ロンドンガールのファッションの特徴と法則10!

▼面白いと思ったらシェア

ロンドン ロンドンガール ファッション 特徴 法則

イギリスからこんにちは。最近ロンドンガールズファッションについて質問を受けるアルノです。

わたしにとってロンドンガールのファッションは一言でいうと「混沌」。

「古いものを尊重しながらも新しいものを好み、ヌケ感とハズしがあるものの結果的に全体が恐ろしくまとまっている」そんなイメージです。

本当は一言では言い表せない、ロンドンガールファッション。
ロンドンファッションシーンを新しく作り変え続けるロンドンガールたち。

今回は、そんなロンドンガールのファッションの特徴、法則らしきものを、今までいろんなファッション記事を読み、ロンドンっ娘たちを見てきた私なりにまとめてみました。

ロンドンガールのファッションの法則で、あなたも自分を表現するひとつの手段としてファッションを楽しんでみませんか?

多種多様な移民を包み込む都市、古いものを忘れない精神、常にあたらしいものを求める情熱、ロンドンファッションの面白みが伝わると嬉しいです。

※わたしは特にファッション専門家ではなく、ファッション好きのイギリス南西部在住の個人的見解です。あくまでも、ファッションを遠くから眺めるモノの一意見として拝読ください。

ロンドンガールファッションの特徴と法則10

1.流行に左右されない

例えば、日本では、必ず次のシーズンに流行るカラーやファッションアイテムの宣伝があります。「流行に左右されないぞ」と思っていても、雑誌やテレビ、ドラマの俳優が身につけるものが、一斉に同じ方向へ向かい、ブランドショップも同じ傾向の服が揃うので、知らず知らずのうちに流行にのっている自分がいます。

日本の若者、ガールズも世界の目からみればファッションに対してかなり自由です。
自分自身のファッションを体現している有名人も多い。

しかし、ロンドンに来てみてください。
ロンドンファッションはさらに自由です。まるで流行が機能していないかのようです。ここでは自分の本当に着たい服を自分の自由な組み合わせで着ることができます。(わたしの意見です)

2.男性モノの服をとりいれる

イギリスの女の子たちは、世界中でボーイフレンドジーンズや革ジャンが流行っていた時代の、ずっとその以前から男性のワードローブを身につけていました。
ボーイフレンドから借りたジャケットやTシャツ、、かと思えば、サヴィル・ロウ(Savile Rowスタイル(オーダーメイドの名門高級紳士服が連なるロンドンメイフェアの通り)のかっちりしたメンズコートを自分のスタイルに取り込みます。

ロンドンガールのファッションは、ユニセックスが魅力。

お手本は、写真家、クリエイターのクリスティーヌ・リーホースト(Christine Reehorst)の「Fash n Chips」で。

3.アンバランス!

イギリスの王室、特に世界中でそのファッションが注目されるキャサリン妃のファッションは、実は英国の一般のファッションとは一線を画します。彼女のファッションは、トータルバランスが完璧で、色、柄、素材、どれをとってもバランスが整っています。

かたや、ロンドンガールファッションは、日々のよりカジュアルなアプローチを好み、アンバランスでどこか遊びのあるファッションが得意です。

 

4.古きを重んじ、新しいものとミックスさせる

トレンチコート、ウールのマフラー、バレエシューズなど…これらはイギリスで古くから愛用されてきたファッションアイテムです。
ロンドンガールは、これらのクラシックアイテムを使って、よりエキサイティングなものに変えることに情熱があります。

例えば、チェック柄!ロンドンガールたちは素材感、カラー、柄の異なるチェック柄を様々にくみあわせ、最終的に自分の個性でまとまりのあるファッションにしています。

5.どこかルーズな印象(Scruffyなスタイル)

Scruffyなスタイルとは、「だらしない、きたならしい」スタイルという意味です。

どこかルーズで、ハズした感じ。

服のみならず靴やバッグ、帽子などのアクセサリーまで合わせるというようなマッチングはしません。上着やスカート、ズボンは皆別々に買ったもので、古着も大好き。色も統一されていないし、髪もボザボサ。一見してとてもだらしなく、汚れて見えるそんなロンドンガールスタイルです。

6.新しいファッションに挑戦(一見奇妙でもなんでもこい!)

例えば、私が驚いたファッションの一つ、アンクルカフ(Ankle cuffs)。
この奇妙な犬の首輪を連想する足輪のような足首につけるカフ、イギリスでは売り切れになりました。ちょっとクレイジーに見えるようなアイテムがロンドンっ娘の心をくすぐります。

そして、「コレ誰がつけるの?」というほど斬新なファッションがうけたりします。

カルバン・クラインから発表されたストッキングセーターとか。これは米国でも売り切れでした。誰がどんなシーンで身につけるのか?謎です。

7.ドレスに着られない!自分がドレスを着る!

ドレス?もちろんロンドンガールもドレスが好きです。
しかし、ロンドンっ娘たちのドレス姿はまた一風変わっています。

まさに「自分が服を支配している」感じ。
決して「自分が服に合わせている」のとは違います。

例えば、ジーンズスタイルの上からルーズでクラッシックなサテンドレスをまとう。
また、皮のスキニーパンツスタイルにフリルたっぷりのロングスカートをあわせる。など。。

ファッションの自由ここにアリ!という感じです。

8.シューズは歩くためにある

スニーカー イギリス ロンドンファッション ガール ロンドン

ロンドンガールにとって、最強のシューズアイテムは、スニーカーでしょう。スニーカーはあらゆるファッションスタイルに合わせることのできる万能シューズ。
ハイカット、シンプルな白いスニーカー、ドレス、スーツ、ジーンズ、すべてのファッションにお気に入りのスニーカーを合わせてどこまでも歩きます。

ついで、ロンドンガールらしいシューズといえば、ドクター・マーティンズ(Doc Martens)。ドクター・マーティンの黒いフラットシューズにタイツとあわせて、服はあえて明るい色の柄物を。最高にかわいいスタイルができあがり。
チェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)も忘れてはいけません。

9.ヘアスタイルに手をかけない

ロンドンガールのヘアスタイルは、きっちり結い上げたりまとめたりせず、ルーズが法則です。

日本人女性のヘアセットテクニックは世界トップレベル(たぶん世界一ではないか)です。
日本人女性がルーズなヘアというと、ファッションに興味のない人か、手をかけているのにわざとルーズを演出しているのかのどちらかです。

対してロンドンガールたちはヘアブラシさえ使っていない印象。ボサボサ!しかし明るい髪だからなのか、そこが魅力的に見えるんですよね。

ロンドンガールたちのファッションはルーズでボサボサのヘアで完成されます。

10.ハズしたセクシー

ロンドンガールもセクシーなドレス、セクシーな靴を身に着けます。

私が見かけたのは、例えセクシーなミニドレスであってもボーイフレンドコートや、ボンバージャケットなどダボッとしたボリュームのあるアイテムと合わせている女の子達。
これみよがしなアメリカンタイプのセクシーとは明らかに異なる、ハズしたセクシーが可愛らしく感じるロンドンガールです。

まとめ

こうしてまとめてみると、ロンドンガールたちは、ファッションに対して非常に前衛的です。
しかし、古いものを愛する精神が遺伝子に組み込まれている。(と思う)

ロンドンっ娘たちは、この古いものと新しいものをミックスさせることが自然にできちゃうんでしょうね。

こんなにファッションに気負わず、あれもこれもといろんな素材、柄、季節のものを一度にミックスさせてしまうのに、全体が結局まとまってみえるのもフシギです。

ロンドンガールのファッションは、バラバラなのに統一している感じをうけます。その最大の理由は、服のコーティネートどうこうではなく、ファッションが「自分自身の表現」の一つである、ということに尽きるかもしれません。

今日一日、なにものかに影響されることなく、あなたが着たいと思う服を自由に着ることができますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