イギリス式:花粉症は自然療法でのりこえよう

杉 花粉 花粉症 イギリス 健康

 

 

イギリスからこんにちは。スギと芝の花粉症もちのアルノ(@ecerydayuk)です。

いよいよ春が近づいてきました。春といえば「卒業」「花見」「入学」「入社」などわくわくするイベントが目白押しです。

しかし、わたしは「春」と聞くとこう思います。

またあの季節がやってくる。。。

 

そう、「花粉」の季節です。

日本では花粉ですが、イギリスでは90%もの人がの花粉症を発症しているといいます。

くしゃみや鼻水など辛い症状がでる花粉症、花粉症持ちのわたしは日本では市販の薬を飲んで仕事をしていましたが、飲んだとたんにボーっとして眠くなり、仕事がはかどらないことといったら!

イギリスに移住してから芝の花粉症を発症しましたが、薬をなるべく制限しイギリスに古くから発達している民間療法や自然療法で乗り越えています。これが結構効いてます。

今回紹介するのは実際にイギリス人やイギリスに長く住む友人から教えてもらった方法です。イギリス式の薬の副作用に悩まされることのない花粉症対策、あなたも試してみませんか?

 

日本の花粉の季節(スギ)

日本では1960年頃からスギ花粉症(国民病ともいわれている)が急増しました。原因として農林水産省が推奨してきた全国的で大規模なスギ植林があげられています。

スギは風媒花であり、スギ花粉は風に乗って遠距離を飛散するのがやっかいです。このスギ花粉が本格的に広範囲で飛びはじめるのが、毎年2月下旬から5月ごろまで飛散します。(地域によって異なります)

予防と対策をしっかりして、症状を緩和しましょう。

 

■日本の花粉情報は、日本気象協会の「tenki.jp」で!↓↓

花粉情報 - tenki.jp
関東・甲信地方の花粉情報を市区町村別に掲載しています。1週間先までの花粉予測で週末の計画も立てられます。日本気象協会独自の花粉予測を地図上に表示した花粉メッシュで花粉の動きをチェックできます。気象予報士による花粉解説も人気です。

 

イギリスの花粉の季節(芝)

イギリス 芝 花粉症 ヘイフィーバー

花粉症は英語で「ヘイフィーバー(Hay Fever)」と言います。

訳すると「枯草熱」で、花粉を意味するPollenとは違いますが、日本でいう花粉症とだいたい同じような意味でヘイフィーバーという言葉が使われています。

イギリスの花粉症の原因、その90%がイネ科の芝花粉症(Grass Pollen)だとわれます。

花粉が飛散する時期は5月から8月上旬

この芝花粉症になるとイギリス生活では大変。長い冬が終わり、春のあたたかい日差しにつつまれいよいよ公園でピクニックだ!という頃に外出できない事態に。
しかも、イギリスはもちろんヨーロッパ中どこへいっても芝だらけですから。

イギリスでは、古くから花粉症対策として民間療法が身近に使われています。

■イギリス花粉症は、芝の他に樹木(Tree Pollen)や草(Weed Pollen)もあり、総合的な花粉情報は、下記のイギリス気象庁「Met Office, pollen forecast」で確認できます。↓↓

Pollen forecast
We manage the only pollen count monitoring network in the UK using information from our network, our weather data and expertise from other organisations to prod...

花粉症の症状とは?

アレルゲンである花粉の飛散量が多ければ多いほど、花粉症を発祥します。

【花粉症の4大症状】

1.くしゃみ
2.鼻水
2.鼻づまり
4.目のかゆみ

この4大症状に加えて、肌のかゆみなどの喉の症状がでます。

重症化すると喘息や気管支炎などの気管支疾患や頭痛・発熱が発生するため、予防、対策は必要です。

わたしは喘息持ちでもあるため、こじらせると大変なことになります。花粉症対策は必須なのです。

花粉症のしくみを知っておく

 

花粉症のしくみを知ることで、これから紹介する花粉症対策がなぜ有効なのか理解できます。
理解したうえで用いるのと、なんとなく効いたからやってみるでは結果に差がでます。

花粉症は、通常は無害である「花粉」に対するアレルギー反応です。その花粉を「異物」と判断し。過剰な反応がでる免疫系機能不全の一種です。

花粉症を発症すると、、、?
体内にはいった花粉を異物(抗原)とみなし、それに対抗するための「抗体(IgE抗体)」をつくります。この抗体が鼻や目の粘膜にある肥満細胞に結合します。抗体がついた肥満細胞は、花粉が入ってくるたびに増加し、ある一定の量になると、花粉に反応してヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー原因物質を放出します。これらの物質が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こすのです。

 

ヒスタミン:鼻や目の粘膜の表面にある知覚神経を刺激し、くしゃみ・鼻水、目のかゆみを引き起こします。

ロイコトリエン:血管を拡張させて粘膜を腫らし、鼻づまり、目の腫れ、充血を引き起こします。

 

そもそも、なぜ身体がそんな症状を作り出すかというと、花粉症の鼻水や涙で花粉のようなアレルゲンを、くしゃみや涙で洗い流そうとする反応であり、鼻詰まりで花粉を中にいれないようにするといった「体の防御作用」が花粉症などのアレルギー症状の正体なのです。

本来はありがたい「体の防御反応」。
といっても、花粉は毒ではないし、、、辛いですよね。

では、次の方法で対処していきましょう。

イギリス式よく効く花粉症対策

1.ネトル(Nettle)ティー

ネトル イギリス ネトルティー 花粉症

ネトル(Nettle)は、日本名をイラクサといい、散歩道や公園、森の中などそこら中に生えている雑草です。ちょっとシソにニてるかな。シソより毛(トゲ)がワシャワシャしてる感じ。

ネトルには、その葉や茎に小さなガラス状のトゲ(シリカ)がびっしりついていて、これが知らずに素足や素手で触れようものなら、チクチク熱い指すような痛みを一日中感じるはめになります。ひきつけや嘔吐に至ることもあり、いわゆる毒草です。

イギリスではこのネトルがそこら中に生えていて、小さなこどもたちを森の中を素足で遊ぶことはさせません。私の住むDevonもネトルだらけ。

このネトルの毒による痛みの正体は、ネトルに含まれるヒスタミンと、神経伝達物質アセチルコリンがともに働くことで起きる症状です。

この毒であるネトルに含まれる微量のヒスタミンを摂取することで、ヒスタミン摂取に身体が慣れ、アレルギー反応が和らぐ」というホメオパシー治療としてネトルが使われます。
毒をもって毒を制する】ですね。

ネトルティーの作り方

ハーブ研究家(自称)のイギリス人友人に一番効くよ!とおすすめされたのは、その辺に生えているネトルの葉を摘み(毒があるので必ず手袋で)、乾燥させて煮立て「ネトルティー」として飲む方法です。ヒスタミンティーの出来上がり。

これが、わたしには効いています。共に花粉症である夫と飲んでいます。

しかもこのネトル、他にも嬉しい成分が入っています。

実際わたしも肌の調子がよくなりました。ちょっとこれにはびっくり。

・鉄分を含んでいることから、貧血予防にも効果的
・ケルセチンという成分がビタミンCの吸収を高めるため、肌がつるつるになる

味は、緑茶に近いような草っぽい香りがします。緑茶とブレンドしても美味しく飲めます。

イギリス:ネトルティーどこで入手できるか?

・自分でネトルを摘み、乾燥させ、煮出して飲む
・ネトルティーバックがサプリメントショプやファームショップなどに売っている(手軽)
・たまにファーマーズマーケットで乾燥ネトルを売っている

わたしは面倒くさがりなので、Holland&Barett のオーガニックネトルティー を購入して飲んでいます。
今度、ネトルを摘んで自作しようかともくろんでいます。(料理にもつかえるんです)

 

<日本:ネトルティーどこで入手できるか>

ネットで購入するなら、有機栽培の植物を使用し、ECOCERTなど各種機関からの認証を受けていて安心の「生活の木」がおすすめ

2.アロマセラピー(精油)

 

アロマオイル(精油)は、イギリスでエッセンシャルオイル(essential oil)と呼ばれ、古くは薬草として医療の場で使われてきました。

この精油をつかって行う病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消を目的とする療法が「アロマテラピー(aromatherapy)」です。

アロマテラピーで使われる精油は、花、茎、幹、根、樹脂、果皮などを水蒸気蒸留することで得られる揮発性の油であり、油脂ではありません。

現在では、イギリスで1,998年に政府公認のNOSの教育水準を有する最初の補完療法(Complememtaly Therapy)となっています。メディカルアロマセラピーですね。

現在の英国のアロマセラピストは、NHS(国民保健サービス)で働く人材も増えています。こイギリスではドクターが代替療法に患者を紹介する、実際に医院でも代替え療法を実施するなど補完療法に好意的で有用性を受け入れやすい背景があります。

だから、イギリスで自然療法、代替療法、補完療法が実際に実施されているんですね。

医師から処方された薬を服用している人でも、アロマテラピーやマッサージ、Reikiや鍼など利用している人の話をよく耳にします。

不快な症状を緩和するためのエッセンシャルオイルを3つ紹介します。

エッセンシャルオイルの自然豊かな心地よい香りを楽しみながら、花粉の季節を少しでも快適に乗り切ろうではありませんか!

 

ユーカリ・ラディアータ

花粉症対策として近年人気が高まっているアロマオイルです。ユーカリ精油には非常に多くの種類がありますが、ユーカリ・ラディアータは刺激が少なく香りもマイルド。子どもから高齢者まで幅広く安心して使えるので安心です。

主成分である1,8-シネオールには固有の抗炎症作用があり、鼻水鼻づまりのどのかゆみなどのアレルギー症状を緩和します。

呼吸器系のトラブル改善にすぐれた作用があるため、鼻水、鼻づまり、去痰副鼻腔炎慢性気管支炎などにも効果的。

鎮静作用もあるので、筋肉痛神経痛のケアにも有効です。

香りは、クリアで爽快感があります。この香りは気分をリフレッシュさせ、アレルギー症状に伴うイライラ不快感の解消にも役立ちます。

私は喘息持ちなので、ユーカリ・ラディアータは必ず1本常備しています。

※使用の際の禁忌はなく安心して使えます。

ペパーミント

 

ペパーミント ハーブ

 

ペパーミントの代表的な有効成に花粉症に有効な成分が含まれています。

それは、メントール、ルテオリン、ミントポリフェノールで、アレルギー原因物質のヒスタミンの放出を抑える働きがあり、抗ヒスタミンの成分を含んでいます。

ミントポリフェノールは植物由来の抗酸化作用をもつ成分で、細胞の老化を防ぐ働きがあります。それ以外にもヒスタミンの生成を阻害する働きがあるのです。花粉症はヒスタミンが増加することで症状が出るので、そのヒスタミンを阻害することで症状を和らげるのです。

メントールには抗アレルギー作用や抗炎症作用があり、鼻水鼻づまりなど呼吸器の不快な症状を楽にします。

ルテオリンはポリフェノールで、抗酸化物質の1つです。アレルゲンが体内に侵入しようとした際に、これらの症状の原因である”酵素”を抑える働きがあるのです。

香りは、スーッとして清涼感があります。心に活力を与え、頭をクリアにするペパーミントは勉強や仕事をするときにもいいですね。

※禁忌は多いので要注意:妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん、高血圧

ローマン・カモミール(抗アレルギー作用)

カモミール うさぎ ハーブ アロマオイル

ローマンカモミールは古くから薬草とされ、
ローマンカモミールのエッセンシャルオイルはその抗アレルギー作用により、花粉症の炎症を抑えることに非常に有効だといわれています。
ローマン・カモミールを直接使用するとかゆみや刺激を和らげ、また、他のエッセンシャルオイルとブレンド(ユーカリ・レモン・ラベンダー)しても効果的と言われます。
 ローマンカモミールはほんの少しの量で非常に効き目があるとされ、目安としては5mlのキャリアオイルに1滴のオイルを使い、目や鼻、頬に塗布します。

症状は数分で緩和し神経系を落ち着かせる作用もあります。

禁忌:キク科アレルギーの方は注意!妊娠初期の方は使用を控えます。

 

アロマオイルの使い方

1.蒸気吸入

鼻づまりやのどがかゆいときには蒸気吸入が効果的。

耐熱性のボウルや大きめのマグカップにお湯を入れ、アロマオイルを1〜2滴たらします。
5分くらいを目安に、必ず目を閉じて、ゆっくり呼吸して蒸気を吸入します。(頭からバスタオルをかぶるとさらに効果的)

※咳がひどいときや喘息の場合は蒸気吸入は避けてください。


2.毎朝の
クリームやローションに加える(香料ナシのもの)

イギリスですすめられた方法です。
ベースとなるクリームやローション(フレグランスフリー)のもの30ml毎に5滴のエッセンシャルオイルを加え毎朝使用する、というスキンケア&花粉症対策ができるというすぐれもの。


3.マッサージ


キャリアオイルの中にアロマを混ぜ、鼻、額、こめかみと首の後ろをマッサージすると快適な心地よさがもたらされます。
鼻の周りの穏やかなマッサージ作用は、目や粘膜の流れをスムーズにします。

 

4.マスクで吸入

マスクにアロマオイルを1~2滴垂らします。

また、便利なのは「マスク用のアロマスプレー」。必要なときにシュッとひと吹きするだけでOK。マスクの内側にスプレーしますが、肌が敏感なかたは外側からスプレーします。

【マスク用アロマスプレーのレシピ】

■材料
エッセンシャルオイル(ユーカリ・ペパーミントなど):6〜12滴
無水エタノール:5ml
精製水:25ml

スプレー容器:1個

※精製水(30ml)のみでもOKです。

■作り方
無水エタノールとエッセンシャルオイルを混ぜる。その後精製水を加える。スプレー容器にいれて出来上がり。

※1週間〜2週間以内に使い切りましょう。

 

5.ハンカチやティッシュで吸入

ハンカチやティッシュにアロマオイルを1~2滴垂らします。
頻繁に香りの助けを得られるため、おすすめ。

 

3.花粉症にワセリン大活躍

このワセリン療法は、イギリスの国営医療サービスNHSサイトの「NHS Choices」でも紹介されています。

ワセリンの花粉症効果

1.粘膜を保護する

鼻の中に直接ワセリンを塗ることで、鼻の粘膜を保護し、花粉の接触を防ぎます。

2.花粉をキャッチし体内へ侵入させない

鼻や目に入ってくる花粉は、皮膚に当たってから入ってくることが多いので、鼻や目の周りにワセリンを塗っておくことで、花粉をキャッチして体内への侵入を防ぎます。

3.保湿効果で炎症を和らげる

花粉症の症状とは直接は関係ありませんが、鼻水などで鼻の下などが赤くなるのを防ぐ効果があります。

ワセリンの塗り方

1.鼻の中に塗る

綿棒を使い、鼻の穴から約1センチほどを目安に塗ります。
よく「たっぷり塗らないと効果なし」とありますが、大量に、かつ長期にわたって塗っていると、その成分が肺に流れ込むことによって、特殊な肺炎の原因にもなり得るという説もあります。
うすく膜を張る程度が目安です。

4.こまめに塗る

長時間塗ったままだと塗った部分が薄くなってきて効果も薄まってしまうので、3時間おきくらいで塗りなおしましょう。もし塗りなおすのが難しい場合は、朝と夜だけか、外出の際だけでも塗っておきましょう。

2.鼻の周り・目の周りに塗る

鼻の周りは、花粉の侵入を防ぐ効果と鼻のかみすぎで鼻の下が赤くなることを防ぎます(保湿効果)
目の周りは、やはり目への花粉侵入をある程度防いでくれる効果が期待できます。

 

 

ローカルハニーの真実

「地元で作られた蜂蜜には、その地域で飛散している花粉が入っていて、そのローカルハニーを一日1スプーンとることで花粉症に対する耐性をつくることができる」

これで治ったという話を聞いたので、ローカルハニーで本当に花粉症対策になるのか調べてみました。

しかし、残念ながらプラシーボ効果は期待できるものの、ローカルハニーを摂取することが花粉症の症状改善につながるという医学的証拠はない、という結果に。
原理としては間違っていないとのことですが、ローカルハニーに含まれる花粉は大きく、通常空気中に飛散している花粉とは異なるようです。

私は、ローカルハニーが好きだし地元BeeKeaperを応援したい気持ちからだいたい一日にスプーン1杯はティーにいれて飲んでいます。美味しいし、科学的証拠はどうあれ万が一花粉症に効くのであれば一石二鳥くらいの軽い気持ちで飲んでいます。

 

イギリスNHSからの花粉症アドバイスとは?


イギリス国栄医療サービスのNHSからの花粉症対策のアドバイスを紹介します。
NHSでは、花粉症の治療法はないものの、症状を和らげるとして以下の方法を紹介しています。

花粉症対策としてやるべきこと

  • 鼻の中にワセリンを塗って花粉が侵入する前にキャッチしましょう
  • ラップアラウンドサングラスで花粉が目にはいるのを防ぎましょう
  • 外出したら、シャワーで身体についた花粉を洗い流し、服を着替えましょう
  • できるだけ屋内にいましょう
  • できるだけ、窓やドアを閉めておきましょう
  • 定期的に掃除機をかけ、 湿らせた布でホコリを取り除きます
  • 車の通気口に花粉フィルターを設置し、掃除機はHEPAフィルターのものを使いましょう

わたしは毎年ワセリンを実行しています。
ラップアラウンドサングラスはちょっと私にはかっこよすぎる。普通のメガネやサングラスでもある程度防いでくれます。
販売している掃除機にはHEPAフィルターはついているものが多いので安心です。
これらは、日本でもだいたい進められている方法ですね。

やってはいけないこと

  • 草刈り、芝の上を歩く
  • 長い間、屋外ですごす
  • 家の中に生花を飾る
  • 煙のある場所にいる (症状が悪化します)
  • 屋外で服を乾かす(花粉をたくさんキャッチしています)
  • 可能なら、ペットを家の中へ(ペットが花粉を屋内へ運ぶ)

まとめ

 

イギリスでの薬をつかわない花粉症に対する療法としては、心の感情のバランスをはかり花粉時期の不快な症状を乗り切るバッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)や塩水スプレーでの鼻うがい、ホメオパシーもたくさんの種類があります。

私が実際に実行しているのが、3つの方法「ネトルティー」「アロマセラピー」「ワセリン」で実際にイギリス人からもすすめられた方法です。

 

なるべく薬を使いたくない、自然療法にしたい、という方は試してみてはいかがでしょうか?

自然療法で抑えられないとき、重要な用事があるとき、特に花粉飛来の多い日、という場合に、市販薬を頼っています。

イギリスの花粉症・アレルギーの市販薬の詳しいまとめ記事はこちらです。
イギリスで花粉症とアレルギー対策:市販薬まとめ┃毎日イギリス生活

 

自然療法で花粉症の症状を抑えて春を楽しみましょう!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント