超個人的イギリスの食べ物ランキング10!英国料理は本当にヤバイのか?!

食べ物


イギリスの食べ物、料理はまずいのか?

ヨーロッパ大陸の美食大国、フランスとイタリアに対し、イギリス人の食への優先順位はあきらかに低いと言われるイギリス。世界で最もまずいといわれるイギリス料理。

今回は、「とりあえず、イギリスに来たら食べておいたほうがよろしかろう、イギリス料理(?)」を独断と偏見によりランキング形式で紹介します。

果たして本当にイギリス料理は、ヤバイのか!?

イギリスへ来るなら、以下の料理は(たぶん)マストで食すべし!?

10位.イギリス流スシ

 

イギリス、特にロンドンを始めとする都市部ではスシのテイクアウェイショップ、日本食レストランが軒を連ねています。

日本人が経営する本格和食店は、本当に日本の味に飢えたら行ってみましょう。

ここで紹介したいのは、イギリス人の好みに成長したイギリス流巻きスシです。
オーナーは韓国人だったり、イギリス人だったり、中国人だったりします。

「カリフォルニアロール」は当たり前、「ドラゴンロール」に「キャタピラロール」、「スパイダーロール」、「チキンアボガドロール」に「サーモンてりやきロール」、「スパイシーロール」、なんでも具材にしちゃって、いろんな名前をつけちゃってます。

そして、ベジタリアンやブラウンライス(玄米)を選べるのもイギリス流。
イギリスへ来たら、ぜひ食べてみてください。新しい味に出会えるかもしれません。

 

Sushi
ブリティッシュ巻きずし
各地スシレストラン、スシテイクアウェイショップ(有名店: Yo!sushi、It’s、Wasabi、Japan center)

 

9位.バンガーズ&マッシュ

人気のあるイギリスのパブ料理のひとつ。

皿にまずマッシュ・ポテトをこんもり、その上にこんがり焼いたソーセージ。さらに上からグレービーソースをかけたも料理です。写真のように、グリーンピースも添えられたものが定番。

うん、わたしは絶対オーダーしません。

ソーセージは、「真っ黒やんっつ!」っていいたくなるほど、焼いています。。
しかし、イギリス人の友人と日本人の友人は、おすすめしてきます。このとおり、わたしがいくら拒否しようと、まわりに美味しいと言う人々がいるのでランキング入りです。

 

Bangers and Mash
ブリティッシュ・フード
パブの定番メニュー

6位.ステーキ アンド キドニーパイ

 

 

イギリスが生み出した 腎臓(牛、ラム、豚が多い)と牛角切り肉がはいったパイ。
味付けは、いつものグレービーソース。他にマッシュルームや人参など野菜がはいっています。

キドニー(腎臓)と言えば日本では「マメ」とよばれる部位。あまり料理としてみかけませんよね。
キドニーがそら豆の方にそっくりなことから「マメ」とよばれています。

このキドニーは尿をつくる器官で泌尿器系臓器です。なので、非常に臭いっ。。。
このなんともいえない臭さが イギリス人をとりこにするんでしょうか?

いい点といえば、ビタミン・鉄は豊富に含まれていること。

わたしは、うっかり食べてしまったことがありますが、思わず「まずっ!」と言ってしまいました。
トライあるのみ!

 

Steak and kidney pie
ブリティッシュフード
パブ・レストランで遭遇できる

 

8位.コーニッシュ・パスティ

 

 

イギリスのコーンウォール発祥の 具がたっぶり詰まったベイストリー。

牛肉、ポテト、タマネギを具としたものを中心に、今ではいろんなタイプがあります。
南米料理のエンパナダに似てますね。

パスティの起源説はいろいろありますが、一般的には鉱業が盛んだったコーンウォール発祥といわれています。スズ鉱山で働く鉱員たちのランチで、食べ方としては、すすや泥で汚れた手にとってもいいように、パイストリーは分厚く、中の具材や汚れていない部分を食べていたとのこと。また、分厚い皮は中の具材の保温の役目もはたし、持ち運ぶとカイロみたいだったようです。

ナイスアイデア!

今では全国規模での人気料理。ロンドンでも駅を中心に専門チェーン店が増えています。もちろんデボンにもあります。

これ、案外美味しいんです。
まわりのペイストリーが分厚くてわたしは全部食べきれませんが、中の具材はしっかり味付けされていてなかなかいけます。

お安いし、一度たべてみる価値はあり!

 

Cornish Pasty
ブリティッシュフード
パスティ専門店(Cornish Pasty Shop)、ベーカリー。バスティ専門店がおすすめ

 

 

6位.シェパーズ・パイ&コテージパイ

 

シェパーズパイにコテージパイ、わたしが唯一家庭でつくるイギリス料理です。

基本的には、牛肉、ラム肉のどちらかを使うかで名称が異なります。

シェパーズ・バイ: ラム肉
コテージ・パイ:牛肉

もともとは、ビーフやラムのローストで残った肉を細かく切ってレシピに使われていたようです。
パイという言葉にまどわされますが、パイ生地はまったく使われず、肉と人参やビースなどの野菜類の具材の上からたっぷりのマッシュポテトをかけ、オーブンで焼いた料理。

わたしはオーストラリアのホームステイ先で初めて食べ、イギリスに来てからは冬になると月に2回ほどはつくる定番料理。

これは、案外いけます。

私のレシピは、英国大使館のレシピで作っています。日本でも簡単に手に入る食材で簡単に!

シェパーズパイ by 英国大使館
パブランチの定番。ラムのローストで残った肉を細かく切って使うのがもともとのレシピです。(by 英国大使館総料理長)
Cottage Pie
Shepherd’s Pie
ブリティッシュ・フード
パブ、レストラン

 

 

5位.カレー(ブリティッシュ)

Embed from Getty Images

イギリス人はカレーが大好きです!
イギリスには本格的なカレーレストランが多く、日本人も100%満足できる味を堪能できます。

インドがコロニー(植民地)だった時代からインド人とともにインドカレーがやってきました。現在ではインド、バングラデシュ、パキスタンなどの本格的なインディアン系レストランが各地に存在します。

わたしがおすすめしたいのは、イギリス生まれのオリジナルカレー2種!チキン・ティッカ・マサラとバルチです。イギリスのスーパーのレンジでチンコーナーにもあるほど浸透している ブリティッシュ・カレーなのです。

Chicken tikka masala(チキン・ティッカ・マサラ)
チキンティッカ(ヨーグルトと香辛料で味付けしたチキン)をマサラソース(香辛料とトマトとクリームのソース)で煮込んだクリーミーでマイルドなカレー。大人気!


Balti(バルチ)

バーミンガム発祥のカレー。このカレーの特徴は中華なべっぽい鉄なべでサービスされること。
バーミンガムではバルチ料理のレストランは、「バルチ・ハウス」と呼ばれ、人気です。味は、基本マイルド。

 

Indian Curry

インディアン・カレー
インディアンレストラン

 

4位.サンデー・ロースト

 

日曜日のローストディナー!ディナーといいつつ、ランチですよ~。

 伝統的には日曜日にパブで食べますが、多くの場所でいつでも食べられるメニューです。
イギリスのパブ料理の定番で、基本的にカーベリーSunday Roast Carvery)で提供されています。

牛肉、豚肉、ラム、鶏胸肉などのロースト肉から自分の好みを選び、付け合せにポテト(フライやマッシュなど)、人参やグリーンピースなどのくたくたのゆで野菜にグレービーソースをたっぷりかけたメニュー。

忘れてはいけない、ヨークシャー・プディング! プディングといいながら、ふわふわの円形状のパイです。これにグレービーソースをつけて食べます。

わたしも たまに遠出した先のパブでサンデーローストを注文します。
店選びを間違えなければ、美味しいローストにありつける可能性はあります!トライ!

 

 

Sunday Roast
ブリティッシュ・フード
パブの日曜ランチメニュー定番

 

3位.イングリッシュ・ブレックファースト

イギリスに来たら、これを食べねば話のネタになりません 

フル・イングリッシュブレックファースト」と呼ばれるものは、ベーコン、ソーセージ、ベイクドビーンズ、ブラックプディング(血のソーセージ)、焼きトマト、ハッシュブラウン、マシュルーム、卵(目玉焼きかオムレツ)、これにトーストがついたセットです。(お店によって違う)

わたしはイギリスツアー旅行の際に初めてこれをホテルで食べました。

1日目「ふーん。普通だな」
2日目「え?ホテル変わったのに、また同じ朝食メニュー?」
3日目「ええ?またホテル違うのに同じメニュー!?もう食べられない。ヨーグルト食べよう」
4日目「はいはい、違うホテルなのに同じね。今日はコーンフレークでいいや」

ってな感じでしたね。。

当時は「旅=その土地の美食が味わえる」と思っていたので、かなりの衝撃でした。

イギリスに移住してからは、たまにカフェなどでいただきます。

美味しいかって??

「限りなく普通に近いイギリス人の美食メニュー」とでも言っておきましょう。

 

English breakfast
ブリティッシュフード
カフェ、レストラン、B&B、ホテル

2位.フィシュ&チップス

 

でた!フィッシュアンドチップス!!
おそらく世界中で最も有名で、もっとも人気がある英国料理です。

メニューで魚を選ぶのに困ったら、迷わず定番のコッド(Cod/タラ)をチョイス。
他にハドック(Haddock/タラ科)、プレース(plaice/ヨーロッパツノガレイ)が人気があります。

魚の衣は、小麦粉を卵や水で溶いたもので、フリッターや沖縄風てんぷら粉に似ています。チップスとは、フライドポテトのこと。

 

[追記]
フィッシュ&チップスで一番重要なのは、カリっとしたBattered Fish (バタード・フィッシュ)
をつくるための」!小麦粉、卵、水のほか、伝統的に生地に色合いを付けるための少量の重曹と酢、また苦みとカリッとした食感を加えるためにビール(エール)を加えたり、とお店やつくりてによってレシピにバラエティがあります。

レストランではタルタルソースやレモンが添えられていたりしますが、テイクアウト店では フライドポテトの上に揚げた魚をのせ、上にモルトビネガーをかけ、紙袋で包まれたものが渡されます(箱などに入れる店もある)

の鮮度との鮮度、衣が非常に大事!どうせなら、イギリスで美味しいフィッシュアンドチップスを食べてみてください!

幸い私の住むデボンは港町や漁場が多く、新鮮で美味しいフィッシュアンドチップスにありつくことができます。個人的にはタラよりふんわりしたプレースが好きです。

ロンドンも美味しい店はたくさんありますね。

 

Fish and Chips
ブリティッシュフード
コッド(タラ)がメイン。他Place(ヒラメ)
フィッシュアンドチップス専門店、パブ、レストラン

1位.アフタヌーン・ティー

 

堂々一位は、料理ではありません!

イギリスが唯一世界に誇れる「イングリッシュ・アフタヌーン・ティー」です!!

だって、、、イギリス料理は本当の意味で美味しいとは言えないんですもの。。

まだあたたかいスコーン、フレッシュなクロテッド・クリームとジャムを添えて食べる幸せ。
ティーもイギリスでは美味しい銘柄が多し。サンドイッチさえ美味しく味わえる、アフタヌーン・ティーはイギリスへやってくる世界中の人におすすめできる 拡張高いイギリスメニューです。

正式なアフタヌーンティーを食べる方法はこちらで確認ください。

これぞ英国式!アフタヌーンティーの正式マナー(食べ方)
先日、友人の声掛けでアフタヌーンティー会に参加してきたアルノです。 友人2人によるスコーンの作り方レッスンもあり、焼き立てスコーンに友人達がもちよったスィーツやセイボリーで豪華なアフタヌーンティー会となりました。 イギリスに住んでいるか...

 

Afternoon Tea
ブリティッシュフード
ホテル、カフェ、レストラン
 
 

まとめ

 

以上、超個人的にアルノが選んだ「イギリスの食べ物ランキング10」を紹介しました。

英国料理はヤバイのか?!

・・・正直ヤバイですね!!

なにしろ、書いていてぜんぜんワクワクしない。。
写真もがんばってキレイで美味しそうなものを厳選しましたが、実物は茶色一色のものが多いのです。

いやいや、イギリスにも確かに美味しいものは存在します。
しかし、それは素朴な食材であったり、丁寧につくられた農家のオーガニック製品だったりします。

伝統的料理は、、、絶望的ですね。


いやいや、「イギリスにだって美味しい料理がある」、とか「おすすめはこれ!」とかの記事をよく見かけますが、日本人に対してそんなこと言っていいのか、、、とアルノ的にはナシです。

しかし、世界中の食文化が集まる他民族文化の町、ロンドンなら美味しいレストラン、美味しいテイクアウト、センスあふれるカフェ、めずらしい食にありつけます。得てして高額ですが。

今回、他にも候補にあげた料理は、、、ケバブにハンバーガー、スープオブ・ザ・デイ、サンドイッチだったりします。

ケバブはイギリス各地にテイクアウェイショップがあり、油っぽいのを覚悟して挑めば味もそこそこ。
ハンバーガーは、どこのパブにもあるイギリス人大好きメニューだし、サンドイッチやスープは美味しいものをつくっているカフェもたくさんあります。

しかし、、日本人の私が思うに、、しょせん軽食ですから!(大汗)

私の個人的トップに輝いたアフタヌーンティーは、料理とはいえませんが、ボリュームがありティーとスィーツのバランスも絶妙で、雰囲気や味をふくめ満足感があります。これでランチをすませる日本人もたくさんいるのです。

でも、、、

せっかくイギリスに来たのだもの!
たとえまずくても!ぜんぜん見た目が美しくなくても!これらの料理を食すことは旅のよい思い出になります。覚悟の上で挑みましょう。

あなたのイギリス旅行が楽しいものになりますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

 
 

コメント