英語学習

無料のおすすめ翻訳サービス、トップ3【まだ使ってないの?高精度で自然な訳】

無料で使えて、しかも高精度自然な翻訳ができる【翻訳サイト・アプリ】が増えています。

今回はイギリス在住のわたしが実際に使っている、最もおすすめの翻訳サイト・アプリを厳選して3つ紹介します。

どの翻訳サービスがいいか迷っている人、無料で高精度の翻訳サイトを探している人、英語の学習に使える翻訳サイト・アプリを探している人、ビジネスや旅行での英会話や英文メールをどうしようかと心配している人などにおすすめの記事です。

1)DeepL翻訳

1番におすすめする英語翻訳サイト(アプリ)は、今もっとも話題の翻訳サービスDeepLです。

Deepl翻訳サイト(公式)

言語数 11
言語 日本語/英語(イギリス英語・アメリカ英語)/ドイツ語/フランス語/スペイン語/ポルトガル語(ポルトガル語ブラジル)イタリア語/オランダ語/ポーランド語/ロシア語/中国語
文字数 5000文字
アプリ パソコン(Mac・Windows)版アプリ
料金 無料・有料あり

『DeepL翻訳』は、ドイツで開発された翻訳サービスで、Google翻訳より【自然で流暢な日本語訳】だと大評判!

注意点としては細かい部分を無視されたり、スマホアプリがないためスマホで使えない、という点です。

それでも、メールやワード文書などのまるごと翻訳や、ショートカットを使った即時翻訳、音声読み上げ機能でストレスなく使えます。

わたしが今一番使っている翻訳サービスです。

アルノ
アルノ
有料もありますが仕事で専門的につかう以外なら無料で十分です。

2)みらい翻訳

2番目におすすめする英語翻訳サイト(アプリ)は、みらい翻訳です。

みらい翻訳(公式)

言語数 9
言語 日本語/英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/ポルトガル語/イタリア語/オランダ語/ポーランド語/ロシア語/中国語
文字数 2000文字
アプリ あり(はなして翻訳:無料
料金 無料と有料あり

みらい翻訳は日本で開発された翻訳サービスで、違和感のないすべらかな日本語訳が特徴です。

今のところの使い方は、Deepl翻訳で満足できなかった原文をみらい翻訳にかけなおして翻訳精度を高めていますが、特に日本の地名や日本ならではの独特の表現に強く、他の翻訳結果を同じ画面上で表示してくれるのもありがたい。

英語翻訳は、イギリス英語とアメリカ英語があります。これもイギリス在住のわたしにとって便利です。

例えば『あなたってなんて素敵なの!』という日本語を両方の英語で翻訳すると、、

イギリス英語では『素敵』が『ラブリー』と翻訳されてほっこり。

スマホアプリの『はなして翻訳』は、ドコモと提携しています。

『Google翻訳アプリ』と比べるとまだまだ使い勝手が悪く、【電話通訳】という便利そうな機能があるもののドコモユーザーのみのサービスでがっかり。またカメラ翻訳は遅く感じます。しかし対面翻訳はなかなかおもしろく、今後に期待できます。

ドコモユーザでなくても【電話通話】以外のサービスは使えるので一度ダウンロードしてつかってみるとよいでしょう、無料だし。私はイギリスからダウンロードして使ってます。

アルノ
アルノ
みらい翻訳は、個人的にかなりお気に入りの翻訳サービス!やさしいはんありした日本語に訳してくれるので癒やされます

3)Google翻訳

3番目におすすめする英語翻訳サイト(アプリ)は、世界一の利用者を誇るGoogle翻訳です。

Google翻訳(公式)

言語数 108
言語 日本語/英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/ポルトガル語/イタリア語/オランダ語/ポーランド語/ロシア語/中国語/韓国語/アラビア語…
文字数 5000文字
アプリ あり(オフラインでも59言語対応)
料金 無料

Google翻訳のマイナー言語を含め108言語!圧倒的な世界的翻訳サービスです。

パソコンで使う場合ブラウザがChomeなら拡張機能で装着可能なので調べたい言語はすぐに翻訳できるし、他の翻訳サービスがカバーしていない言語があるのはやっぱり便利です。

Google翻訳って『スコットランド・ゲール語』や『ウェールズ語』とかもあるんですよ。。うっそ?と最初は驚きました。

スマホのアプリでは、手書き入力カメラ認識、マイクでの音声入力ページまるごと翻訳単語表示など、かゆいところまで手がとどくなくてはならないサービスです。

注意点は流暢な日本語訳を期待できないところ。意味不明の翻訳になるのは当たり前とおもっているので、あくまでも翻訳の補助として便利に使っています。

アルノ
アルノ
海外生活で一番よく使うGoogle翻訳の使い方は、スマホアプリでテキストにカメラをかざして即時通訳する方法カメラ翻訳。観光施設などの長文説明書をよむときや、商品の説明文をさっと翻訳したいときに超便利。

Deepl翻訳/みらい翻訳/Google翻訳の比較

それぞれの特徴を紹介するために、『Go TOKYO』(東京都・東京観光財団による東京の観光公式サイト)からの浅草神社の流鏑馬の紹介文を引用し、翻訳比べしてみます。

『Go Tokyo』の浅草神社流鏑馬を説明した英語文です。この英文を3つの翻訳サービスにかけてみます。

During the Edo period (1603-1867), Asakusa-style yabusame (horseback archery) was held as a New Year’s display at Asakusa-jinja Shrine. Today, many traditional events are still held in Taito City, and this yearly end-of-April archery event is one of them. Archers shooting and hitting targets from horseback look like heroic figures in a scene from a woodblock print of days gone by. Those that successfully hit three targets are awarded a prize during an elegant ceremony. There will also be a demonstration of kusajishi, the traditional practice method of shooting at a deer-shaped target made of grass. Don’t miss this exciting event on Sunday, April 20.

『Go Tokyo』で紹介されている浅草神社の流鏑馬を説明した日本語文です。

浅草流鏑馬は江戸時代、浅草神社の正月行事として行われていた。台東区では多くの伝統行事が今も受け継がれていて、この流鏑馬も毎年目にすることができる。馬に乗ったまま弓で的を射る姿は勇壮で、まるで当時の錦絵を見るよう。3つの的を射抜いた射手に褒美が送られる「賜禄の儀」も優雅な儀式だ。また、昔射術の練習として草を束ねて作った鹿を的にした、草鹿(くさじし)も同時に行われる。

※Go Tokyo公式日本語サイトより引用

Deepl翻訳(英語→日本語)

DeepL翻訳

■DeepL翻訳公式サイトより引用

みらい翻訳(英語→日本語)

みらい翻訳

■みらい翻訳公式サイトより引用

Google翻訳(英語→日本語)

■Google翻訳公式サイトより引用

以上の翻訳例は、参考までに。

それぞれのサービスの翻訳の特徴やつよみが違うので、個々の説明は控えます。

また、【日本語→英語】だとさらに印象が変わると思いますが、この3つの翻訳サービスを比較しながら自分なりに精査していくと、かなり翻訳を使いこなせるようになるでしょう。

まとめ

以上、『無料のおすすめ翻訳サービス、トップ3!』を紹介しました。

ドラえもんの食べる翻訳機『ほんやくコンニャク』の世界が案外すぐそこに近づいてますね!

今わたしがつかっているおすすめの翻訳サービス3つをまとめると、、

  1. Deepl翻訳
  2. みらい翻訳
  3. Google翻訳

もうひとつ『みんなの自動翻訳』という使用者が育てることができる翻訳サービスが面白いです。ログインが必要なことや、蓄積データー量に課題がありそうですが可能性大。気になる人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

みんなの自動翻訳(公式)

3つとも素晴らしい翻訳サービスなので、海外の友達や恋人、会社とのやりとりや、英語の勉強などに使うと、グローバルな生活がぐんと便利になります。

わたしは今後もこの3つの翻訳サービスをありがたく使わせていただきます!

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。
この記事があなたのお役にたてばうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
イギリス在住10年のブロガー│英国暮らしで感じた おもしろいこと、楽しいことを 発見&こだわって発信中│イギリス情報が知りたい、将来海外で暮らしたい、国際恋愛・国際結婚に興味がある、バイリンガル子育てに興味のある人に役立つブログを目指しています。