イギリス人の定番の朝食は何か?トップ7!

▼面白いと思ったらシェア

トースト パン 朝食
イギリスからこんにちは。イギリス在住アルノ(@ecerydayuk)です。

唐突ですか、イギリス人の朝食、気になりませんか?

イギリスの朝食といえば、伝統的で有名な「イングリッシュ・ブレックファースト(English Breakfast)」(トースト+スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン、ベイクドビーンズ、焼きトマト、焼きマッシュルームなどのワンプレート料理)がありますが、一般的には朝からそんな手間がかかり、こってりしたものを食べていません。

彼らは何を朝食に食べているのか??

まわりのイギリス人たちに聞いたことがあります。日本の朝食の風景のように、ご飯でもパンでもスープや卵、ベーコンを焼いたり、サラダをつくったり、、など栄養バランスを考えた朝食をとっているイギリス人は皆無でした。ちょっと変わったところでスムージー。コーヒー、ティーだけという人も多い。

しかし、なんといっても、一番多かったのは「トーストした食パンに【何か】をつけて食べる」といういもの。

トーストしたパンにイギリス人たちは一体何をつけて朝食としているのか?調査された記事があったので紹介します。

イギリス人の定番の朝食は何か?トップ7!
彼らは一体パンに何をつけているのか?

第1位│バター(Butter):28%

バター トースト

やっぱり?

私にとっては、「やっぱり?」な結果!
老人ケアホームでボランティアしていますが、参加者のお年寄りたちが到着すると、朝食として、トーストした食パンに、施設で用意したジャムなどをつけて提供します。ほぼ全員の選択が「バター」その上から「オレンジマーマレード」。誰もかれもが毎回毎回同じなんです。
バターは「これでもかっ!!」というくらい塗らないと、クレームが来ます。イギリスではオーガニックのものや濃厚なハンドメイドバターが簡単に手にはいります。たしかに美味しいですよね。

これは納得です。

第2位│マーマレイド(Mamalade):15%

 マーマレイド パン 朝食

はいこれも、やっぱり!こちらも納得の結果です。マーマレイドもたっぷりつけましょう。甘みと苦味が絶妙です。イギリス人は、マーマレイドもよく手作りしています。

毎年1月中旬ごろから、スペイン、セヴィル産のセヴィル・オレンジ(Seville Orange) がスーパーに並び始め、この小ぶりのオレンジを使って手作りマーマレイドを作ります。

このオレンジは、そのまま食べてもあまり美味しいものではなく、種が多く、皮の苦みが強く、果汁も酸味が強い事で知られています。それがそのままイギリスの苦味の強いマーマレイドの風味を作り上げます。(例えばアメリカのマーマレイドはイギリスのものと比べてかなり甘みが強いのです。)

マーマレイドの起源は、スコットランドのケイラー一家と言われています。1700年代に、スコットランドのダンディーという小さな町の海岸に大量のセヴィル・オレンジを積んだスペイン船遭難し、売り物にならなくなったこのオレンジを、ジェイムズ・ケイラーが、二束三文で全部買い取り、このオレンジからジャムを作った。それが現在のマーマレイドにつながります。

マーマレイドの特徴として、オレンジの皮が入っていますが、これもケイラーの妻ジャネットが、それまでのオレンジの実と汁だけを煮詰めるジャムでなく、皮を捨てるのがもったいない、と皮を厚切りにして刻んで使ったことが起源とされています。

ジェイムズ・ケイラーは、1797年に(James Keiller and Son社)からこのマーマレードを作り始め、ダンディーのマーマレードをイギリス国内ばかりか、世界中に広めました。

しかし、この会社は今では残っておらず、現在は、昔らのダンディー・マーマレイド製法をダンディーの町で唯一引き継いて作っているのが「マッカイ(Mackays)」社のマーマレイドだそうです。一度お試しあれ!

今まで私がつくったマーマレイドでは、英国日本大使館の「夏みかんマーマレイド」レシピが美味しくできました。おすすめです。(苦味の立つイギリスらしいマーマレイドを作るなら、酸味が強く皮の苦味がある夏みかんなどを使ってください)

Cpicon 夏みかんマーマレード by 英国大使館

第3位│ジャム(Jum):14%

ジャム イギリス スーパー
イギリスのスーパー、ジャムコーナーの充実ぶりはすごい!
いちご(Stauberry)、ブラックカラント(Blackcurrant/カシス)、チェリー(Cherries)、アプリコット(Apricot)、ピーチ(Peach)、ラズベリー(Raspberry)、ブルーベリー(Blueberry)、プラム(Plum)、フィグ(Fig)、ルバーブ(Rhubarb)、グースベリー(Gooseberry/スグリ)、しょうが(Ginger)、、、、!
また、オーガニックや砂糖控えめ、それぞれの材料をミックスさせたものもあり、種類には際限がありません。

また、イギリスでジャムをハンドメイドしてる家庭もとても多く、それぞれの家の秘伝レシピなるものが存在しています。簡単なんですけどね。

さらに、英国王室御用達の高級ジャムメーカーとして有名なウィルキン&サンズ社(Wilkin&Suns)。ジャムブランド「Tiptree(チップトリー)」はイギリスのスーパーで手にはいります。ここのジャムは甘すぎず、人工着色料や防腐剤などを使っていないので、家族で安心して食べています。



第4位│マーマイト(Marmite):10%

Marmite マーマイト

イギリス人から愛されているマーマイト!
イギリス人のソウルフードとも言われています。

味はかなり塩辛く、野菜を煮詰めて煮詰めて、、、カラメルにしたような、、こげ茶色のドロリとしたペーストです。これは、イギリスでも好き嫌いがはっきりわかれる不思議な食べ物。

製法は、ビールの醸造過程で増殖して最後に沈殿堆積した酵母から作られ、ビタミンBを多く含むことから栄養補助食品として扱われることもあります。

案外、日本人に好きな人が多いのも不思議。私は好きですが、買ってまでは食べません。
私の日本人の友人夫婦は、トーストしたパンにたっぷりバターを塗り、その上からマーマイトをかけて食べるのが最高!と言っていました。

第5位│たまご(Eggs):7%

たまご トースト エッグ

イギリス人でも朝から卵調理をする人がいるんですね!

そういえば、私が昔お世話になったハウスシェアの大家さんは、毎朝目玉焼きを作りトーストオンして食べていました。

参考に、イギリスのカフェのブレックファーストメニューや家庭の食卓でもよく耳にする玉子調理法を紹介します。

【ボイルドエッグ(Boiled Egg)】:ゆで卵

【フライドエッグ( fried eggs)】目玉焼きのこと。片面焼きはサニーサイドアップ、両面焼きはターンオーバー

【スクランブルドエッグ(scrambled eggs)】:とろっとし半熟状の炒り卵

【ポーチドエッグ(Poached Egg)】:落とし卵

【エッグベネディクト(Eggs Benedict)】:イングリッシュマフィンを半分に切り、トーストした上にポーチドエッグ、ハムやベーコン、オランデソースをのせたもの。スモークサーモンをのせたサーモンベネディクトも人気

【エッグ&ソルジャー(Egg&Soldiers)】細長く切ったトースト(兵隊にみたてる)とスタンドにのせた半熟のゆで卵。ゆで卵の頭の部分をスプーンでコツコツっと割ったあと、トーストにつけて食べます。子供がよろこぶイギリスならではの食べ方

【オムレット(Omelette)】:オムレツ。プレーンまたはチーズやハムなどをいれたりする

第6位│ピーナッツバター(Pianut Butter):5%

ピーナツバター

ピーナッツバター、これは意外です。

ピーナッツバターより、ヌテラ(Nutera)というヘーゼルナッツのチョコレートスプレッドを塗っている人のほうが多いと思い込んでいました。

しかし、イギリスのスーパーで確認すると、驚きの結果が!

一般的なピーナッツバターも種類が多く、さらにチョコ風味、ココナッツと合わせたもの、スムースなタイプ、粒が入ったもの、カシューナッツやヘーゼルナッツなど他のナッツと合わせたもの、かぼちゃと合わせたもの、など味のバラエティも豊富!

今まで、私自身がピーナッツバターに魅力を感じていなかったので、知らなかっただけだったんですね。一番惹かれたのは粒がゴロゴロはいったオーガニックのピーナッツバターでした。

今度トライしてみます。



第7位│何もつけない(Nothing):1%

トースト 直職

そのままですか!?

イギリス人らしい選択といえば、そうでしょう。塗る時間あったら別のことするわ、みたいな感じですか?それともパンそのものを味わっている可能性もあります。

一般的に販売されているスーパーのパンはパサパサ感とした粉感が強く、私は苦手です。しかし、スーパーの一般的な味気ないパンとは逆に非常に手の込んだ製法の噛むほど深い味わいのあるパンも手にはいります。

どちらを選ぶかは自分次第ですね。

第7位│レモンカード(Lemon curd):1%

レモンカード レモンバター

レモンカードって日本ではあまり馴染みがないのでは?

イギリスが発祥で、レモン果汁とバター、シュガーとたまごを湯煎にかけてゆっくりとペースト状にしたものです。レモンバターとも言います。
味は、レモン風味で甘酸っぱく、コクがある黄色いねっとりとしたクリームです。

イギリスでは手作りでレモンバターを作っている人もたしかに多い。
まだなかなか日本で手にはいらないレモンカード、興味のある方は、レシピも簡単なのでぜひ作ってみてください。

下記のクックパッド【☆栄養士のれしぴ☆】さんのレモンカードがつくれぽも多く、作り方もシンプルでおすすめです。

Cpicon ☆レモンカード☆〜Lemon Curd〜 by ☆栄養士のれしぴ☆

第7位│アボカド(Avocado):1%

アボカドトースト

え?アボカドですか?
どこのおしゃれさんですか?

そういえば、、確かにカフェのブレックファーストメニューで、アボガドトースト、見かけます。エッグベネディクトに添えられているアボガトもおしゃれ。

イギリス人ってアボガド好きですよね。これは確かに美味しそうなので、私もトーストオンしてみようと思います!

まとめ

この記事は、Waitroseのウィークリー新聞で見かけたサーベイ調査「Spread the Joy」から紹介しました。

イギリス人の朝食、一体何を食べているのか?常日頃興味があったので、納得の結果もあり、意外な結果もあり、大変興味深い記事でした。

7位からは、何もつけない、レモンバター、アボガドが同率となっています。

調査結果では、さらに食パンをトーストして上に何かをつけて食べているイギリス人約80%に対して、ポリッジ(オートミール)やグラノーラ、コーンフレークなどのシリアルなどを食べる人が14%もいるという結果もでていました。

確かにイギリスはシリアルの種類も豊富です。
ベジタリアンの友人は、グラノーラをオーツやナッツ類、ドライフルーツで手作りしています。こんなヘルシー思考の人も多いのがイギリスならではです。

これからは、今までと違った朝食をとってみようかな。わたしは今回の記事でアボガドトーストが一番気になりました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
朝食は一日の始まり!美味しくいただきましょう。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