海外で究極のご飯づくり! 「土鍋」で簡単10分ふっくらご飯の炊き方

▼面白いと思ったらシェア

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

イギリスからこんにちは。最近食べ過ぎで、体重が気になるアルノです。

海外(イギリス)の米で 「究極の美味しいご飯(白米)を食べるための方法」 をやっと発見しました。

それは、「土鍋でご飯を炊く」ことです。

一応食事作りは毎日のことですから、以下3つのポイントははずせません。

<海外炊飯生活 3つの重要ポイント>

1、手間がかからない
2、時間がかからない
3、叫びたくなるほどの美味しいご飯が炊ける

土鍋ってめんどくさくない?土鍋って時間かかりそう。いくら美味しく炊けても、毎日そんなのやってられない。

そんな土鍋のイメージがある、わたしのようなあなたに ぜひ読んでほしい今回の記事です。

イギリスの友人宅で開催された「土鍋ご飯ランチ会」。そこで体験し、友人から伝授された土鍋でご飯を炊く方法を紹介します。

土鍋炊飯に必要な5つの道具

1、炊飯用の土鍋(日本から)

土鍋でご飯を炊くには、炊飯用の土鍋を使います。

普通の土鍋はふきごぼれが起きるため、おすすめしないとのこと。また手間もかかるわりに美味しいと感じなかった、とのことでした。

炊飯用の土鍋は、吹きこぼれないよう内蓋がついています。

わたしは、炊飯用土鍋に蓋が2個あるなんて初めて知りました。
へーーー!

↓↓↓有名な炊飯用の土鍋が、伊賀窯元 長谷園の「かまどさん」1合、2合、3合、5合が揃っています。

この土鍋の良い点は、釉薬に遠赤外線効果の高いものを使っているため、お米の芯まで熱が通り、ふっくら仕上がるのだそう。また、底部分は熱をしっかり蓄え、保温性にも優れる肉厚成形仕上げ。使用されている伊賀の粗土は、木のおひつと同じように呼吸し、ごはんがべたつかない、など様々な工夫がほどこされています。
美味しいご飯への情熱が感じられる炊飯土鍋です。

2.ガスコンロ(現地購入)

キッチンに設置されているコンロが ガス  であればそのまま使えます。

もし、コンロが電気式やIHコンロだった場合、ポータブルのカセットコンロを使います。イギリスではキャンプ用品として扱われています。ガスボンベもお忘れなく。

4、蒸留器(海外購入)

私は、ペットボトルの水は買いません。そのかわりに安心、信頼のBRITAの蒸留器。
イギリス人にも人気です。特にロンドンなど硬水で石灰分が多い地域は、水をろ過することをオススメします。

安心、信頼のBRITA(ブリタ)の蒸留器(ポット)が一つあると非常に便利。
アルノ家では、ブリタフィルター付きのガラス製電気ケトルを非常に便利に使っています。

↓↓↓蒸留ポットでも十分!最初はフィルターが3つ付属したものを。

↓↓↓どうせ、電気ケトルも買わないとっていう方は、ケトルとブリタが一式になったものを検討してみてください。超便利です。こちらは、プラスティック製。

3.軽量カップ(日本から)

友人曰く、海外の軽量カップは分量がきっちり測れない。日本製を持ってくることをおすすめする、とのこと。

そういえば、アルノ家もパイレックスの軽量カップを使ってますが、めっちゃアバウト。。
私自身が大雑把な性格なので気にしてなかった。友人のアドバイスを受け、他の軽量カップも全部確認したところ、目盛りが細かくないのです。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス  計量カップ

使用中のイギリスで買った計量カップ。目盛りが大雑把!

↓↓↓これなど、素晴らしい。
誇り高い日本製大きい目盛りでストレスフリー。 耐熱で熱湯、電子レンジ、食洗機もOKです。「50ml以上は10ml単位で細かく計れる」←こういう細かい目盛りが海外の計量カップで見当たらないのです。

5、キッチンスケール(日本でも海外でも)

キッチンスケールは、海外で購入すれば十分ですが、0.1g単位で測れるものがオススメです。特にお菓子やパンをつくるとき、0.1g単位の計量が必要。

日本製ならタニタのキッチンスケール。

土鍋炊飯に必要な2つの材料

1、お米

前回の記事でも紹介しました。お米選びのポイント。

お米は、鮮度が命。
海外でお米を買うときの重要なポイントは、

●消費期限を確認してなるべく新しいものを手に入れること
●米粒が揃っていて、割れ・ヒビが少ないものを選ぶ
●保存は密閉し冷暗所で(お米は高温多湿を嫌う)

2、水

お米を研ぐ際の水は、お米が吸水しやすいため、最初の水だけ蒸留水を使うのが理想です。あとは水道水で。

浸水用の水は、なるべく蒸留水で。夏場は水温が高くなっているため、雑菌の繁殖を防ぐまためにも、なるべく冷たい水で。そして、冷たい水で炊いたほうがご飯が美味しく炊けるそうです。

友人は、冷蔵庫で冷やしていた水を浸水用に使っていました。

私は、お米浸水用の水を冷たくする工夫 を今回初めて知ったので、次回から試してみます!

