イギリスなんでもランキング

アフタヌーンティーのお供に!英国の美味しい伝統菓子【ランキング10】

イギリスの美味しいお菓子って何だろう? イギリスのお菓子のおすすめが知りたいな

「イギリス料理はまずい」だの「イギリスのお菓子は信用ならん」だの イギリスの料理については、 ダークな噂がつきものです。

この記事ではイギリス在住10年になるわたしが納得した「美味しくて、誰にでもおすすめできるイギリスのお菓子」をランキング形式にして紹介します。

この記事で紹介する10種類の英国菓子は、わたし自身が実際にカフェやレストランんでオーダーしたり、自宅でつくっている「本当に美味しいと思っている おすすめの英国菓子」ですので、ご安心ください。

「イギリスのお菓子づくりに挑戦しようかな」、「イギリスのお菓子ってどんなものがあるのかな?)と思っている方は、ぜひ参考にしていください。

 

No.1 アフタヌーンティーになくてはならない定番:スコーン

スコーン(Scaones)は、イギリス人が愛してやまない アフタヌーンティー定番 のスィーツ。

納得スコーンには腹割れがあり、ここからさっくりと2つに割って、それぞれにクロテッドクリームとベリー系のジャムをたっぷり塗ってパクリ。

まだ温かいスコーンの上で濃厚クロテッドクリームがとろ~り溶けて、至福の時間。

スコーンとともに飲みたい 美味しい紅茶はこの記事でまとめています。

» 【世界的人気】紅茶ブランド ランキング10選

No.2 ヴィーガン御用達:キャロットケーキ

キャロットケーキ(Carrot Cake)は、スポンジ生地に 人参 のすり下ろし(みじん切り)をたっぷりいれて焼き上げているイギリスの定番ケーキ。

中世時代から続く伝統菓子で、上にたっぷりのマスカルポーネやヨーグルトアイシングをのっけたり、くるみが入っていたりします。

英国に多いヴィーガン民もこのケーキが大好物!

No.3 爽やか一番:レモン・ドリズル・ケーキ

レモンドリズルケーキ(Lemon Drizzle cake)は、レモンスポンジケーキの上からアイシングをドリズル(霧雨)みたく垂れ流してキメた パウンドケーキ。

簡単レシピなので家庭でつくるイギリス人も多い。

これは日本人にもファンの多いケーキ。

No.4 かんたんなのに豪華に見えるお得なケーキ:トライフル

トライフル、きみはパフェなの?ケーキなの?

そんなトライフル(Trifle)は、16世紀ごろから続く英国の伝統的な 冷製 デザート。

基本的なトライフルは、スポンジ→カスタード→ゼリー→ホイップクリーム→いちごの層でできてます。

重ねていくだけで超かんたんなのに豪華に見えるので 夏のパーティデザートでよく見かけます。

No.5 季節のフルーツたっぷり!:アップル・クランブル

アップル・クランブル(Apple crumble)は、これまた『きみはケーキなの?』とつぶやいてしまう、素朴な家庭菓子。

アップル以外にもブルーベリーやルバーブなど季節のフルーツを使います。フルーツの上から小麦粉とバターでつくったクランブルを ワサッ とふりかけて、オーブンで焼いたケーキ。

クラングルのサクサクとフルーツのさっぱり感がマッチして美味しい。英国菓子にしては甘さ控えめなところもグッド!

No.6 健康おやつと感違いする英国の親:フラップ・ジャック

イギリスの子どもたちが大好きなスィーツが、フラップジャック(Flapjack)。

基本オーツ麦とゴールデンシロップでつくられている「ザクザク」した食感が特徴のスティック型のケーキ。

ドライフルーツやシード、フルーツがはいっているものもポピュラーで、アイシングのせ、チョコのせ、など進化形がたくさんあります。

かなり甘い菓子だけど、英国の親からは「健康おやつ」という扱いです。

No.7 上流階級の仲間入り?:イートン・メス

イートン・メス(Eton mess)は、メレンゲ・いちご・生クリームで作る 冷製デザートです。

上流階級の子息ご用達の市立学校、イートン校VSハーロー校のクリケット対抗戦で代々供されてきた菓子ということで有名。

簡単につくれるので、春から夏にかけいちごが出回る季節にわたしもよく作ります。

食べるときにはメレンゲが溶けて、ぐちゃぐちゃにして食べます。大好き!

No.8 くせになる不気味なクリスマスケーキ:クリスマス・プティング

クリスマス・プディング(Christmas pudding)は、英国の伝統的なクリスマスデザートです。

ドライフルーツたっぷりのミンスミート、ナッツ、それにシナモンなどのスパイス類を入れ、1日寝かしたあとさらに 蒸している のが特徴。

食べる直前にブランデーで「ファイヤー!!」(フランベ)するのがイギリスのクリスマスパーティの醍醐味。

しかし、、

最初は 黒々プリッとしたお椀型の物体を前に『まじで?』とびっくりしました。しかし食べ慣れると クセになる美味しさ。

カスタードクリームやクリームの海に横たえて食べます。イギリス人よ!

No.9 パッサパサのスポンジのダメージは紅茶で潤す:ビクトリア・ケーキ

ビクトリアスポンジケーキ(Victoria sponge cake)は、ビクトリアケーキ や ビクトリアスポンジ などとも呼ばれる英国の定番ケーキ。

丸いケーキ型で焼いたスポンジケーキをそのまんま横にカットし、ジャムやバタークリームをサンド。

『昔の少女マンガにでてくるケーキみたい』これが私の第一印象。

重くて粗いスポンジによって口の中の水分がぜんぶなくなります。

『なんだこれ?』と思うなかれ。ミルクティーと一緒に食べるととっても美味しい!

No.10 ホロホロくずれる食感がたまらない:ショートブレッド

ショートブレッド(shortbread)は、スコットランドの伝統菓子です。

ホロホロした口当たりとサクサクした食感が特徴。

ウォーカー社のショートブレッドがイギリスお土産の定番ですよね。美味しい。

まとめ

以上、『イギリス在住歴13年のわたしが愛する英国のお菓子【ランキング10】』を紹介しました。

イギリスのお菓子って、見た目もレシピも 実にワイルド!

材料をざっくり混ぜて焼くだけ、重ねるだけ、クリームの海に突入するだけ、などと家庭で作れるお菓子としておすすめです。

わたしはキャロットケーキやイートンメスを中心に、この記事で紹介したお菓子はすべて作ったことがあります。

英国の伝統菓子は、子供でもかんたんに作れるお菓子が多いです。英国菓子は家庭で気軽にトライできるのがその魅力。

おすすめレシピ本は、予約がなかなか取れないお菓子教室「Mornington Crescent』のこの一冊。『イギリスのお菓子って美味しいんだ』が実感できます。

その他イギリスのお菓子30種類は、この記事でまとめています。

» イギリスの伝統菓子図鑑│32品目

» 「みんなのランキング:イギリスのお菓子ランキング」にも執筆しています。

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
イギリス在住10年のブロガー│英国暮らしで感じた おもしろいこと、楽しいことを 発見&こだわって発信中│イギリス情報が知りたい、将来海外で暮らしたい、国際恋愛・国際結婚に興味がある、バイリンガル子育てに興味のある人に役立つブログを目指しています。