王様のお菓子ガレット・デ・ロアで!フランス流の新年会を開く方法

1月
 
日本でもじわじわ人気が広がっているというガレット・デ・ロアの王様ケーキ。

「ガレット・デ・ロア」って最近耳にするけど、どんなお菓子?
「ガレット・デ・ロア」の食べ方は?
「ガレット・デ・ロア」を食べてみたい!

そんなあなたの?(ハテナ)を解決します。

このページでわかることは、、、

・ガレット・デ・ロアの起源?
・なぜ1月にそれを食べるのか?(公現祭)
・こどもと楽しむガレット・デ・ロアの食べ方!
・ガレット・デ・ロアのおすすめレシピ
・日本でガレット・デ・ロアの購入方法

 

新年には、幸福を呼び込む王様のケーキ、「ガレット・デ・ロア」を食べてみませんか?
おすすめ記事と広告

ガレット・デ・ロアの起源

 

フランスのケーキ、ガレット・デ・ロア(galette des rois)。

フランス語でガレットはケーキ、ロアは王様たちという意味を指しています。ということは、「王様たちのガレット」ということになります。
 

このガレット・デ・ロア、フランスでキリスト教の公現祭(こうげんさい)=英語ではEpiphany(エピファニー)の1月6日のお祝いに、「あるゲーム」とともに食べるという習慣のあるケーキ。

そう、フランスの新年のお祝いに欠かせないケーキなんです!

写真のとおり、円形のパイケーキであり、サクサクの軽いパイの中にクレームダマンド(アーモンドクリーム)がぎっしり詰められています。

さくさくとしたパイの香ばしさと、中のコクのあるしっとりアーモンドクリームが絶妙にマッチした、アーモンド風味のケーキです。

 

それだけでも美味しいケーキですが、ガレット・デ・ロアの最大の特徴は、中に隠された「フェーブ(fève、ソラマメの意味)」にあります。

このフェーブは、豆やアーモンド粒が使われたり、小さな陶器の人形、貴金属が使われたりしますが、陶器のフェーブはコレクターがいるほどの人気っぷり!

もうめちゃくちゃ可愛らしい!!

ケーキを切り分けたときに、自分の一切れの中にフェーブが入っていたら、当てた人が王様となり、(王冠をかぶります)まわりから祝福されるのです。

 

なぜガレット・デ・ロアは1月に食べるのか?

 
 
ガレット・デ・ロアを食べる日である「公現祭(こうげんさい)」=「エピファニーEpiphany」は、「イエス・キリストの顕現を記念する祝日」とあります。

フランス人夫に、簡単にいうとどんなこと?と尋ねると、、、

イエス・キリストが誕生して間もなく、星(ベツレヘムの星)に導かれて、東のほうから三人の王が現れました。

彼らは幼いキリストを見て拝み、乳香、没薬(もつやく)、黄金を贈り物としてささげ、その誕生を祝福しました。東方からの三人の王が礼拝をした日が1月6日の公現祭なのです。

すなわちキリストが公に現れた日の祝日ということになります。

1月6日に東方から三人の王達が贈り物を持って礼拝に現れたということなんですね。

三人の王と夫は説明していますが、日本語訳では博士、賢者、賢人とも訳されています。また人数についての明記はなく、贈り物の数で三人ということになっているようです。

この贈り物の乳香、没薬、黄金にもそれぞれ意味があります。

  • 黄金=王権の象徴、青年の姿の王
  • 乳香=香料、神性の象徴、壮年の姿の王
  • 没薬=防腐処理用の薬、将来の受難である死の象徴、老人の姿の王

 
今まで星の下で三人のラクダにのった人たちが旅をする姿の絵画を見たことがありますが、何の光景を意味しているのかさっぱりわかりませんでした。この三人の王たちが星に導かれてイエス・キリストを訪ねる旅の姿だったんですね。

クリスマスツリーの先端に飾るあの星も、この三人の王たちを導いたベツレヘムの星を指しているとのこと。

今日では宗教的要素は影をひそめ、1月中に親しい間がらで集まり「新年のためのケーキガレット・デ・ロアを食べて楽しむ」というイベント的な意味合いが強くなっているようです。

 

こどもと楽しむガレット・デ・ロアの食べ方!

<準備するもの>

このケーキにはなくてはならないものがあります。
 
■フェーブ
ガレット・デ・ロアの中にいれるアーモンド粒や陶製の人形のことです

■王冠
紙で作っておきます。難しく考えなくても厚紙を大体3センチ幅で縦長に切り、頭の大きさにあわせてホッチキスでとめてみてください。立派な王冠になります。

好みで色をつけたり、シールやフェルト、羽やビーズを貼り飾っても素敵です。

 

フェーブ

写真のフェーブはうちで集めたもの。ヨーダが息子のお気に入り。
かわいい箸置きでも代用できるかも。

 

<ケーキの食べ方>

ガレット・デ・ロアの中に隠された「フェーヴ」、このケーキを参加者全員に切り分け、ケーキの中から「フェーヴ」を見つけた人をその日だけ王様、女王様とし、用意した王冠をかぶせます。

フランス夫の実家でもこのシンプルな食べ方でした。

<より伝統的な楽しみ方>

 
フランス語の先生から、ガレット・デ・ロアのより伝統的な食べ方について教えてもらいました。(夫の出身地では違うといっていたので、地域によるようです)

せっかくなので、教えてもらった英文も紹介します。

 

<Galette des rois│英語の説明>

The youngest in the family goes under the table and chooses who gets the piece of cake.The person the special favour is the King or Queen.
(wears the crown!)

 

一番若い年齢の参加者が(だいたい子供)、まずテーブルの下にもぐります

そうして、ガレットを切り分ける人が「これは誰の?」と言うと、テーブルの下にいてフェーヴが入っているかどうかなどは全く見えない子どもが誰に配るかを言うのです。

それからみんなで食べて、フェーヴが入っていた人が王さまになる権利を得る(王冠をもらえる)

これが、大いに盛り上がります!特にこどもたちは大喜び!

新年会のパーティやお年賀に、日本でも人気になりそうな予感です!

 

ガレット・デ・ロアのおすすめ2つのレシピ

 まだまだ日本のケーキ店には姿をみかけない「ガレットデロア」、ないなら自分でつくってしまいましょう!

1)ガレット・デ・ロア簡単レシピ

クックパットの★いも★さんの「★ガレット・デ・ロワ(フランスの菓子)。」は冷凍パイシート使用で簡単につくれるおすすめレシピです。

 

2)ガレット・デ・ロア本格レシピ

本格ガレット・デ・ロアなら「COTTA」のVivianさんの「本格ガレットデロワ」!
レシピが写真が多く、工程の説明が丁寧でおすすめです。

 

自分でつくるなら、フェーブは購入!

 
かわいいフェーブ!!おすすめはこちらのフェーブ。陶製です。

 

王冠は、一枚130円ほどで購入できますが、ネット購入の場合、送料のほうが高くなります。

王冠は自分で作るほうが味わいもあり、おすすめですが、もし購入希望の場合、こちらが最安、フランスでもよく見かけるタイプです。

 

日本で購入できるガレット・デ・ロア

自分で作るのはどうも苦手、まずは本場の味を、という方は楽天でお得に購入できます。  

中にフェーブも入っているし、王冠までついてきてすぐにガレットデロア パーティが開ける!

 

また、日本にはフランスの伝統文化を普及させる名目の「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」という会があります。会長である島田進シェフの「パティシエ・シマ」や、この会のメンバーが所属するケーキショップのガレット・デ・ロアは本物でしょう。

 

パティシエ・シマ(PATISSIER SHIMA)|東京・麹町
ART DE VIVRE TOUT A LA FRANCAISE 美を常に意識しながら頑固なまでにおいしさを追求する。パティスリーを通してフランスの豊かな食文化とそのエスプリを伝えていきたい・・・それがパティシエ・シマのコンセプトです。

 

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ/Club de la Galette des Rois
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワのホームページ

 

興味ある方は、上記サイト「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」の「会員名簿」→「会員店舗一覧」から参加のケーキショップを確認できます。

 
 

まとめ

以上、日本でも人気が広がっているガレット・デ・ロアの王様ケーキについて紹介しました。

わたしたち家族は毎年、イギリスでのガレット・デ・ロアパーティに参加します。

参加家族は手作りのガレット・デ・ロアを持ち寄り、最高の味を決めるコンクール形式の会。

子どもたちには、アートタトゥーやフェイスペイント、王冠つくりなどのゲームが用意されていて子ども用のアクティビティもばっちり。

そしてパーティの一番の盛り上がりは、ガレットデロアに隠されたフェーブを誰が当てたかということ。

子どもたちは切り分けられたケーキに、フェーブが当たるかドキドキ、大人も子供も楽しめるガレット・デ・ロアのパーティ、盛り上がること必至です。

1月の新年のお祝いの一日にあなたの家でもどうでしょうか?

フェーブで幸運が舞い込みますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

関連記事
1月
おすすめ記事と広告
面白かったらシェアで広めてね!
毎日イギリス生活

コメント

おすすめ記事と広告