【2019年版】イギリスの年中行事と休日【スコットランド・北アイルランド・ウェールズ含む】

イギリス暮らしの知っとこう
2019年版、イギリスの休日・祝日・記念日などの年中行事をドドンと一覧にまとめました。
 
この一覧により、2019年イギリスのバンクホリデー(休日)、母の日や父の日など祝日、女王の誕生日やガイフォークスデーなどの記念日、春分などの十二四節季、サマータイムのタイミング、学校のスクールホリデー期間などがわかります。
イギリス在住の方はもちろん、イギリスへ旅行で訪れる、留学などで滞在される方へ。

例えば、イギリスに旅行で来る場合は、イギリスならではの祭日や記念日にちなんだイベントがないかをチェックしましょう。

無料イベントや思わぬ祝典に遭遇し、旅程にイギリスらしい行事を組み込むことができます。

では早速!【2019年】イギリスの休日・祝日・年中行事を一覧で紹介します。

わたしだけでなく、誰かの役に立ちますように!

おすすめ記事と広告

2019年イギリスの祭日・祝日・休日・年中行事一覧

一口に【イギリスの休日】といっても、イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズの各国で異なる休日や祝日もあります。

※わかりやすくするために字の色を変えました。

アルノ
アルノ

祝日の由来や関連する事項については別記事にリンクを貼っているので、興味があるかたはどうぞ。

赤太字:イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドすべての休日(バンクホリデー)

オレンジ太字:※スコットランド以外のイギリス・ウェールズ・北アイルランドの休日(バンクホリデー)

青太字:スコットランドのみの休日(バンクホリデー)

緑太字:北アイルランドのみの休日・祝日(バンクホリデー)

 

月日(曜日)祝日名内容
1月1日(火)ニューイヤーズデイ(New Year’s Day)バンクホリデー(休日)
1月2日(水)ニューイヤーズディ(スコットランドのみ)スコットランドのバンクホリデー(休日)
1月25日(金)バーンズナイト(Burns Night)スコットランドの詩人、ロバート・バーンズの生誕や詩を祝う日
2月5日(火)チャイニーズ・ニューイヤー(Chinese New Year)旧正月(春節)を祝う・中華系移民も多いイギリスでは各地で祝われる
2月14日(木)バレンタイン・デー(Valentine’s Day)英国でも愛を伝える日
3月1日(金)セントデービッドデー(St. David’s Day)ウェールズの記念日
3月5日(火)パンケーキデーShrove Tuesday(レントスタートの前日にパンケーキを食べる)
3月17日(日)セントパトリックスデー(St Patrick’s Day)北アイルランドのバンクホリデー(休日)
3月18日(月)セントパトリックスデー翌日(St Patrick’s Day holiday)北アイルランドのバンクホリデー(休日)
3月20日(水)春分(March Equinox)昼と夜の長さがほぼ等しくなり、これからどんどん昼が長くなる
3月31日(日)サマータイム スタート(Daylight Saving Time starts)サマータイムスタート(時計を1時間早める!)
3月31日(日)母の日(Mothering Sunday)英国の母の日は移動記念日。今年は3月31日
4月19日(金)グッド・フライデー(Good Friday)イースター・バンクホリデー(休日)
4月21日(日)イースター・サンデー(Easter Sunday)イースター(復活祭)当日
4月22日(月)イースター・マンデー(Easter Monday)※スコットランド以外はバンクホリデー(休日)
5月6日(月)May Day(メイデー)アーリーバンクホリデー(休日)
5月6日(月)ラマダン(Ramadan)イスラム教のラマダン(断食)スタート(一ヶ月)/外務省からテロ注意勧告される時期でもある
5月27日(月)スプリングバンクホリデー(Spring Bank Holiday)レイトメイバンクホリデー(休日)
6月8日(土)女王の誕生日(Queen’s Birthday)エリザベス女王の公式誕生日(実際の誕生日は4月21日)、この日は近衛兵パレードなどの祝典がバッキンガム宮殿周辺で行われる
6月16日(日)父の日(Father’s Day)パブでお父さんは無料なんてサービスがあったり、、する!
6月21日(金)夏至(June Solstice)一年のうちで最も昼が長い日、これからどんどん昼が短くなる
7月12日(金)ボイン川の戦い記念日(Battle of the Boyne)北アイルランドのバンクホリデー(休日)/オレンジメンズ・デー(Orangemen’s Day)とも呼ばれる北アイルランドにおけるプロテスタント軍勝戦記念日
8月5日(月)スコットランドのサマーバンクホリデースコットランドのバンクホリデー(休日)
8月26日(月)サマーバンクホリデー(Summer Bank Holiday)※スコットランド以外のバンクホリデー(休日)
9月23日(月)秋分(September Equinox)昼と夜の長さがほぼ等しい日、これからどんどん夜が長くなる
10月27日(日)サマータイム終了(Daylight Saving Time ends)サマータイム終了(時計を1時間遅くする!)
10月31日(木)ハロウィン(Halloween)英国でも各地でハロインイベントが開催される
11月5日(木)ガイ・フォークスディ(Guy Fawkes Day)ガイ・フォークス率いるカトリック教徒による爆破事件を記念する日・英国中が花火の夜となる
11月10日(日)リメンバランス・サンデー(Remembrance Sunday)戦没者を追悼する日・赤いポピーの花飾りが街中にあふれる
11月30日(土)セントアンドリュースデー(St Andrew’s Day)スコットランドのバンクホリデー(休日)
12月1日(日)アドベンド初日の日曜(First Sunday of Advent)アドベントスタート(クリスマスを待ち望む期間)
12月2日(月)セントアンドリュースデーホリデー(St Andrew’s day holiday)スコットランドのバンクホリデー(休日)
12月22日(日)冬至(December Solstice)一年のうちで最も昼が短い日。これからどんどん昼が長くなる
12月24日(火)クリスマス・イヴ(Christmas Eve) 
12月25日(水)クリスマスデー(Christmas Day)バンクホリデー(休日)※交通機関ストップ
12月26日(木)ボクシングデー(Boxing Day)バンクホリデー(休日)
12月31日(火)ニューイヤーズ・イヴ(New Year’s Eve) 

イギリス二大祭り?

