スコットランドの歴史をわかりやすく紹介!イギリスとの確執ってある?

イギリス暮らしの知っとこう

「イギリス」は、正式名称を「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」といい、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランド4つの国から構成されています。

歴史的に戦争を繰り返し、王家の血もからめながら複雑に関係してきたこの4つの国。

特にスコットランドは、ケルト系文化を継承し、イングランドとたびたび戦いをくりひろげてきた国です。

イギリスに住んでいるのに、イングランド(日本人が考えるイギリス)とスコットランドの関係を知らないのは恥ずかしい。

わたしの英国生活の中でイギリス人のスコットランドに対する悪口のようなものは聞いたことがありませんが、なにかモンモンとしたものを感じる。

スコットランド人からはイギリス人に対してなにか確執のようなものを感じたことがありました。(すべての人からではありません)

それは、いったいなぜなのか?

今回は、スコットランドの歴史をなるべくわかりやすく紹介しながら、両国の関係をわたしなりに理解したいと思います。

 

スコットランドは地理的にふたつにわかれている

スコットランドの歴史をまとめる前に、けっこう大きなポイントがこれ!

スコットランドは地理的に、南の「ローランド地方」、北の「ハイランド地方」に大きく2つにわかれていて、親英度も異なります。

 

Scottish Highlands and Lowlands.png
By Jrockley投稿者自身による作品, based on Image:Scottish clan map blank.png, パブリック・ドメイン,Link

 

1.ローランド地方(Lowland)

スコットランド中部の低地帯を総称した地域。

グラスゴー、エディンバラ、アバディーンなど、工業が栄え都会と呼ばれる地域がこちら。日本人もこの地域に多く住んでいます(特にエジンバラ)

ハイランドと比べると、イギリス文化の影響を受け親英度は高い地域。

 

 

2.ハイランド地方(Highland)

スコットランド北部~西部の荒れた山がちな高地域。ネッシーで有名なネス湖はこの地方にあります。

ハイランドは、19世紀以後スコットランドでのジャコバイトの反乱に続くハイランドの伝統的な文化の廃止などの要因が複合した、悪名高き「ハイランド・クリアランス」 と、産業革命期の都市部への大量移動により、現在ではヨーロッパで最も人口密度の低い地域の一つとなっています。

また、言語にスコットランド・ゲール語、ハイランド英語も用いられているのも特徴。

ハイランド地方は、イングランドよりアイルランドと文化的共通項があるといわれています(ゲール語やケルト音楽など)

!親英度は低いといわれる地域。

 

スコットランドの歴史

古代~中世

スコットランドが国家を形成する前は、ケルト系のピクト族(Picts)と呼ばれる人々がこの地に住んでいました。

ケルト人とは、古代ヨーロッパに広く散在していた先住民族で、共通した文化を持ちながらも長期間移動を続け、ひとつの国に落ち着くことはなかった民族です。

 

当時「カレドニア(Caledonia)」とよばれていたスコットランド。
紀元前43年よりローマ帝国が侵入し、ハドリアヌスの長城、アントニヌスの城壁など要塞が築かれましたが、カレドニアは土地を守り、決してローマ帝国の一員にはなりませんでした。

ローマ軍が撤退すると、次々にブリトン人など他の民族が侵攻。6世紀に入ると、隣のアイルランド島からアイリッシュのケルト系ゲール族(スコッツと呼ばれる人々)がカレドニアに侵入します。

このアイルランドから渡ってきたゲール族のスコッツが現在のスコットランド人の直接祖先といわれるケルト系スコットランド人です。

スコットランドは民族によって統治がわかれ、北西部をスコット人(ダル・リアダ王国)、北東部をピクト人(アルバ王国)、南部をブリトン人(ストラスクライド王国)とアングル人(ノーサンブリア王国)が支配。

中でもアイルランドからやってきたスコット人がつくったダル・リアダ王国が勢力を強めていきました。

843年に、ダル・リアダ王国のケネス1世がアルバ王国を征服し、スコットランド王国を建国しました。

【ケネス1世↓】

ケネス1世(スコティッシュ・ナショナル・ポートレート・ギャラリー所蔵)
By William Hole (1846-1917) – original source unknown, パブリック・ドメイン,Link

 

8世紀には北から度々バイキングに侵略されます。

 

11世紀後半にマクベス王を倒し誕生したスコットランド王マルカム3世 (父王はマクベスに暗殺され王位を奪われたダンカン1世)は、アングロサクソン文化を好んだことから、スコットランドにアングロサクソンの文化が広まることとなりました。

へぇー!知らなかったシェイクスピアの「マクベス」は、スコットランド王家の話だったんですね!

