英国トラベル

【2019年11月イギリスのイベント&祝日】ガイフォークスデーにリメンバランスデー

ガイフォークスナイト

11月のイギリス・ロンドンは、どんなイベントがあるの?

イギリスからこんにちは。イルミネーション大好き@アルノです。

ハロウィンが終わり、11月に入るとイギリスはガラリと様変わりします。

11月のイギリスの旅の楽しみは、ガイ・フォークスナイトの花火に、光の祭典、そしてウィンターマーケットの始まり。

戦没者の追悼記念式典が行われるリメンバランスデー(11月11日)が近づくと、イギリスに赤いポピー(ケシ)の花飾をあちこちで目にするようになります。

イギリス旅行を思いっきり楽しむために、11月に絶対おさえておきたいイベント9つと祝日を紹介します。

それでは、まずイギリスの11月のおすすめイベント9つを紹介します。

1)ロンドン自然史博物館アイススケートリンク(Natural History Museum Ice Skating)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Joshua Chungさん(@josh.chung)がシェアした投稿

 

毎年恒例のロンドン自然史博物館アイススケートリンクは10月末からオープンしています。

大きなクリスマスツリーを眺めながら、壮大な自然史博物館の建物を眺めながらのスケートはロンドンならでは。夜はライトアップされてめちゃくちゃロマンチック!

各スケートのセッション時間は50分。子供づれでも気軽にスケートを楽しめます。(15:00までに子供と入場するとホットチョコレートのサービスも有り)

場所: ロンドン・自然史博物館
開催日: 2019年10月19日~2020年1月12日まで
時間: 10:00-21:00
料金: 大人12.65£~(チケットの種類によって異なる)
公式サイト: https://www.nhm.ac.uk/visit/exhibitions/ice-rink.html

 

2)ディワリ・オン・トラファルガー広場(Diwali on Trafalgar Square)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Diwali on Trafalgar Squareさん(@diwali_on_trafalgar_square)がシェアした投稿


ディワリ(Diwali)は、ヒンドゥ教(およびシーク教徒、ジャイナ教)のお正月

インド系移民の多いイギリスでは、国内各地でディワリのお祭りが行われます。

ディワリは、悪に対する前の勝利や、闇に対する光の勝利をあらわし、光をともして新年を祝うのがならわし。

ロンドンのど真ん中トラファルガー広場では、ライトアップやインディアンダンス、音楽、屋台でにぎやかな一日となります。

※イギリス各地で、Diwaliで検索すると地域のDiwaliのイベント情報がゲットできますよ♪わたしももちろん参加します!

場所: ロンドン・トラファルガー広場(英国各地でディワリは開催される)
開催日: 2019年11月3日(日)
料金: 無料
公式サイト: http://www.diwaliinlondon.com/

 

3)ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Transport for Londonさん(@transportforlondon)がシェアした投稿

 

11月のはじめには、イギリス中でガイ・フォークス・ナイトを祝うため花火があがります。まさにあっちここっちも状態。

この行事は、1605年ジョージ1世の時代にカトリック弾圧に反対したカトリック教徒のガイ・フォークスらが、国王暗殺のため国会議事堂の爆破を企てた事件に由来します。

しかし、11月5日に地下室に大量に積まれていた火薬とガイフォークスが発見され、爆破事件は未遂となります。この爆破計画の失敗を祝っているのが「ガイ・フォークス・ナイト」なのです。

ボンファイヤナイト(Bonfire night)とも言われるこの日は、イギリス国内でかがり火を焚いたり、花火をあげて祝います。

場所: ロンドン各地(ビクトリアパーク・Southwark Parkの花火が有名)
開催日: 2019年11月5日(火)
料金: イベントにより異なる(一般的には無料)
公式サイト: https://openhouselondon.org.uk

 

4)ウィンターマーケット(Winter Market)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Southbank Centreさん(@southbankcentre)がシェアした投稿

ロンドンの中心、サウスバンクセンターでは冬のショッピングのお楽しみ、ウィンターマーケットが始まります。

屋台であたたかいグリューワインやソーセージをゲットしてテムズ川を眺めながらいただくのは最高の気分。

場所: ロンドン・サウスバンクセンター
開催日: 2019年11月8日~2020年1月5日
料金: 入場無料
公式サイト: https://www.southbankcentre.co.uk

 

5)リュミエールライトフェスティバル(Lumiere 10th anniversary)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lumiere Festivalさん(@lumierefestival)がシェアした投稿

リュミエールフェスティバルは、イギリス最大の光(イルミネーション)の祭典です。

2019年は10周年を記念し、イギリス北東のダラムにて盛大に行われます。

地元アーティストに加え、国際的なアーティストを招待し、公共スペースやランドマークを利用して作品が展示されます。とにかく美しくて楽しい、光の祭典です。

場所: ダラム(Durham City)
開催日: 2019年11月14日 – 17日
料金: 無料!
公式サイト: https://www.lumiere-festival.com/

6)リメンバランス・サンデー(Remembrance Sunday)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wandering Through Seasさん(@wanderingthroughseas)がシェアした投稿

 

リメンバランス・サンデーは、11月の第2周目の日曜日に行われる戦没者の追悼儀式が行われる日です。

第一次世界大戦の戦没者追悼記念日は、毎年11月11日リメンバランス・デー│Remembrance Day)、またはポピー・デー(Poppy Day)

この時期には象徴となっている赤いポピーの花飾りが街にあふれています!

