英国オープンファームサンデーとは?ファームの探し方

オープンファームサンデー イギリス 羊 食べ物

 

イギリスからこんにちは。ファームで癒やされたいアルノです。

6月のイギリスの楽しみの一つ、第1もしくは第2日曜日に開催される「オープン ファーム サンデー(Open Farm Sunday)」!

 

■イギリスのファームって何?農業??

■オープンファームサンデーって何?

■ファームの探し方がわかならい!

 

と、一度でも思ったり、イギリスのオーガニック事情に興味がある人にはぜひ読んでもらいたい記事。

また、6月のイギリス旅行計画の人へ。今までの定番英国観光では飽き足らず、新しい体験をしたいと考えている方にぴったりのイベントです。

今回は、「オープンダームサンデー」とは何か?ファームの探し方、アルノのイギリスファームについての個人的感想を中心にまとめます。

 

1、ファームとは?

Farm(ファーム)」とは、直訳すると、農場、農園、飼養場、養殖場、農家、農場の家屋となります。

アルノが、今までのイギリス生活で訪れたことのあるFARM(ファーム)は、、、

●Vegetable Farm(農業)
fruits Farm(果樹園農家)
●Pig Farm(豚のファーム)
●Sheep Farm(羊のファーム)
●Chiken Farm(養鶏農家)
●Cheese Farm(チーズ農家)
●Honey Farm(はちみつ農家)
●教育システムが整った農場兼教育施設併設の総合ファーム

 

これら農場で、野菜やフルーツ、小麦、ミルクやチーズなどの乳製品、肉やハムソーセージなど、卵、羊毛、はちみつ、油、ジャム、ケーキなど多種多様なものを生産し、世界中の消費者へ販売しています。農業セラピーのケアファームというものもあります。

ファームの可能性は拡大中!

イギリスのファームは、大企業のものもあれば、大規模に(例えば野菜も動物も)行っているところ、家族経営で専業で(例えば養豚だけなど)コツコツ行っているところも多い。

また、環境、教育、土壌の管理、エコエネルギーに非常に敏感に経営しているところも多く、そのようなファームを「Integrated Farm(インテリジェントファーム)」と呼んだりしています。

一般人とファームをつなぐ日常の接点は、併設された(もしくは別置された)ファームショップでの生鮮食品や加工品の直営販売、ネット宅配などのシステム、また、ファームの中に子供向けの遊び場が設けられていたり、キャンプ場があるところ、定期でイベントを開催するところ、こどもや大人向けのファームスクールを行う場所など。

私が行って面白かったと記憶にあるのが、オーガニック野菜ファームが行った「野草を知ろう!ワークショップ」。ファームの中を野草研究科と歩き、見つけた野草がどんなふうに使えるか説明してくれるというもの。ティー、薬、クリーム、作り方のレクチャーまで。途中ファームの美味しいランチまでいただき、大満足の一日でした。

 

日本にいたとき、こんなにファームが身近だったでしょうか?

イギリスのファームは、生産者と消費者との接点がポイントです。

 

※注意すべき点は、イギリスでは遊園地や、動物や植物のテーマパークのことも
「Farm(ファーム)」と呼ぶ場合があることです。わたしは最初、農場のファームとテーマパークの違いに混乱しました。

 

2.オープンファームサンデーとは?

 

「オープンファームサンデー」、それは、、、


毎年1回6月の第1か第2日曜日に、LEAFという民間団体に加盟する1000以上ものイギリス中の農場が、一般の人々にゲートを開放する特別な日。

 

「LEAF(リーフ)」とは?

「Linking Environment And Farming(環境と農業をむすぶ)」の略で、イギリスの持続可能な食糧を提供する農業の組織です。

▶▶▶「LEAF

 

2006年に初めてイギリスでオープンファームサンデーが開催されました。現在ではイギリスの1000人以上の農家がこの日にゲートを開き、消費者である地域の住民へ農場を一般公開します。

ファーム側にとっては、地域の住民と深く交流でき、生の声がきける日。

また、地域の住民にとっては、ファームの中に入り、農場の様子や作物や畜産物がどのように育てられているか知ることができる特別な日。

イベント内容は、ファームによって、またその年によっても異なります。子供向けのアクティビティが豊富に用意されていること、農場内をトレーラーでツアーしたり、作る工程をみせるツアー、実際の体験、文字探しなどの遊び、カフェや特産品の販売。さまざまなローカルブースなど、盛りだくさんで、一日中滞在できるイベント。

訪れる人の年齢層は幅広く、赤ちゃんから年配者まで、若いカップルや年配者のカップル、一人でぶらり、という人も目にしました。

エントリー無料、アクティビティも無料が多く、カフェやドリンク、ちょっとしたゲームに料金がかかる、というファームが多いのも特徴。

この「オープンファームサンデー」は、一般人にとってもファームにとっても素晴らしい体験ができるまたとないチャンスなのです

3.オープンファームの探し方!

イギリス中の多くのファームの中から行きたいファームを見つけます。ロンドン界隈も多いのでご安心を。

 

①まずLEAFの「オープン ファーム サンデー(Open Farm sunday)」のサイトへGO。

▶▶▶https://farmsunday.org/visit-a-farm

 

 

②サイトの『Visit a Farm』へ行き(リンクはそのページへとびます)『Enter your location, select a region or enter a farm name』の欄を入力する。(特にサインインの必要なし)

 


Location(ロケーション)→探したい街の名前を入力

OR(もしくは)

■Region(リージョン)→探したい地域の名前(例:WealesやSouthWestなど

OR(もしくは)

■Farm name(ファームネーム)→すでに探したいファームの名前を知っていればファームの名前を入力

どれか入力したら『Search』をクリック。


※ここではロケーションで「ロンドン」を例に検索してみます。

 

 

オープンファームサンデー イギリス LEAF

画像引用:以下すべて「LEAF」サイトより

 

③早速ロンドンの地図の一覧!

ここで、自分の都合のよい場所があれば地図のピンをクリックして詳しい内容をみてみるもよし、下にスクロールすると、また詳細検索ができるようになっています。

オープンファームサンデー イギリス LEAF

 

④さらに下へスクロールで、ロンドンの各ファームの情報を確認できます。

オープンファームサンデー イギリス LEAF

 

⑤絵文字の意味

■Meet tha Animals:畜産
■Hosted farm tour:ファームツアーのもてなし
■Tractor and trailer rides:トラクター、
■Self-guides walks: ガイドなしの散歩
■Partially accessible to wheelchairs: 部分的に車椅子がアクセス可能
■Science in farming: 農業における科学体験
■Machinery demonstration: 各種機械のデモンストレーション
Static machinery display: 機器の展示
Food is available: 食べ物があります
Farm shop and fresh produce:ファームショップの営業と、新鮮な農産物の購入
■Majority accessible to wheelchairs:大部分において車椅子がアクセス可能

 

オープンファームサンデー イギリス LEAF

これで、かなり細かい詳細検索ができます。

私の場合は、チーズづくりに興味があったのと、息子が喜びそうなトラクターライドがあたので、デボンのチーズファームに行くことに決めました。

オープンファームサンデーに参加しているファームは多いので何処に行こうか迷います。今年はここ、来年はここ、と毎年ファームめぐりをするのも楽しい。一日に2件以上のファームをはしごする人もいました!

また、このファーム検索は、自分の住む地域のどこにファームがあるのかも教えてくれます。オープンファームサンデーほどの規模ではないものの、部分的にファームショップが併設されていたり、カフェやレストラン、遊び場があるファームも多いので、自分のまわりのファームをチェックするのにも使えます。

 

 

まとめ

 

イギリスのファームと日本の農家との違いは、なんでしょう?

私のイギリスファームの個人的感想は、大きく以下の3つ。

■「けっこうセンスがいい

■「小さい規模のファームにも関わらず、世界に販売ルートを持っている

日本ほどには味への探求がされていない、素朴。

一度、日本でコメづくり体験に行く!と友達に話したら、「そんな重労働をわざわざ休みの日にしにいくなんて意味わかんない」と言われたし、私の周りに農業、自然に興味のある人がまずあまりいなかった。しかし、イギリスでは、ファームイベントに行って、農業体験や農業のことを学ぶのはごく当たり前の自然なことなんです。

味はね、、、イギリスの食品は素朴です。例えばリンゴ。甘いリンゴもあれば甘くないリンゴもある。形がゴツゴツしたままで売っている、など。イギリスのりんご農家が青森の蜜入りリンゴを食べたらどうなるんでしょう。

でも、改良に改良を重ねた日本の甘みたっぷりのフルーツがいい食材だとは思えない自分もいます。

はじめてイギリスの農家で見た木になっているリンゴを見た時の衝撃!ほとんどゴツゴツ!!スーパーで売っているあのきれいなリンゴはどうなってるんだ!!  って ね。

もうひとつ、小さい規模のファームにも関わらず、世界に展開しているファームもあります。それはイギリス特産チーズだったり羊毛だったり、クラフトビールだったりします。

日本の農家レベルの味であれば、すぐに世界の市場で戦えそうですよね。なぜ日本ではそんな例が少ないのか?法律、貿易の問題ももちろんあるでしょうが、それは国や農業支援団体のサポート、生産管理、オーガナイズ力にあると私は感じています。

 

イギリスは、生鮮食品や加工品のパッケージデザインが洗練されているし、実際にファームに行ってみると、働く人が年齢に関係なくシャキッとしていて服装もモダンなイメージです。ちょっとオシャレなイメージなんです。

そして、使用する水、土壌、エネルギーを管理し、できるだけエコロジーに循環できるよう取り組まれているファームも少なからず。

もうひとつ、地域の学校やこどもを対象とした体験入場制度が(農場体験や農業スクール)整っていて、受け入れ例もよく耳にします。イギリスの子どもたちは小さい頃から自然とファームと親しんでいるということになります。

わたしの友人の子どもたちは、ファームスクールに週一で通って、ファームで野菜や果物を育て、小動物の世話をしています。

団体(LEAFなど)のサポートの力は大きい。

個人農家を、大きな農家団体と国が一丸となって教育、サポートしています。

以前、デボンのファームショップでお買い物体験の記事を書きました。
合せて ざっと眺めていただくと、イギリスのファームショップの様子がわかるでしょう。

▶▶▶「イギリスのファームショップでお買い物体験!

 

 

 

次回は、実際に行ってみた「オープンファームサンデー」の体験レポを紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント