性能フッ素樹脂の一種)フィルムを層にして作られた透明なクッション状の壁でできています。

この壁は高強度で紫外線や温度、汚れに強く、長期の屋外の使用に耐えることができています。

アルノ
アルノ
ちなみにETFEは日本のAGC旭硝子が開発しています。 

施設内は、いたるところに地球の進化や植物と人間との関わりなどについて勉強できる 楽しい説明板や遊び場が設置されているのです!

エデン・プロジェクト Eden project

植物園内を見て回るだけで、勝手に自然について詳しくなり、さらなる興味を持つようになってる。

どんな人でもその知識欲が刺激される、そんな感じの楽しい仕掛け。

この場所は、もともとコーニッシュ粘土の採掘場跡地であり、世界の終わりを感じさせるほどの荒廃した土地だったといいます。(プロジェクト開発者ティム・スミスの言葉より)

1995年より この場所の再生事業がティム・スミスによって開始され、建築家ニコラス・グリムショー卿と、構造設計企業であるアンソニー・ハント社によってドームや設備が設計され、2001年にオープンしました。

今では世界中から この壮大な自然科学プロジェクトを実行するエデン・プロジェクトへやってきます。

お一人さまでもOK、車椅子でもOK、こどもでもOK、犬もOK(ドッグ・フレンドリー)!ここでは、身体的な問題をもつひとでも、年齢・性別を問わず楽しめる設備と要素があるのです。

そして、地球環境の未来への取り組みと、自然・植物と人間との関わりをこの植物園で体感することができます。

3)地中海ドームの温帯気候でゆったり過ごせる

エデン・プロジェクト Eden project

Mediterranean Biome(地中海ドーム)」の門をくぐると、中はふんわり暖かく、オリーブやぶどうの木、サボテン、柑橘系フルーツなどが植えられ、地中海性気候の国々の雰囲気を感じられます。

夏は高温で乾燥し、冬は温暖で雨が多い地中海性気候である、「地中海」、「南アフリカ」、「オーストラリア」、「カリフォルニア」などが国ごとの区域にわけられ、特徴的な植物と彫刻などを見ることができます。

エデン・プロジェクト Eden project

ここは説明板が豊富で、例えばオリーブの木があるそばには「オリーブの木の説明板」、ぶどうの木のそばには「ワイン醸造の説明」など、、知的好奇心をくすぐるものがあちこちに配備されています。

エデン・プロジェクト Eden project
アルノ
アルノ
子供に負けず、大人たちだって「へぇー」と勉強できることが多い! 

そして、このドームは椅子やベンチが多いので、ゆったりと過ごすのに最適な場所です。

 


4)熱帯雨林ドームで刺激的にすごせる

エデン・プロジェクト Eden project

Rainforest Biomi(熱帯雨林ドーム)」は、地中海ドームより規模が大きく、中はムンムンとした熱帯雨林気候独特の湿気がたちこめています。

アルノ
アルノ
まさかの イギリスで「ジャングル」! 

年間を通じて高温多雨な熱帯雨林気候のさまざまな種類の植物、滝やジャングルの人々住処、池、吊橋などもあります。

途中、暑さで疲弊したら、クール・ルーム(エアコンや水飲みがあります)やスチームの出る橋で一休み。

エデン・プロジェクト Eden project

そして、このドームの最大の見所、それはドームを上から眺めることができる「Rainforest Lookout(恐怖の空中階段)」!

エデン・プロジェクト Eden project

わたしは高所恐怖症気味なので、いつも途中で挫折。。いつか渡りきってみたい。でも怖い。

このドームはアップダウンも多く、見どころも多いので、全部見て回るとかなりの運動量になります。自然界の雨のシステム、ゴムの木、パームやしの環境問題など、教育的展示も見られます。

「あれ?やんばるくいな?」とみまごう鳥「Roul roul」もあちこちに出没し、散策する人の心を癒やしてくれてます。

ここに住みたいよう!と旦那さんにブツブツと訴える私でした。

5)コーンウォール産の旬の食事を楽しめる

エデン・プロジェクト Eden project

お腹がすいたら、地中海ドームと熱帯雨林ドームの階下のレストランへ。

ここには2つのレストラン(エデンキッチンと地中海キッチン)と、コーニッシュ・パスティのカフェ、ドリンクカフェがあります。

コーニッシュ・パスティお腹がすいたらつまめるお手軽な肉や野菜が入ったパイ。本場のコーニッシュ・パスティを食べるのもいいですよね!

わたしたちは「地中海風レストラン(Eeden Med Kitchen)」をチョイス。

エデン・プロジェクト Eden project

めっちゃ美味しかったです!盛り付けもモダン。素材も 旬のもの、なるべくコーンウォール産のものが使われています。

写真は、ラム・タジン。スパイスがほどよくきいたラムシチューにクスクスが美味しかった。他にもシーフードたっぷりのパエリアをオーダーしました。これももちろん美味。

ベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリー食にも対応。プラスチックの使用は極力ひかえています。

もし可能なら、水筒を持参してください。水を無料で詰められる場所があるんです。

また、蓋付きマグを持参すると、コーヒーやティーが少し割引になるシステムがあります。だから、エデン・プロジェクトでは蓋付きマグを手に持って歩く人の姿をよくみかけるのです。

アルノ
アルノ
おっと!忘れちゃいけない。エコロジー! 