土鍋でふっくらご飯の炊き方 簡単4ステップ
(炊き時間10分)

では、土鍋炊飯名人の友人によるご飯の炊き方を紹介します!

4ステップで簡単に、炊き時間10分弱の早業です。

友人がイギリスに持ってきた土鍋はこちら。

日本の自宅では「かまどさん」を使用。これはイギリス滞在用に少し価格帯の低い土鍋を日本から持ってきたそうです。十分美味しく炊けるとのことでした。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

1、お米を測ってから研ぐ(約5分)

今回は2合炊くので、1合分の計量カップにお米を すりきり2杯。

土鍋炊きご飯の材料の分量を計測によく使う cc、ml、gで記載したので、下記を参考に。

「分量はきっちり測る」ことが美味しいご飯をつくるポイントだそう!

土鍋炊きご飯の材料(1cc=1ml:米のccはそのままmlに換算できます

1合を炊くとき
米 … 1合(180cc/150g)
水 … 200cc 目安(200g)

2合を炊くとき
米 … 2合(360cc/300g)
水 … 400cc 目安(400g)

3合を炊くとき
米 … 3合(540cc/450g)
水 … 600cc 目安(400g)

お米を研ぐ目的は、「米の表面についているヌカ汚れを除くこと」。特にヌカは残留農薬が気になるので、ちゃんと落としたい。これがおいしいごはんを炊くことのポイントのひとつ。

お米の吸水は、「研いでいる時」と「米を浸水させている時」特に最初でよく水を吸収すると言われています。

そのため、こだわるなら、お米を研ぐときにつかう一番はじめの水は、浄水器のろ過した水が理想的。きれいな水を最初にたっぷり吸ってもらうイメージです。

私の炊飯器は早炊きでも30分かかるため、急ぐときは浸水に熱湯を使う場合がありました。しかしお湯の場合、吸収スピードが速くなりすぎてお米が割れやすくなるのだそう。やめておいたほうがいいですね!反省。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

使用したのは、イタリア産コシヒカリの「ゆめにしき」

最初の水(蒸留水)をお米にいれたら、底から軽く2〜3回混ぜ、すぐに水を捨てます。ゆっくりしていて「ヌカの臭い」まで米が吸ってしまうのを防ぐためです。

次の水は水道水で。手をふんわり握るような手つきで20回ほど力をいれずに研ぎます。力を入れすぎると、米が割れる原因になるので注意。

合計3回程度の水の入れ替えで、お米にうっすら透明度がでていれば終了です。

【お米の計量と研ぐ時の 4つのポイント】

1、 お米・水の計量は正確に!

2、 米を研ぐ目的は、ヌカや汚れを取り除くこと。ヌカには残留農薬が残っている可能性があるため、しっかり研ぐ

3、 最初に使う水は、蒸留したきれいな水が理想的→すぐ水を捨てる

4、 お米にうっすら透明度がでたら終了

2、お米を浸水させる(約30分)

浸水時間の目安として、「夏場は30分・冬場は1時間」と言われています。これは水温や室内の温度などによってお米の浸水度合いが変わるためです。

友人は、お米に吸水させる水をあらかじめ冷蔵庫で冷やしていました。
浸水用の水も、蒸留水が理想的です。

お米2合なので、きっちり400ml測り、その後30分浸水させます。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス 水 計量 浸水


お米の浸水の2つのポイント

1、 冷たい水で浸水したほうが美味しく炊ける(友人談)

2、 浸水は30分を目安に

3、お米を炊く(約10分)

友人宅は、キッチン備え付けコンロが電気式だったため、ポータブルガスコンロを使っていました。イギリスのキャンプ用品店で購入したとのことでした。

イザ!火をつけます。(中火~強火)

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

グツグツグツッ!と音が鳴り出し、鍋フタにブクブク泡(下の写真参照)が少し見えていたら終了の合図です。
火を止めます。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

今回は7分ほどで出来上がりでした。

まじですか!!??
私の炊飯器(日本から持参)は、普通炊きで1時間かかるんですよ!
これは驚異的な早業です。

【お米を炊く、3つのポイント】

1、炊飯用の土鍋を使う

2、 ガス火で 中火~強火で炊く

3、「ブクブクブクッ!と言う音と、蓋のふちにブクブクと泡が立っていたら炊きあがりのサイン。火を止める

4、お米を蒸らす(約10分)

ガスの火を止めたら、そのまま10分放置して蒸らします。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス
出来上がり!

ツヤっと光ってます。写真ではわかりにくい。
ほぐしてみます。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス

いやー、、べっちゃっとしてない。ほんわりしてます。
期待が高まるビジュアル。

いよいよ土鍋ランチ会の開催です!

土鍋ランチ会はじまり、はじまり!

今回集まったのは、イギリス在住の日本人主婦4名。

週に一度の英会話教室などで顔を合わせる気さくな間柄です。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス ランチ会

土鍋ご飯を味わうことが最大の目的だったため、持ち寄ったおかずもシンプルに。サラダや塩焼き手羽先。デザートなど。

土鍋炊き名人の友人は、ワカメと豆腐のお味噌汁に、白身魚の麹漬けホイル焼き、ホーレン草のピーナッツ和えなどたくさん用意してくれていました!

ご飯をよそうだけで、感動的。
ツヤっとしていて、ふっくら!

つやつやしていてお米の一粒一粒がはっきりしています。透き通っている感じ。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス ランチ会

日本の和の食卓って感じじゃないですか?塩麹ホイル焼きのお魚が写っていないのが残念。

イギリス南西部のデボンの昼間ですよ。
感動です!

みんなワイワイ言いながら、ご飯を一口食べてみました。

「美味しい!!」

私の土鍋ご飯の感想は「米の一粒一粒がもっちりしていて、凝縮した甘みを感じる」

うわー!!

わたしは自宅で同じ米(夢にしき)を炊いていましたが、どうしてもべっちゃっとなってしまっていたんです。ぜんぜん違うお米みたいです。

日本からわざわざ持ち帰った炊飯器で炊いてたんですよ?

お米の炊き比べもしてみた

今回集まった友人がいつも購入しているという、Yutaka(ユタカ)の「SUSHI RICE」。こちらも炊いてみて、お米の炊き比べをすることにしました。

これは、イギリスの多くの大手スーパーSainsburys や Tescoが扱うお米です。金額は、500gで約2ポンド前後。

私は初めて挑戦するお米です。わくわく。

2回めの炊飯をしました。
炊飯土鍋だと10分で炊けるので、ランチの間に2回炊いても時間に余裕があります。

あれ!?夢にしきよりツヤっとしてる??

食べてみると、夢にしきより甘みが強く米の旨味が口いっぱいに広がります。

私の予想では、コシヒカリと堂々と表示されている夢にしきのほうが美味しいのでは、と思ったので、びっくりな結果。

満場一致(4人だけですが)で、こちらのお米に軍配があがりました。

友人の推測によると、「夢にしきは開封から時間もたっているし、新米ではない。Yutakaのスシライスは、真空パックになっていて、こちらのほうが鮮度が保たれていた。」よって、鮮度の高いYutakaの米のほうが美味しかったのではないか、ということでした。

いやーーー、お米の鮮度、重要ですね!

アルノ的まとめ

いかがでしたか?

お米を研ぐ(5分)→ 浸水させる(30分)→ 炊く(10分)→ 蒸らす(10分)

お米を準備してから出来上がるまで55分です。炊いている時間はたったの10分。

私は日本から炊飯器を持ってきていますが、炊く時間が1時間なので前後の時間を合わせると、1時間45分もかかっていることになります。それに比べると、炊飯土鍋で炊く方法は圧倒的に早い。しかも炊飯器で炊くより、米粒ひと粒ずつがもっちりつややかに出来上がりました。

この炊飯土鍋で炊く方法は、ガス火さえ用意できれば美味しいご飯がどこででも食べられます。変圧器も必要なし、しかも時短!海外在住者のわたしにとっては、究極のご飯づくり発見となりました。

がんばるところは、「炊飯用土鍋を日本から持ってくる」と「ガスコンロの用意」この2つですね。

まさか海外で、土鍋ご飯にありつけるとは思っていなかったので、今回の土鍋ご飯ランチ会を開いてくれた友人に感謝です。

海外生活、美味しいご飯のための その他参考記事はこちら。

▶▶▶「海外で美味しいご飯(白米)にありつけない4つの理由と、その対処法!

以前の記事で、日本の炊飯器を持ってくることを推奨する記事を書いています。
こちらの記事は訂正しました。

▶▶▶「海外生活、日本から持ってくるオススメのモノ!総まとめ②(家電編)

さて、海外で美味しいご飯を炊く究極の方法が見つかったので、あとは炊飯用土鍋を日本から持ち帰るだけです。ガスコンロはすでに持っています。

今年の夏が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