日本の3大祭りといえば、祇園祭(京都市八坂神社)、天神祭(大阪市大阪天満宮)、神田祭(東京都神田明神)の3つなんですって。

そして、イギリスの3大祭りを調べてみましたが、見つかりません!

英国全体でお祝いされる2大祭りらしきものを私が独断と偏見で決めちゃいます。

それは、イースター、クリスマスです。

どちらもキリスト教の祝日です。なにしろイギリスには英国国教会(the Anglican Church)という公式宗教があり、イギリスの文化や歴史もキリスト教と切っても切れない関係にあります。

どちらも準備やイベント後もドキドキソワソワ!長い期間楽しめる祝日(休日)です。

アルノ
アルノ

イースターもクリスマスも、『待ち遠しい!』感がすごい。子どもたちにとってもイースターエッグハント、クリスマスギフトなどで盛り上げれる祝日。

2019年、スクールホリデー

2月18日(月)ごろ~:1週間ほどのハーフタイム・ホリデー

4月8日(月)ごろ~:2週間ほどのイースター・ホリデー

5月27日(月)ごろ~:1週間ほどハーフタイム・ホリデー

7月24日(水)ごろ~:1月半ほどのサマー・ホリデー(学期終了・9月から新学期)

10月21日(月)ごろ~:1週間ほどのハーフタイム・ホリデー

12月20日(金)ごろ~:2週間ほどのクリスマス・ホリデー

アルノ
アルノ

『ごろ、ほど』と記載しているのは、学校や地域によって日にちのズレや期間の増減があるためです。

まとめ

以上、2019年イギリスの休日・祝日、年中行事を一覧にして紹介しました。

わたしは早速アプリカレンダーの予定に書き込みました。

いつも、「あれ?もうそんな季節?」、「今年はいつからサマータイムだっけ?」、「母の日にカード準備するの忘れちゃった!」などと行事を見逃しがちだったわたし。

2019年は予定を先取りして、8歳の息子とともに季節のイベントを楽しみたいです。

イギリス旅行のポイントは4つ。

①旅行中になんらかのイベントや祝日がある場合は、関連イベントや交通情報を事前に調べる。(思わぬ混雑を避けられる、めっちゃイギリスらしいイベントに遭遇できたりします)

スクールホリデー中は混み合う期間!
特に博物館や美術館、大聖堂など各地で子供向けのイベントが開催されるため、非常に混み合っています。しかし、逆にいうと楽しいイベント盛りだくさんの時期でもありますよ!

③イギリスの休日はバンクホリデーといい、銀行が閉まるため 会社、学校が休日となります。しかし交通機関は機能しており、お店も時短で開いていたりします。

ところが、クリスマス当日の12月25日はバス・電車・地下鉄など公共の交通機関もストップするため、注意が必要です。

④イベントがある日には、テロに注意する。
安全な旅にするために。特にラマダンの時期、その他イスラム教関連の祝日に観光地、コンサート、各種イベントに行く場合には注意が必要です。2019年のイスラム教の祝日についてはこちらの記事で確認を▼

【2019年】イスラム教の祭日・宗教行事!外務省から注意喚起される祭日とは?
イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりでは多くのイスラム教徒(モスリム)を見かけます。 日本にも主要都市にはモスク(東京ジャーミィ・トルコ文化センターなど)が設置され、地方都市の空港などでもイスラム教徒用の礼拝場を見かけるようになりまし...

外務省からも注意喚起されるので、海外渡航の際に登録できる『たびレジ』登録で最新情報を把握しましょう。

2019年、その他宗教による祭日カレンダーはこちら

【2019年】キリスト教の祭日、年中行事・イースターが非常に重要だった件!
海外生活、特にキリスト教圏で生活していれば、年中行事にキリスト教の祭日が大きく関わります。 クリスマスシーズンが近づくと子供の学校でアドベントフェアが行われ、街の大聖堂では祝日にあわせたイベントが目白押し、クリスマスだってイースターだって...

【2019年】これが祭り?なユダヤ教の祭日!ユダヤ人を見かけたら読んでみよう
イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりには 残念ながらユダヤ教徒の知人はいません。 ロンドンに住んでいたころは、ユダヤ人街であるGolders Green(ゴルダーズグリーン)に日本食レストランが多数あったため、よくこの街でユダヤ人...

【2019年】インド・ヒンズー教の祭日!インド人を見かけたら読んでみよう
イギリスに住んでいると、必ず遭遇するインド系の住民たち。 日本でも確実にインド系移民が増えているはずです。 日本のインド人街といえば、西葛西、イギリスではロンドンのSouthall(サウソール)です。 しかし、わたしが現在...

楽しい、2019年を!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

コメント

おすすめ記事と広告