 

ゴミはもちろん詳しい分別場所が設置され、その生ゴミは堆肥化装置によって堆肥にかえられ、エデン・プロジェクトの土壌改良に役立てられています。 

エデン・プロジェクト Eden project

季節によって閉店している場合がありますが、その他のレストラン・カフェは以下のとおり。

エデン・プロジェクト Eden project
  • ビジターセンター(エントランス)にカフェ
  • 地中海ドームにレストラン(季節による)
  • 熱帯雨林ドームにドリンクバー「バオバブバー」 
  • ドームをつなぐ道にもアイスクリーム(バオバブアイスクリームがおすすめ)店やジュース店
  • コアの2階にカフェ(季節による)
  • アイスリンクに「アイスカフェ」(冬季)

 

6)施設の外、アウトドアガーデンも楽しい!

エデン・プロジェクト Eden project

施設の外であるアウトドアガーデンには、オークの木、竹林、柳、ツリーハウス、、などなど区域ごとにテーマのある木や植物、ハーブ、そして彫刻、こどもの遊び場が設置され、散歩を楽しむことができます。

極めつけは、「ランド・トレイン」と言われるトラック・バスでの遊覧。

アルノ
アルノ
施設全体をこのバスで遊覧できます 

7)季節を問わず一年中楽しめる!

エデン・プロジェクト Eden project

私達家族は、春、夏、そして今回の冬の3回、エデン・プロジェクトを訪れています。

冬の訪問については、少々不安がありましたが、まったく心配の必要なし!

冬には、熱帯ドームでのムンムンした暑さを満喫できるし、ステージがアイスリンク(2月まで)」になっているので、アイススケートとカフェを楽しめます。

もちろん、夏には音楽のライブがあ、春にはイースターのイベントがあり、、、季節の植物、花々に囲まれ、エデン・プロジェクトは四季折々の楽しさがあるのです。

アルノ
アルノ
正規で購入したチケットは一年有効なので、何度でも訪れたい! 

 


8)ザ・コアで植物の世界を体感する

エデン・プロジェクト Eden project

エデン・プロジェクトには「The Core(コア=核)」と呼ばれる教育施設があります。

コアは、人間と植物との関係に着目した施設で、展示スペースやラボ、体のしくみ、宇宙のしくみなどを解説する設備、また「核」をイメージした巨大な造形物シード(Seed)が展示されています。

エデン・プロジェクト Eden project

この「シード」は、石造りで重さ70トン、高さが4メートルもある巨大なアート。やはり植物の成長の根底にある幾何学的および数学的原理に基づく複雑な突起パターンが表現されています。

アルノ
アルノ
中だけでなく、上からの長めも必見! 

屋根は、「葉序(phyllotaxis)」と言われる、植物のほぼすべての成長のための数学的根拠である葉状体走路をイメージして作られています。

地球の空気誕生のもととなったとされるシアノバクテリアの光合成のオブジェは、本当に興味深いものでした。

オブジェから放出される煙状の空気は最後には輪となり、消え去ります。ゆっくり繰り返される空気の輪、そして突然それは始まります↓

ずっと眺めていても飽きない、そして癒やされている感がすごい。わたしはここに一人で30分座り、無心で見入っていました。


エデン・プロジェクトへ行く前の4つの注意点

1)雨の日は注意

エデン・プロジェクトのメインの見どころは、2つのドームとコアと呼べばれる屋内の施設なので、寒い日でも十分楽しめます。

しかし、雨天の場合、エントランスからドームへの道のりで濡れてしまいます。

アルノ
アルノ
もし雨の日にエデン・プロジェクトを訪れるなら、フード付きのレインジャケットで濡れない工夫を 

2)入場料は割引を狙う

エデン・プロジェクトのサイトで前売り券を直接購入すれば、10%オフの割引になります。
また、エデン・プロジェクトの入場券は、一度購入すると一年間無料になります。

エデン・プロジェクトまで 徒歩か自転車できた場合も割引があります。

また、15人以上のグループには団体割引(40%ほど)があります。

アルノ
アルノ
お得に入場しましょう 

3)歩ける靴で挑む

園内は広く、ゆっくり時間をかけて歩き回る施設です。

特に女性はヒールの高い靴ではなく、歩きやすい靴にしましょう。


4)車で来る場合

車の場合、広い駐車場が用意されています。

しかし、特に混雑した日には、施設からかなり遠い駐車場に停めることになるでしょう。歩いて施設まで、、、と暗い気分になる必要はありません。

駐車場と入場エントランスを直結する園内バスが15分から20分間隔で運行しています。

自分の駐車場の場所の名前(季節のフルーツの名前)を確認して、園内バスでエントランスを目指しましょう。

まとめ

以上、エデン・プロジェクトに行くべき8つの理由と、行く前の4つの注意点を紹介しました。

私にとっては、最高の癒やしとリラックスの場所、知識欲を高め、知的好奇心を刺激するための場所、それがエデン・プロジェクトです。

アルノ
アルノ
人生で一度は行ってみてほしい、それほどユニークな植物園です。 

園内は宿泊施設もあるので、泊りがけの旅もおすすめ。結婚式だってできます。

また、出口にあるショップも充実しているので、お土産選びも非常に楽しい。

ロンドンだけのイギリス旅行に物足りなくなったら、デボンとコーンウォールを巡る旅、そして「エデン・プロジェクト」を訪れる旅を計画してみませんか?

エデン・プロジェクト(英国・コーンウォール)の公式サイトはこちら

https://www.edenproject.com/

 

※エデン・プロジェクトは、共通の理念をもつ組織と協力のうえ、北アイルランド、中国、オーストラリア、ニュージーランドなど世界中で共同Edenプロジェクトの施設を設立しています。各国のエデン・プロジェクトを巡る旅!

なんとも夢のある植物園です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。