【2019年】これが祭り?なユダヤ教の祭日!ユダヤ人を見かけたら読んでみよう

ユダヤ シナイ山 モーセ イギリス暮らしの知っとこう
シナイ山

イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりには 残念ながらユダヤ教徒の知人はいません。

ロンドンに住んでいたころは、ユダヤ人街であるGolders Green(ゴルダーズグリーン)に日本食レストランが多数あったため、よくこの街でユダヤ人を見かけていました。

自分のまわりにいなくても、テレビや映画、経済ニュースをみればユダヤ人の姿を見ない日はないどほど、金融・映画業界・ファッション業界・IT業界もユダヤ人が活躍しているのをわたしたちは見ています。

有名人でいうと、スティーブン・スピルバーク監督、俳優ではハリソン・フォードにナタリー・ポートマン、グウィネス・パルトロー、Google創業者のひとりであるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Dell社のマイケル・デル、スターバックスのハワード・シュルツ、Gapのドナルド・フィッシャー、FaceBookのマーク・ザッカーバーグ、、、、

ああああ!ユダヤ人の有名人をあげればキリがないのです!

そんな各業界で類い稀なる偉業をなしとげ、今後も活躍しつづけるであろうユダヤ人たちの2019年の祭事を紹介します。

おすすめ記事と広告

2019年ユダヤ教の祭日・記念日

1月21日(月)Tu B’Shevat (Arbor Day)トゥビシュヴァット樹木の新年祭
3月21日(木)Purim(プリム)ペルシャ帝国時代のユダヤ人解放を祝う祭り・仮装祭り
4月20日(土)Pesach(ペサハ)・First day of Passover(パスオーバー)奴隷だったエジプトから脱出した記念日・過超の祭り(1週間続く)
4月27日(土)Last day of Passoverペサハの最終日
5月2日(木)Yom HaShoah(ヨム・ハショア)ナチスによるユダヤ人の大虐殺追悼日・ホロコースト記念日
5月9日(木)Yom HaAtzmaut(ヨム・ハアツマウート)イスラエル独立記念日
5月23日(木)Lag B’Omer(ラグ・バオメル)ペサハから33日目の祭日・子供たちがキャンプファイアーをする日
6月9日(日)Shavuot(シャブオット)七週祭・ペサハから7週間後の収穫祭
8月11日(日)Tisha B’Av(ティシャ・ベ・アヴ)2つのエルサレム神殿崩壊の記念日
9月30日(月)Rosh Hashana(ロシュ・ハシャナ)ユダヤ教の新年!
10月9日(水)Yom Kippur(ヨム・キプール)大贖罪日(断食が行われる)
10月14日(月)Sukkot(スコット)仮庵祭(7日間続く)
10月20日(日)Hoshana Rabbah(ホサナ・ラバ)スコットから7日目の最終日
10月21日(月)Shemini Atzeret(シェミーニー・アツェレス)スコットから8日目・日常生活に戻る
10月22日(火)Simchat Torah(シムハット・トーラー)律法の感謝祭・トーラー (モーセ五書) を新たに創世記から読み始める日(1年かけて読む)
12月23日(月)Hanukkah(ハヌカ)燈明祭・光の祭り(8日間続く)
12月30日(月)Last day of Hanukkah(ハヌカ最終日) 

ユダヤ教の3大祭りとは?

1)ペサハ(Pesach)

ペサハ(Pesach)は、ユダヤ教の春の過越(すぎこし)のお祭り、そして『出エジプト記』に記される 奴隷だったエジプトから神の救いにより脱出したことを祝う日でもあります。

一週間続くこの祝日の間は、家庭で夕食に特別の食べ物を食べます。(エジプト脱出のときに、酵母でパンをふくらませる時間がなく種無しパンを食べた事に由来し、「マツァ」というふくらんでいないパン、苦菜や子羊のローストゆで卵など)

この祝日はあくまでもエジプト脱出の時のイスラエルの民の苦労を追体験するためのものなんですね。

※2019年のペサハ(Pesach)は、4月20日から27日までの一週間です。

2)シャブオット(Shavuot)

シャブオット(Shavuot)は、ペサハから7週間後の農業収穫祭で、七週祭ともよばれます。

シナイ山でモーセに十戒・五書(トーラー)が授けられた記念日ともされているようです。

この日は、ユダヤ教徒にとっては仕事を休む安息日となり、食事には乳製品(特にチーズ)を食べます。

※2019年のシャブオット(Shavuot)は、6月9日です。

3)スコット(Sukkot)

スコット(Sukkot)は、仮庵祭(かりいおさい)とも呼ばれ、エジプトから脱出したあとイスラエルの人々が40年間荒野をさまよい天幕(仮庵)に住んでいた苦労を忘れないための日。

四角いテントのような仮庵(スカー)を建て、8日間の間はスカーの中で生活するのが習わし。また、秋の収穫祭でもあります。

※2019年のスコット(Sukkot)は、10月14日から8日間です。

 

まとめ

以上、2019年のユダヤ教の祭日・記念日をまとめました。

こうしてまとめてみると、ユダヤ教の祭日とはイスラエル人である祖先がたどった過酷な歴史を忘れないための儀式であるかのように感じます。

そして、トーラー(モーセの五書)がユダヤ人にとって非常に重要であり、一年かけて読み続け、一年が終わるとまたはじめから読み込まれていくことも興味深い。

わたしの印象では、ユダヤ人の祭日って「祭だ!祭りだ!わっしょいわっしょい!」って楽しい感じがまったくなくって、ストイックで大真面目で伝統的行事を頑なに守るイメージ。

まるでユダヤ人、ユダヤ教がひとつの秘密結社のようにどこにいてもこの祭事とトーラの学びで結束できる、、、たかだかユダヤ教の祭日を調べていただけなのに、そんな不思議な思いにかられました。

その他、2019年のキリスト教、ヒンズー教、イスラム教教の宗教関係の祭日はこちら

【2019年】キリスト教の祭日、年中行事・イースターが非常に重要だった件!
海外生活、特にキリスト教圏で生活していれば、年中行事にキリスト教の祭日が大きく関わります。 クリスマスシーズンが近づくと子供の学校でアドベントフェアが行われ、街の大聖堂では祝日にあわせたイベントが目白押し、クリスマスだってイースターだって...
【2019年】インド・ヒンズー教の祭日!インド人を見かけたら読んでみよう
イギリスに住んでいると、必ず遭遇するインド系の住民たち。 日本でも確実にインド系移民が増えているはずです。 日本のインド人街といえば、西葛西、イギリスではロンドンのSouthall(サウソール)です。 しかし、わたしが現在...
【2019年】イスラム教の祭日・宗教行事!外務省から注意喚起される祭日とは?
イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりでは多くのイスラム教徒(モスリム)を見かけます。 日本にも主要都市にはモスク(東京ジャーミィ・トルコ文化センターなど)が設置され、地方都市の空港などでもイスラム教徒用の礼拝場を見かけるようになりまし...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

コメント

おすすめ記事と広告