イギリスの医療制度について|GP(かかりつけ医)に登録しよう

▼面白いと思ったらシェア

病院の診察室
↑ GP受診はだいたいこんな感じの部屋で行われます。もっとごちゃごちゃしてますが

イギリスからこんにちは。イギリス在住アルノ(@ecerydayuk)です。

前回はイギリスの医療制度について、NHSとプライベート医療についての紹介でした。( 前回の記事は下記ボックスをクリック)

イギリスからこんにちは。イギリス在住アルノ(@ecerydayuk)です。 最近、イギリスのかかりつけ医(GP)に不信感だらけのわたしです。 でも、もちろん無料で診察が受けられるこのNHS制度は、ありがたいと感じることも多いです。信頼できるドクターに出会えれば日本と同じような安心した医療を受けることができ、自ら探すことで世界最高レベル...

今回は、NHS制度を利用するためにまず行うGP(ジーピー)への登録について紹介します。

イギリスで病気やケガ!になれば、まず病院(GP)にいきますが、日本のように自分で医療機関や専門医を選んで受診することはできません。そして、イギリスの国営医療保険NHSを利用するのに必要になるのが、まずかかりつけ医となるGP(ジーピー)への登録です。

登録の流れは、「GPへの登録 診察をうけたいときに予約を取る→GPで受診」です。

GPを通さず専門医の診療を受ける場合はプライベート診療となり全額負担となります。 このGP登録を怠っていたために、急な救急で病院にいくことになり、プライベート医療で高額医療費を支払うことになった友人を何人か知っています。 GP登録はなるべく早めにすませておくことをおすすめします。

GPへの登録方法

 GP(ジーピー)とは?

GP(ジーピー)とはGeneral Practitionerの略であり、日本でいうかかりつけ医を意味します。 イギリス国営の医療保険制度NHS制度では「GP」への登録が義務づけられています。 「NHS」で医療を受けるは、まずこのGPに登録しておき、診察を受けたいときに登録したGPに予約をとり、受診します。 どのような症状でも、この「GP」の診療を受け、もし専門医の治療が必要と判断された場合に、GPからの紹介を受けて病院の専門医を受診します。

GPの探し方

1.ウエブサイト

・NHSのウェブサイトから、検索ボックスに地域名やポストコードを入れてエンターを押す。

・以下のような画面が表示され、住所から近い順に表示されます。

GPの名前・電話番号・住所・地図へのリンクなど表示され、表から以下の項目がわかります。 (GPの名前をクリックするとさらに詳しい情報が見れます)

・NHS Choices users rating(ユーザー評価)
・Registered patients(登録患者数)
・Would recommend the surgery(このGPのおすすめ度)
・Electronic prescription
・service(電子処方箋サービスがあるか)
・Accepting patients(患者の受け入れしているか)
・Online appointment booking(オンライン予約ができるか)
・Order or view repeat prescriptions online(処方箋をオンラインで繰り返し注文または表示できるか)

ちなみに私は、家から一番近い「GP」で決めました。
ドクターの質はともかく、予約がとれやすいので助かってます。 患者数が多く、新規の患者を受け入れていないGPも多いので登録の際にGPに受け入れ可能かを確認することも重要です。


2.口コミ

一番信頼できるのは、やはりまわりからの口コミ情報です。

GP登録のながれ

1.GPに登録する

登録する方法は、いろいろありますが、まず電話で新規に患者を受け付けているか確認します。受付OKなら、GPに出向きます。

<準備するもの>
・パスポート、ビザ、IDなど公的なもの
・住所を証明するもの(住所と名前が記載されている公的文書:郵送されてきた電気、ガスなどの請求書やバンクステートメント)
・できれば登録申込書「GMS1 Form」をオンラインでダウンロードし、記入しておく(GPでももらえます)

オンライン入手方法

The NHS website. Take control of your health and wellbeing. Get medical advice, information about healthcare services and support for a healthy life.

2.問診を受ける

<準備するもの>
・持病や家族の病歴の英訳
母子手帳(子供がいる場合): 以前かかった既往症や予防接種について訊かれるため、母子手帳を持参(母子手帳の予防接種を英訳しておくといい)します。

ここで「問診票」を記入する必要があります。 問診は看護師が行います。血圧測定、尿検査あり。予約した日時に診療所で問診や簡単な健康診断を受け登録を済ませます。


3.GPの電話番号、住所、ホームページアドレスを控えておく

いつでもGPに予約連絡できるように情報は控えておきます。

4.NHS Medical Card(NHS ナンバー)を控えておく


NHSナンバーはイギリスで生活する上で、非常に大切です。後日郵送で送られてくるので大切に保管します。

GP登録は結構面倒なので、腰が重くなりがちですが、健康問題はいつなにがあるかわからないため、自分の登録はもちろん家族の登録も早めにしませましょう!
健康第一です。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