英国良品とおすすめ土産

エコバック探してる?ハフキンス(HUFFKINS) が最高にかわいい!

ロンドンの衛兵隊

素敵なエコバックさがしていますか?

ざくざくモノが入るエコバックさがしていますか?

英国テイストの持ってるだけでカッコいいエコバックさがしていますか?

そんな方には、イギリスのハニー色の村コッツウォルズの「ハフキンス(HUFFKINS)」のエコバック(ジュートバック)がおすすめ!

なぜ このエコバックがおすすめなのか?とことん紹介していきます。

ハフキンスとは?

ハフキンス(HUFFKINS)は、1890年にイギリス中部のコッツウォルズに創業しました。

コッツウォルズは、イギリスで「はちみつ色の村」「イングランドで最も美しい村」と言われ、環境客から絶大な人気を誇るカントリーサイドです。

実際に行ってみるとわかりますが、家々の壁がまさしくはちみつ色! これはこの地方で採石される「ライムストーン(Limestone)」を使っているため、村全体がやわらかいはちみつ色に彩られた美しい風景をつくりだしているのです!

くまのぷーさんや、ピーターラビットが、あちこちから「こんちには!」って顔をだしそうな村、それがコッツウォルズです。

あーーー、たまらない!

そんなかわいらしい地域であるコッツォルズの北部の中心となる「チャルトナム(Cheltenhan」」という村に佇むベーカリー&ティールームが「ハフキンス(HUFFKINS)」。

わたしがお店を訪ねたときは、焼きたてパンやケーキをもとめる地元の人たちでいっぱいでした。

たっぷりのドライフルーツとナッツがはいったどっしりケーキも非常に美味で、イギリスならではのクッキー「ショートブレッド」も間違いない美味しさでした。

ハフキンスのエコバックをなぜおすすめするか?

わたしは、基本的に携帯用のエコバックは ポリエステル製のペラペラとした折り畳めるタイプを一枚常にバックにしのばせています。

まさしくエコバック、携帯サブバック。

ハフキンスのエコバックは、そのようなタイプのエコバックではなく、ジュート(麻)でできている、しっかりめのタイプ。

丈夫持ち運びが快適で、しかも環境に優しいバッグとして優秀!

コッツォルズではハフキンスのエコバックは定番になっていて、日本からの観光客のお土産としても人気が高い

私がハフキンスのエコバックを買ったのは、かれこれ8年ほど前。 今でもくたることなく、ショッピングに、ピクニックに、引っ越しの荷物入れでガンガン使って、未だに元気です。

何年も使い続けられるんですよね。かなり活躍してくれてます。

このLLサイズのトート型バックは、わたしがチェックするときは常に売り切れてます(イギリスで)。

ざくざくものがはいる大きめエコバックが便利。サイズは、高さ約30cm、幅約30cm、マチ約22cm、持ち手の長さ約37cm。手で持っても肩にかけても持ち運びできます。

日本でもつならユニオンジャック柄がかわいい。

もうひとつ、こちらはサブバックとして活躍するエコバック。 サイズは、21×22×13センチ(たて×よこ×マチ)、持ち手の長さ約26cm 手で持つタイプ。イギリス人もよく持ってます。

まとめ

やっぱり、エコバックでもこんなガッシリ、そして丈夫なものがあると、なにかと便利。

わたしがこのタイプのエコバックを一番よくつかってる場面が公園でのピクニック、次に買い物、そしてランチ会のときの持ち寄りバックなんです。

なにしろたくさんモノが入るので重宝します。

手にしっかりホールドし、どんな形のものもうけとめてくれ、入れたものを傷つけない。

加えて環境にやさしいエコバック、いうことなし!

かなり、いい感じですから。

この記事があなたのお役にたてばうれしいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 幸せって何だろう?英国暮らしのなかで感じた心温まること、面白いこと、楽しいことを発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。