ロンドンでは、ホワイトホールの戦死者慰霊碑前で英王室、首相や軍の代表者などが出席した戦死者の追悼儀式が行われ、午前11時に2分間の黙とう。その後、エリザベス女王を筆頭に出席者らが慰霊碑の前に花輪を捧げます。

セントポール大聖堂やロンドン塔など主な観光ポイントも式典に関するイベントが行われ、国内各地で追悼儀式、教会での追悼式典、慰霊碑への献花が行われます。

リメンバランスデーについてはこちらの記事が参考になります。

【リメンバランスデー】日本人も知っておきたいイギリスの終戦記念日 11月のイギリス、街のあちこち、人々の胸元を彩る「赤いポピーの花飾り」を眼にします。 赤いポピーに象徴されるのが、イギリスにお...

場所: ホワイトホール・ロンドン(英国全土)
開催日: 2019年11月10日(日)
公式サイト: Remembrance Sunday公式サイト

7)ウィンターワンダーランド(Winter Wonderland at Hyde Park)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Europe | Travel | Art | Natureさん(@shot_europe)がシェアした投稿

ハイド・パークのウィンターワンダーランドは、ロンドンファミリーが楽しみにしている冬の風物詩。

クリスマスマーケットに、巨大なクリスマスツリー、アイスリンク、そして観覧車が公園に出没して寒いイギリスの冬をあたためます。

場所: ロンドン・ハイドパーク(Hyde Park)
開催日: 2019年11月21日~2020年1月5日
料金: 有料(チケットのタイプによって様々!)
公式サイト: https://hydeparkwinterwonderland.com/

 

8)クリスマス・キューガーデン(Christmas at Kew)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

John Durantさん(@johndurantphoto)がシェアした投稿

ロンドンの王立植物園、キューガーデン(Kew Gardens)もクリスマス一色になります。

キューガーデンの植物や建物のライトアップは幻想的!光のアーチ、レーザーショーは必見!ロマンティックなんです♪

場所: ロンドン・キューガーデン
開催日: 2019年11月20日~2020年1月5日
料金: 大人18£~
公式サイト: https://www.kew.org/kew-gardens/whats-on/christmas

 

9)セント・アンドリュースディ(St Andrew’s Day)

 

セント・アンドリュースデイは、スコットランドの守護聖人であるセントアンドリューを祝う日で、スコットランドでは祝日となります。(振替休日は12月2日)

セント・アンドリューはイエスの12人の弟子の一人。X字の十字架ではりつけによって処刑されました。スコットランドの旗のデザインはセント・アンドリューが張り付けにされたXの十字架に由来していると言われています。

イベントはスコットランドを中心にイギリス国内でもあちこちで開催されます。

私のおすすめは、スコットランドの文化遺跡や城(Historic Scotland)がこの日に入場無料となるイベント。

エディンバラ城など城や歴史的建造物への入場料が無料になるという太っ腹イベントです。詳しくはサイトで確認ください。

>>ヒストリック・スコットランド(Free tichets)

場所: 主にスコットランド
開催日: 2019年11月30日(土)ー12月2日が振替休となる
料金: イベントにより異なる
公式サイト: https://www.visitscotland.com/

2019年11月のイギリスの祝日は?

2019年はイギリスでは祝日はなく、スコットランド限定の祝日があります。

スコットランドの祝日である、11月30日のセントアンドリュースデーは、2019年は曜にあたるため、振替休が12月2日(月)となっています。

11月30日(土)ー
12月2日(月)が振替休
スコットランドの祝日(セント・アンドリュースディ)スコットランドのみ

 


まとめ

以上、2019年11月のイギリスのイベント&祝日情報を紹介しました。

11月は、ガイ・フォークスナイトリメンバランスデーの2つの重要な記念日があります。

この時期にイギリスに滞在する方は、ガイ・フォークスナイトの花火とリメンバランスデーのポピーであふれるイギリスの姿を目にするでしょう。

あらかじめイベントや記念日を知識として知って旅するのと、そうでない場合は、旅の意味や興味の対象がまったく違ってきます。

11月が終わるといよいよクリスマスまでのカウントが始まります。ワクワク!

イギリスの2019年の年間行事はこちらでチェックできます。

【2019年版】イギリスの年中行事と休日・祝日の一覧表 2019年版、イギリスの休日・祝日・記念日などの年中行事をドドンと一覧にまとめました。   この一覧により… ...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。>>Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。