こうして、スコットランドの南部(ローランド地方)は封建制を導入したことでイングランド化し、北部(ハイランド地方)は古い制度が残ることとなりました。

 

※シェイクスピア「マクベス(Macbeth)

ダンカン1世とマルカム3世はシェイクスピア作「マクベス」の登場人物。ダンカン1世はマクベスに殺され王位を奪われるが、マルカム3世が取り戻します。

【マクベス(1040年 – 1057年)】

Macbeth of Scotland.jpg
By John Hallhttp://www.probertencyclopaedia.com/browse/CXM.HTM
originally uploaded on en.wikipedia by Michaelsanders (トーク ·投稿記録) at 2008年1月4日, 15:47:41. Filename was Macbeth of Scotland.jpg., パブリック・ドメイン,Link

 

そのころ、1066年イングランドではフランス人であるノルマンディー公ギヨーム2世がイングランドに侵入し、イングランド王ウィリアム1世となった(ウィリアム征服王/ノルマン・コンクエスト!)

でた!ウィリアム征服王。イギリスのフランス化!

 

※ノルマン朝(フランス封建貴族による支配)は現在のイギリス王室の開祖となります。

 

マルカム3世は、イングランドへたびたび侵攻。

しかし、1071年にはウィリアム1世に攻め込まれて、1072年にイングランドへの臣従を誓うアバネシーの和約を結び、その後の戦いにおいて亡くなります。

 

その後、スコットランドとイングランド王家にはしばしば和議が図られますが、イングランドとスコットランドとの争いは続きます。

 

 

英雄ウィリアム・ウォレスの登場

1272年に誕生したイングランド王、エドワード1世(プランタジネット朝)は、近隣諸国との戦争に明け暮れ、1296年スコットランド侵略をはじめ、ウェールズやフランス(百年戦争へとつながる)に侵攻しました。

 

繰り返されるイングランドによるスコットランド侵略は、スコットランド人の激しい抵抗運動をうむことになります。

 

※1296年、エドワード1世は、戦利品としてスコットランド王の象徴であるスクーンの石などをロンドンへ持ち帰りました。

この石は、代々のスコットランド王が、この石の上で戴冠式を挙げたとされる。運命の石Stone of Destiny)と呼ばれるこの石はスコットランド人にとっては特別な石。

スクーンの石がイングランドに奪われたことは、スコットランド人の英国への敵対意識を高め、1950年にスコットランド民族主義者による盗難事件が発生。1996年、この石はトニー・ブレア政権により700年ぶりにスコットランドに返還される。(現在は、エジンバラ城に保管)

Stone of scone replica 170609.jpg
By Bubobubo2投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0,Link

 

ここに、スコットランドでは『英雄』と言われる、ウィリアム・ウォレス(1270-1305)が登場します。

スコットランドの人々の愛国心に火をつけ、平和と自由の勝利のために立ち上がった人物、それがウィリアム・ウォレスでした。

1297年のスターリング・ブリッジの戦いでイングランド軍に勝利をおさめたものの、その後の戦いで敗北、また仲間の裏切りからエドワード1世に囚われ、処刑されてしまいます。

 

ウィリアム・ウォレスの人生はメル・ギブソン主演で映画になっています。
1999年の古い映画ですが、未だに根強い人気作。高画質のBlu-ray「ブレイブハート」アマゾンDVDコレクションで非常にお得です。↓

 

反乱を受け継いだロバート・ザ・ブルースは、スコットランド王ロバート1世となり、エドワード1世がなくなると反乱を起こし、1314年エドワード2世率いるイングランド軍に勝利(バノックバーンの戦い)。スコットランドは独立を勝ち取りました。

しかし、この後もイングランドとスコットランドの対立は続きます。(両国の対立は300年続く)

 

※14世紀になると、イングランドと戦っていたウェールズは征服されていしまいます。


この時期、ずっとイギリスの侵略と戦ってますね。

スチュアート朝/イギリスとスコットランド王が統一

1371年、スコットランドではロバート2世がスコットランド王となり、スチュアート家が誕生。

スコットランドは、イングランドと友好関係と戦争を繰り返しジェームズ4世、ジェームズ5世の時代で敗北。

ジェームズ5世を継いだ人物が、娘のメアリー・スチュアート
メアリーは、スコットランド国王、フランス国王フランソワ2世の王妃、更にはイングランド王位の継承権をももっていました。

メアリーは、イングランド国王エリザベス一世の暗殺計画などの陰謀に関わったとされ、イングランドに亡命するも捕らえられ、1587年にエリザベス一世に処刑されます。

メアリーの後、スコットランド国王となったのは、息子ジェームズ6世(1567年)。

イングランドではエリザベス1世亡き後、スコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世(1603年)を兼ねる形で、スチュアート朝が誕生します!

イギリスとスコットランドの国は統合されないものの、王が統一される、ということがおこりました!うーん。

【↓ジェームズ1世(イングランド王)/ジェームズ6世(スコットランド王】

JamesIEngland.jpg
By Attributed to ジョン・ド・クリッツPradoimage, パブリック・ドメイン,Link

 

ここに、スコットランドとイングランドは一人の王、女王によって統治されることになりますが、国としては統合されず別の国として成り立っていました。

そして、ジェームス1世の政治拠点がロンドンへ移り、スコットランドの立場が弱まることに。

ジェームズ1世と息子のチャールズ1世は、独裁的な絶対王政をしき、国王と議会が対立していきます。

ピューリタン革命とクロムウェル

議会は、プロテスタントのピューリタン(清教徒)を支持し、国王はピューリタンを弾圧する構図へ。

1637年、ピューリタン支持のスコットランドで反乱が起き、イングランドでも1642年にピューリタン革命が起きます。ピューリタン革命/清教徒革命)

チャールズ1世は処刑され、プロテスタントのカルヴァン派、オリバー・クロムウェルが政治の中心となり、共和制をしきました。(約11年間)

 

オリバー・クロムウェルは、現代でも、優れた指導者か強大な独裁者か?歴史的評価は分かれています

 

【ウェストミンスター宮殿前のクロムウェル像↓】

Oliver Cromwell - Statue - Palace of Westminster - London - 240404.jpg
CC 表示-継承 3.0,Link

 

クロムウェル亡き後は共和制は終了し、チャールズ2世が即位(1660年、王政復古)。

しかし、絶対王政とカトリックも復活することとなり、再び国王と議会は対立します。

 

名誉革命・無血クーデター

チャールズ2世の息子、ジェームズ2世(スコットランド王ジェームズ7世)の時に、議会はジェームズ2世の娘メアリーと夫のオランダ総督ウィレムを擁立するクーデターを起こしました。(1688年/名誉革命

この名誉革命により、イングランド国教会の国教化が確定、『権利の章典』により国王の権限は制限され、イギリスにおける議会政治の基礎が築かれました。

メアリーはメアリー2世、夫のウィレムはウィリアム3世として共同でイングランド王となります。

ちょいまち!共同でイングランド王??そんなんあり?

ウィリアム3世と妻のメアリー2世による、イングランドスコットランドアイルランドの3王国の共同統治は、イギリス史上で唯一「共同統治」が君主に認められ時代です。

 

※イギリスの歴史においては、君主の配偶者に君主権はなく、単に配偶者でしかない。
(例:エリザベス2世の配偶者は、王ではなくエディンバラ公フィリップ王配と呼ばれます。)

 

しかし、この内戦により国力は弱まり、スコットランド経済は力を失い国民は飢饉に苦しみました。

 

スコットランド、イングランドと合同し「UK」となる

国力弱まったスコットランドを救う手段として、1707年スコットランドはイングランドと合同するという連合条約が締結され、グレートブリテン王国(またはグレートブリテン連合王国(UK)が生まれました。

その後300年、スコットランドはウェエトミンスターのイギリス議会から直接統治されることになります。

ステュアート朝が終わり、次の王となったのが、ドイツ人ジョージ1世。しかし、英語を話せないイングランド不在の王によって王の権力は衰退。

 

ジャコバイト(Jacobite)

 

スコットランドでは、『名誉革命で国外亡命したカトリック系子孫であるジェームズ2世の直系が正当な王だ』と主張するジャコバイトと呼ばれる人々が現れました。

ジャコバイトの最大の支持基盤がスコットランドの特にハイランド地方。もともとスコットランドにはイングランドに対し、根深い対立意識があったのです。目指したのはスチュワート朝の復興です。

そして1746年にスコットランドでジャコバイト軍とイングランド軍の戦いが勃発(カロデンの戦い)。この戦いによりジャコバイトは完敗、ジョージ2世が勝利し、ジャコバイト軍に対して大量虐殺を行いました。

この戦いによるジャコバイトの敗北は、カトリックの復権をも不可能にしましたね。

イギリス政府は反乱を重くみて、スコットランドの氏族制度を解体、スコットランドの伝統衣装であるキルトとタータンの着用を禁じ、政府軍をハイランドに常駐させました。伝統楽器であるバグパイプも武器の携帯も禁じられます。

 

これらの政策は、スコットランド人にとって屈辱的な仕打ちであり、現代に続くイギリスへの強いマイナス感情の発端となりました。

 

悪名たかき「ハイランド・クリアランス」

18世紀から19世紀にかけ、スコットランドの北部(ハイランド)を中心とした地主たちは羊毛産業が経済を豊かにすると考え、羊の放牧のために今まで住んでいた住民を強制退去させます。

これが悪名高き「ハイランド・クリアランス」。

この時に最大で10万人以上がホームレスとなったといわれ、土地をうばわれた人々は海岸部へ移り漁業をはじめたり、仕事を求めて都会へ移動、またカナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドへ数千人の人々が移住したと言われています。

この「ハイランド・クリアランス」により、結果的に北部(ハイランド)は衰退し、逆に南部(ローランド)では経済的に豊かになり、両地の格差が大きくなりました。

 

産業革命で豊かになるも。。

イギリスでは18世紀から19世紀にかけ産業革命が起こり、工業の発展と近代化の波が押し寄せます。

18世紀のスコットランドでも、グラスゴーの造船業を中心に繁栄し、先進工業国となります。大規模な鉄道建設は物資が長距離を移動できることを意味し、製造業の大きな進歩をもたらしました。

人々は仕事を見つけるため、ローランドの都市へ移動し、ハイランドでは急速な人手不足となります。

都市部での移住者たちの生活は非常に貧しく、大家族であっても一部屋ぐらし、生まれたこどもの半数は5歳前に死んでいったと言われます。

 

経済的な発展の一方、スコットランドの議会はいぜんロンドンのウェストミンスターにあり、これにスコットランドでは不満の声が高まっていきます。

ついに1934年にスコットランド国民党が誕生。

 

スコットランド議会の復活

スコットランド海域で発見された北海油田の発掘。これはスコットランドとイングランドの関係を変化させます。

油田から得られる利益はイングランドに有利になっていたため、スコットランドは、イングランドからの独立を強く望むようになります。

1997年9月、イギリス議会は国民投票によりスコットランド議会を復活させることとなりました。

1999年7月にエリザベス女王によって正式にスコットランド議会が設置され、スコットランド自治政府による首相(初代ドナルド・デュワー)が誕生します。

2003年にはエジンバラに議事堂が建てられます。

2014年、スコットランドの独立の是非を問う住民投票が行われ、反対票が55%を占め、独立は否決されました。

 

今後は、ブリクジットのゆくえをにらみ、スコットランドのみならず、北アイルランド、ウェールズの動向にも注目です!

 

 

スコットランドの歴史をまとめてみると、ピクト族やアイリッシュスコッツからのケルト文化を継承しつつ、隣国イギリス(イングランド)の影響を色濃くうけていることがわかりました。

特に両国の対立の歴史は長く、1071年の英国ウィリアム征服王とスコットランド王マルカム3世の時代から長い戦いの歴史が繰り広げられています。


わたしのスコットランド人の友人は、「イギリスは好きだし、ここで暮らすのはステキだ」と言いつつ、サッカーの試合では決してイングランドチームを応援しません。

イギリス人の友人は、「スコットランド人が好きだ」と言いつつも、「ハギスはまずい」だの「スコティッシュイングリッシュの口まね」などのおふざけの様子から なにか見下しているかのような印象を受けたこともあります。

それは、イギリスによる長い侵略と支配の歴史がそうさせているのかもしれません。

しかし、英国王室がスチュアート朝で統一したことに象徴されるように、両国の血のつながりも深く、たとえばイギリス人でスコットランド、ウェールズ、アイルランドの祖先をもたない人はいない、と言われています。

 

同じ島にありながら文化の異なる国、スコットランドとイギリス。

同じスコットランドでありながら、文化や地形、豊かさがまったく異なるハイランド地方とローランド地方。

スコットランドの歴史を知ることで、わたしなりに理解が深まりました。

エジンバラやグラスゴーは行ったことがありますが、ハイランド地方はまだ行ったことがないんです。この記事を書いてみてハイランド地方への興味が高くなりました!

まずはネス湖あたりかな?

同じくUKの構成国であるアイルランドとウェールズのわかりやすい歴史とイギリスの関係についての記事はこちら。↓

▶「イギリスとアイルランドの関係と北アイルランド問題

▶「UKウェールズの歴史をわかりやすく紹介!イギリスとの関係は?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

コメント