こどもをグローバル人材に育てるならコチラ ≫

一番わかりやすい!両替でSELLとBUYの見方と計算方法!どっちが得か?

一番わかりやすい!両替でSELLとBUYの見方と計算方法!どっちが得か?

イギリスで、または海外での両替、、困っていませんか?

いざ両替店(Bureau de Change)へ行っても、まずレート表示版の前でまごつきます。

「We sell」?
「 We Buy」??

この通貨両替の考え方、レートの見方、、計算方法、、、どうするんだったけ??

混乱しませんか?

わたしなんて一応、モト金融業界で働いていたんですよ??

それなのに久しぶりの両替で計算方法を間違えました。撃沈です。

わたしがアホなのか?レートが混乱しやすいのか?

そこで、わたしのような失敗をする人がでないよう、今回は実際に街の両替店で迷いがちな「レートの見方BUYとSELLの考え方、その「計算方法を紹介します。

  1. 私がぜひ知りたかったこと!
  2. 知ってたら間違わなかったこと!
  3. 意外にも他にわかりやすく掲載されているサイトがみつからなかったこと!

これをふまえ、このブログではスッキリ簡単に、一番わかりやすくレートのSELLとBUYを説明できるよう紹介します。

どうかわたしのような失敗をしないでくださいね!

目次

BuyとSellの見方と計算方法

写真は、イギリス大手スーパーM&S(マークスアンドスペンサー)のレート表示版です。

Sellは、店のカードを持っているか持っていないかでレートが変わっています。

もちろん持っていたほうがお得に両替できるシステム。

この「We Sell」と「We Buy」の表示にまず混乱。どっちを見ればいいのか?

まず頭を両替店主語に置き換えます。

両替店にとっての意味は?

「BUY」→ 通貨をこの値段で(お店が)買う

「SELL」→ 通貨をこの値段で(お店が)売る

 

利用者にとっての意味は?

「BUY」→ 外国の通貨をお店に売り、現地通貨(ポンド)を買う

「SELL」→ 現地通貨(ポンド)で外国の通貨を買う

 

例をあげてみます。

 

《100ユーロ を ポンドに両替したい(€→£)場合》
※写真のM&Sのユーロレートで考えてみる

Euro(€)のBUYを見る

計算方法:レート表示 1.25670とあれば、100(€)÷1.25670=79.57£

《100ポンド を ユーロに両替したい(£→€)場合》

Euro(€)のSELLを見る(M&Sカードがない場合のSell例で計算)

計算方法:レート表示 1.1073とあれば、1.1073×100(€)=110.73€

次に日本円の両替で考えてみます。

 
《日本円 10,000円 を ポンドに両替したい(¥→£)場合》

Japanese Yen(円)のBUYを見る

計算方法:レート表示 139.5とあれば、10000(¥)÷139.5=71.68£

《100ポンド を 円に両替したい(£→¥)場合》

→JapaneseYen(円)のSelLを見る

計算方法:レート表示143.990とあれば、143.900(レート)×100(£)=14,390円

 

【レートの計算方法】

■ポンドを他の通貨に両替したいときは、SELLをみて掛算

他の通貨をポンドに両替したいときは、BUYをみて割り算

 

店舗での比較・どっちの店が得なのか?

さらに、、複数の両替商でレートを比較比較するとき、どっちの店が得なのかわかる方法紹介します。

「BUY」→数字が小さいほう(店)が得!

例: 円buyレート143.990の店と133.290の店があれば、得なのは133.290の方です

10000(¥)÷ 143.990= 約69£
10000(¥)÷ 133.290= 約75£

 

「SELL」数字が大きいほう(店)が得!

例:円sellレート143.990の店と133.290の店があれば、得なのは143.990の方です。

143.9 ✕ 100(£)= 14,390円
139.5 ✕ 100(£)= 13,950円

 

アルノ
外国の通貨をお店に売って現地通貨に変える「Buy」では、数字の小さい両替商を選びます。

そして、現地通貨で外国の通貨に変えるときの「Sell」では数字の大きい両替商を選びましょう!

 

まとめ

今回はシンプルにレートのSELLとBUYの見方と考え方、計算方法を紹介しました。

このSELLとBUYの差額が両替商の儲けとなります。

良心的な両替商は、このBUYとSELLの差額が小さいのです。

これは ぜひ覚えておいてほしい。

また、M&Sや街中の両替商など手数料のない両替店も多いのですが、銀行や空港など手数料を取る場所もあります。

私がしてしまった間違いは、ユーロをポンドにしかたったので、レート比較の時にBUYの数字の少ない店を選ぶべきだったのに、逆にBUYの数字の一番大きい店を選んでしまったこと!

後になって一番レートのいい店と比較すると5ポンドの差がありました。

5ポンドといえば、日本円で現在700円ほど。安めのカフェだと軽いランチも食べれるかも。

実際にやってしまった私のミス!《200ユーロをポンドへ両替》2018年5月25日レート

Buyレート → 1.2643
計算 → 200÷1.2643= 158.19ポンド

※手数料ナシだったので、そのままの金額158£19P を受け取りました。

しかーーし!私が両替をしたイギリスチェーンデパートの「DEBENHAMS(デベナムズ)」は、手数料なし、両替をするとバウチャーがもらえる特典がつきます。

特典内容は、20ポンドデベナムズで買い物すると5ポンド割引というもの。この店で20ポンド以上の買い物がある場合は魅力的な特典です。

特典を使えばトントンです。(今回は特典いらなかったので、もらいませんでしたが)

と、いう具合に店舗によってサービスが異なるので注意が必要です。

手数料無料は意外に多いですよ!

両替の際の「We Sell」「We Buy」、レートの見方、計算方法、考え方、スッキリしたでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

一番わかりやすい!両替でSELLとBUYの見方と計算方法!どっちが得か?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる