英国の食べ物

ロンドン憧れのアフタヌーンティーといえばココ12選!優雅なひとときで癒やされたいなら…!

本場のアフタヌーンティーはどこ?

ロンドンで優雅な気分にひたれるアフタヌーンティーは?

どこのアフタヌーンティーがおすすめなの?

憧れのティールームで正統派のアフタヌーンティーを楽しみたい、と思ったことはありませんか?

人生で一度は体験したい「本場のアフタヌーンティー」。

最近ホームウェアやスポーツウェアで過ごすことが多かったのですが、その反動で 今は優雅で耽美な非日常をめいっぱい感じてみたいんです。本気です。

イギリス在住10年にして、いまだロンドンのアフタヌーンティーを体験していないアルノがとうとう重い腰をあげました。

イギリス南西部の田舎のアフタヌーンティーでもそこそこのお値段がします。(30ポンド~)「ロンドンのこだわりつくされたアフタヌーンティーのほうが逆にお値打ちじゃない?」と思えるようになりました。

この記事では ロンドン在住の友人の口コミと比較サイト、アフタヌーンティーアワード等を参考に、わたしが選んだ「ロンドンで優雅なアフタヌーンティーが楽しめる最高のティールーム12店」を紹介します。

今年の目標のひとつに、この記事で紹介したティールームをせめて一店舗は訪れることを掲げました。

「ロンドンのアフタヌーンティー、いつか行ってみたいな」というわたしのような方はぜひ参考にしてください。次のロンドン旅の目標のひとつになりますように♪

リッツ(The Ritz)│イギリス人も憧れる正統派アフタヌーンティー

ロンドンの名門5つ星ホテルといえば「リッツ」

1906年の開業以来 117年という歴史の中で 各国の王族や、歴代首相、映画スターから愛されてきました。まさに「世界最高級」とよんでもいいホテルでしょう。

ティールーム「パームコート」では、繊細なガラスの天井、ギリシャ様式の柱、黄金の彫像ととキラッキラ。。さらにリッツ在住のハープ奏者、ピアニスト、弦楽五重奏団による演奏によって優雅で豪華な気分はマックス。

これはもう「少女マンガ」の世界ですね!

お目当てのアフタヌーンティーは、18種類から選ぶお茶、評判のサンドイッチ、焼き立てのスコーン、スポンジケーキ、すべてにおいて納得、さらにイギリス人も憧れるティールームだと言われています。

ドレスコードも他にくらべて厳しめ。特別な記念日に、ドレスアップしてでかけたい異世界体験できる場所です。

住所:The Ritz,150 Piccadilly London, W1J 9BR
ティールーム:Palm Court(パームコート)
最寄り駅:グリーンパーク駅/ピカデリー駅
料金:およそ £55~
お持ち帰り等:お持ち帰り要確認/飲食時のおかわりOK
公式URL:https://www.theritzlondon.com
日本語予約:リッツ アフタヌーンティー予約│グルヤク

フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)│エリザベス女王ゆかりのティールーム

1707年に創業以来、王室御用達の高級食料品デパートとして成長したフォートナム&メイソン。

伝統的をまもりつつ、常に斬新な改革をつづけてきたユニークな歴史をもっています。

例えば1738年にスコッチエッグを考案、1886年イギリスにハインツのベイクドビーンズをもたらすなど、、やっぱり おもしろいですね。

アフタヌーンティーが楽しめる最上階の「ダイアモンドジュビリーティーサロン」は、2012年のエリザベス女王在位60年を記念し、カミラ夫人とキャサリン妃を伴い、女王自らサロンの除幕式をおこなった場所です。

フォートナム&メイソンのシンボルカラー、オーデニール(ナイル水色)を基調としたインテリアと食器が 爽やかで上品!

また子供連れ(4歳~)も安心、2018年のアフタヌーンティーアワードでは「子供アフタヌーンティ部門」で優勝しています。

おっと忘れるところでした。このティールームの一番の醍醐味は、92種類の紅茶からお気に入りを選ぶ楽しさです。行く前に紅茶チェックが必要ですね。

住所:Fortnum & Mason,181 Piccadilly, St. James’s,London W1A 1ER
ティールーム:Diamond Jubilee Tea Salon
地域:ピカデリー駅・グリーンパーク駅
料金:およそ £53~
お持ち帰り等:お持ち帰り 焼菓子OK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.fortnumandmason.com/

クラリッジズ(Claridge’s)│耽美なアールデコ気分に酔える

クラリッジズは、エリザベス女王をはじめとするイギリスの上流階級、歴代政治家など世界中のセレブたちに愛されている格式高く洗練された5つ星ホテルです。

1812年メイフェアに創業以来、150年の長きにわたり本格的なアフタヌーンティを提供。中でも24種類から選べる紅茶へのこだわりは強く、途中2回おかわりできるので贅沢に3種類のお茶を味わうこともできます。

ティールームの「ホワイエ」は、1930年代のアールデコ様式で装飾されていて、生演奏とともに趣のある気分を盛り上げてくれます。

ホテルの特製陶器であるこれまたアールデコ調ストライプのチャイナボーンはリモージュ製。翡翠色と白のストライプに金縁がモダンかつ、繊細さを感じさせます。

ジーンズNGなど基本的なドレスコードはあるので、男性はジャケット、女性はワンピースなどが無難のよう。

住所:Claridge’s, Brook Street,Mayfair,London W1K 4HR
ティールーム:The Foyer & Reading Room(ホワイエ&リーディングルーム))
もより駅:ボンド・ストリート駅
料金:およそ £62~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.claridges.co.uk/
日本語予約:クラリッジス アフタヌーンティー予約│グルヤク

ゴーリングホテル(The Goring Hotel )│英王室の別館ティールーム

ゴーリングホテルはとにかく英国王室との関わりが深く、1910年から続く同族3代による唯一の老舗高級5つ星ホテルです。

王室別館」のニックネームもあるほどで、たとえば2011年のウィリアム王子との結婚前夜にキャサリン妃が独身最後の夜をすごしたホテルということがかなり有名。

ホテルのティールームでのアフタヌーンティーは典型的なクラシックスタイルで、夏の時期はイングリッシュガーデンを眺めながらゆっくり過ごせるテラス席が人気です。

ちなみに ゴーリングのダイニングルームは、ミシュラン二つ星レストラン認定を受けています。

ホテルのあちこちに配置されたゴーリングのシンボルの「ひつじ」さがしで遊びたい!

住所:The Goring, 15 Beeston Place, London SW1W 0JW
ティールーム:The Goring(ゴーリング)
地域:ビクトリア駅
料金:およそ £50~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.thegoring.com/
日本語予約:ゴーリング アフタヌーンティー予約│グルヤク

ホテル・カフェロイヤル(Hotel Café Royal)│オスカー・ワイルドゆかりのティールーム

ホテル・カフェロイヤルは、ロンドンの中心ピカデリー・サーカスに佇む5つ星の歴史的な高級ホテルです。

創業は1865年までさかのぼり、黄金の壮大な装飾とアンティークの内装が美しい「オスカー・ワイルドラウンジ」で歴史に思いをはせながらアフタヌーンティーを。

歴史好きにはたまらない場所で、常連客オスカー・ワイルドがアルフレッド・ダグラス卿と恋に落ち、オスカー・ワイルドの小説とコラボした伝説の画家オーブリー・ビアズリーが通い、ローリング・ストーンズが、デビッド・ボウイが、ビートルズが愛したという耽美な歴史を持っています。

25種類以上のお茶、お菓子へのこだわり、情熱もすごい!

間違いなく、「ロンドンで最高のアフタヌーンティーの1つ」でしょう!

住所:68 Regent Street , London W1B 4DY
ティールーム:The Oscar Wilde Lounge(オスカー・ワイルドラウンジ)
もより駅:ピカデリー・サーカス駅
料金:およそ £4~
URL:https://www.hotelcaferoyal.com/

ザ・サヴォイ(The Savoy london)│まるで王族気分

サヴォイは1889年に創業以来、世界的に有名な老舗高級5つ星ホテルとして知られています。

テムズ川のほとりに佇み、大英博物館やコベントガーデンが近く観光にも便利な由緒正しきホテル。昔からお隣サヴォイ劇場の観劇の合間に 文化人たちが交流を深めた場所として知られています。

そういえば映画『ノッティングヒルの恋人たち』で、主人公の女優アナが記者会見をする場面はこのサヴォイホテルで撮影されました。

アフタヌーンティーはガラスドームの明るい光が爽やかで豪華な内装と、黒と白の大理石の床がスタイリッシュ!

銀器はすべてスターリングシルバー、食器はウェッジウッドの特製、3段のティースタンドもきらびやかです。ゴージャスな一時をすごせるのは間違いないですね。

特筆すべきは、JING TEA(ジン ティー)の高品質なお茶の品揃え(30種類以上)で、特にミントティーが「ロンドン一美味しい」と評判です。2019年のアフタヌーンティーアワードでは、伝統的アフタヌーンティーの部門で優勝。

まさに「正統派アフタヌーンティー」が楽しめるティールームですね!

住所:Strand, London WC2R 0EZ
ティールーム:Thames Foyer(テムズ・ホワイエ)
もより駅:チャリング・クロス駅・コベントガーデン駅
料金:およそ £75~
お持ち帰り等:お持ち帰り可/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.thesavoylondon.com/
日本語予約:テムズ・ホワイエ アフタヌーンティー予約│グルヤク

スケッチ(Sketch)│オシャレ・アート好き集合!

スケッチは「ロンドンで最もおしゃれに敏感な人びとが集う」といわれる、ファッショナブルで革新的なレストランです。

スケッチのアフタヌーンティーは、スモーキーピンクのカラーで統一されたファンタジーな空間が特徴。

ベルベットの椅子、壁いっぱいのアート作品、美しく可愛すぎるお菓子たち、、なにもかもが可愛くて、アート!そしてちょっと毒あり、奇抜さも感じます。

トイレが白いタマゴ状のカプセルになっていて、戸惑う人多発。スケッチに行ったら、タマゴトイレははずせない。公式HPも、いろいろ斬新アートすぎて予約するのに迷います(汗)

なんですかね。。毒気ありのマリーアントワネットの甘い世界ですね!

実は、スケッチのレストラン「Lecture Room & Library」は、イギリスでは数少ないシュラン三つ星レストランの一つ。ロンドナーが絶賛する場所、そしてファッションやアートに興味のある人は目の保養になること間違いなしです。

住所:9 Conduit Street, London, W1S 2XG
ティールーム:sketch Gallery
もより駅:オックスフォード・サーカス駅
料金:およそ £59~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://sketch.london/

ランガム・ホテル(The Langham)│ロンドンで最初のアフタヌーンティー

リージェントストリートのすぐそばという便利な場所に佇む老舗高級5つ星ホテル、ランガム。

1865年に創業以来、ヨーロッパで初の高級ホテルとしてスタートし、ロンドンで最初のアフタヌーンティーを提供したホテルです。

やはり英国王室や各国の上流階級のお気に入りで、「シャーロック・ホームズ」の作者アーサー・コナン・ドイルも愛したホテルです。

ティールームの「パームコート」の装飾は全体的におちついたクリーム色で統一され、大理石の床、高い天井、、と上品かつゴージャスな空間!ウェジウッドの特製ランガム・ローズシリーズの食器も可憐です。

紅茶へのこだわりも強く、最高品質の「Jing Tea(ジンティー)」を提供。紅茶ソムリエのアドバイスをうけられ(2018年ベストアフタヌーンティーアワード│お茶部門で優勝)白砂糖と脂肪分少なめの軽くお腹にもたれないケーキが自慢。

ロンドンで最高のケーキ」と噂になっています。

住所:1c Portland Place, Regent Street, London, GB W1B 1JA
ティールーム:The Palm Court
もより駅:オックスフォード・サーカス駅
料金:およそ £49~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.langhamhotels.com/

ブラウンズ・ホテル(Brown’s)│ヴィクトリア女王のお気に入り

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ブラウンズ・ホテルといえば、英国最古のホテル、ヴィクトリア女王のお気に入りホテルとして歴史的に有名です。

イギリス最古のホテルということで、歴史にちょこちょこ登場します。

たとえば グラハム・ベルがイギリスで初の電話をかけた場所であり、アガサ・クリスティが「バートラム・ホテルにて」のモデルにしたホテルでもあります。

ヴィクトリア女王も度々アフタヌーンティーを楽しんだというブラウンズ。

ブラウンズの落ち着いていて重厚な雰囲気のアフタヌーンティーこそが「本格的アフタヌーンティー」なのかもしれません。

住所:Albemarle Street, Mayfair, W1S 4BP
ティールーム:The Drawing Room
もより駅:グリーン・パーク駅
料金:およそ £55~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.roccofortehotels.com
日本語予約:フォローイングルーム アフタヌーンティー予約│グルヤク

ザ・ウォルズリー(The Wolseley)│ロンドンの人気レストランでお手頃アフタヌーンティー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ウォルズリーは、1920年代の自動車会社(ウォルズリー・モータース)のショールームを改装してつくられた ロンドンの人気レストランです。

アールデコ様式の建物は、高いドーム型の天井や大理石の柱、幾何学模様の大理石の床が壮大な印象。

伝統的な英国料理を提供するレストランで、人気のエッグベネディクトやアーノルド・ベネット(オムレツ)など朝食がとくに人気。常に人で賑わってるそうです。

住所:160 Piccadilly, London, W1J 9EB
もより駅:グリーン・パーク駅/ピカデリー・サーカス駅
料金:およそ £29.75~
お持ち帰り等:お持ち帰りOK/飲食時のおかわりOK
URL:https://www.thewolseley.com/

オリエンタル マンダリンホテル ロンドン(Mandarin Oriental Hotel London)│非日常を味わいたい?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オリエンタル マンダリンホテル のティールームも、ラグジュアリーなアフタヌーンティーが楽しめる場所として、友人からオススメされています。

ハイドパークを一望できる最高の立地にそびえる5つ星高級ホテルであり、ゴージャスな内装はまるで映画のワンシーンのようだと友人がやっぱり私にススメてきます。よっぽどここが気に入ってますね。

キッズアフタヌーンティーメニューも評判がよく、子供連れでも安心。

ティースタンドは、可憐なデザインのツリースタンドに吊るされて、、まるで鳥かごみたいで可愛い♪

住所: 66 Knightsbridge, London SW1X 7LA
ティールーム:The Rosebery Lounge(ザ ローズベリー)
もより駅:ナイツブリッジ駅
料金:およそ £56~
URL:https://www.mandarinoriental.com/london

ドーチェスター(The Dorchester Hotel)│誰もが味に満足すると評判

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ドーチェスターは1931年にメイフェアで創業した格式高い高級5つ星ホテルです。

ブルネイの王族がオーナーで、内装も豪華絢爛!またミシュラン三ツ星レストランの「アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター」があることでも有名。味にこだわるホテルです。

アフタヌーンティーは、1階ロビーの「プロムナード」で提供され、噴水に大理石や黄金の柱がまばゆく、重厚で贅沢な空間が味わえます。

和牛をあしらったサンドイッチの美味しさや、ドーチェスター自慢の伝統的スコーン、受賞歴のあるケーキやタルトなど、味に大満足できるアフタヌーンティーとして定評があります。

もちろんアフタヌーンティーアワード(2018年)で優勝経験アリです。

住所: 201853 Park Lane, London W1K 1QA
ティールーム:The Promenade(プロムナード)
もより駅:ハイド・パークコーナー
料金:およそ £65~
URL:https://www.dorchestercollection.com/en/london
日本語予約:プロムナード アフタヌーンティー予約│グルヤク

まとめ

以上、「ロンドンの正統派アフタヌーンティーが楽しめるティールーム12選」を紹介しました。

新型コロナパンデミックによって、「いつか行こう」、「将来やろう」など言っていた たていのことは実現のハードルが高くなりました。

やりたいことの先延ばしをしていたら、夢が逃げてしまう」という教訓を学んだのです!

ロンドン暮らし5年を含めたイギリス在住歴10年になるのに、「いつか正統派アフタヌーンティーへ行くぞ」という夢は、いつまででたっても実現しない。

「行けるうちに 行っとこう!」

ということで、今年こそはこの記事の中で紹介したティールームから一つ選んで、正統派アフタヌーンティーの旅をしようと思っています。

アフタヌーンティーはイギリスを代表する文化・習慣であり、イギリス人でも「本場のアフタヌーンティーを体験したい!」と思っている人はたくさんいます。

人気店は予約がすぐ埋まってしまうので、旅の予定がきまりしだい即予約したほうがよさそうです。

あなたは、つね日頃「どこかに行きたい」、または「これを食べてみたい」と思っていたモノがありませんか?

ぜひわたしと一緒に小さな夢をひとつでも実現しましょう♪

アフタヌーンティーの正式マナーについてはこちらの記事が参考になります。

これぞ英国式!アフタヌーンティーの正式マナー(上流階級の食べ方)
これぞ英国式!アフタヌーンティーの正式マナー(上流階級の食べ方)今回はアフタヌーンティーの正式マナーについての紹介です。この作法は、英国上流社会、人気TVドラマ「ダウントン・アビー」方式とも言える、イギリスで格式高く優雅にアフタヌーンティーを楽しむ方法です。知っておいて損はない、上流階級のティータイムのマナーがわかります。...

日本語で海外レストランがカンタンに予約できるサイト「グルヤク」が便利です。このサイトで予約できるティールームはボックス内【日本語予約】の項目で紹介しています。

イギリスではロックダウン緩和策として2021年5月17日から屋内飲食が可能になります。この時期に日本からイギリス旅行をする方はすくないとは思いますが、参考にリンクをのせておきますね。

イギリス在住の方や英語OKの方は、直接ホテル・レストランの公式サイトから予約することをオススメします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Twitter(@ecerydayuk)とインスタ(everydayuk18)もほぼ毎日更新中です。イギリス暮らしの日常をのぞいてみてくださいね。いいねやフォローしていただけると嬉しいです。

 
ABOUT ME
アルノ
イギリス在住10年のブロガー│英国暮らしで感じた おもしろいこと、楽しいことを 発見&こだわって発信中│イギリス情報が知りたい、将来海外で暮らしたい、国際恋愛・国際結婚に興味がある、バイリンガル子育てに興味のある人に役立つブログを目指しています。