英国ティーをもっと楽しむ!紅茶の基本知識と、驚くべき12の効能

▼面白いと思ったらシェア

ティー イギリス 英国

イギリスからこんにちは。日本では紅茶にまったく興味がなかったアルノです。

イギリスに移住してからというもの、午後にミルクティーを飲むことが日課になっています。

しかし、ティータイムにふっと紅茶を眺めながら、、、

「この紅茶ってそもそもどうやって作られてるの?成分って何?」

と、疑問がフツフツとわいてくる!そして、自分が紅茶についてあまりにも知識がないことに気づいてしまいました!

そもそも紅茶って何?

気軽に飲んでいるけど、健康に害はないんだろうか??

そんな紅茶の基本知識と、成分、効能についてまとめてみました!

紅茶とは?

Camellia Sinensis お茶 紅茶

紅茶は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹(学名:カメリア・シネンシス│Camellia Sinensis) 、から作られます。

紅茶の製法は、まず摘み取った生葉を萎凋(しおらせる)させ、醗酵が進みやすい状態にし、その後 揉捻(もみほぐす)し、完全発酵、乾燥させて作ります。

また、緑茶烏龍茶紅茶は、すべて同じ茶樹からつくられますが、その製造法に違いがあります。

お茶の葉の中には発酵酸素が含まれていて、その醗酵を途中で止め、その時の醗酵の度合いによって様々な種類が出来上がります。

この働きを利用して発酵して作るのが紅茶、少しだけ発酵するのが烏龍茶、摘んだ生葉を熱処理し、葉の醗酵を止めて作るのが緑茶です。

発酵度 種類 茶葉の色 水色 香り
発酵(100%) 紅茶 褐色 赤褐色 華やかで芳醇
半発酵(70%) 烏龍茶
不発酵(0%) 緑茶 緑色 緑黄色 新鮮でグリーン

製造の違いで、お茶の種類が変わり、色や香りにかなりの違いがでるんですね。改めて理解しました!

そういえば、イギリスには緑茶(グリーンティ)はスーパーでも売っていて人気がありますが、烏龍茶は売っていません。イギリス人の好みに合わないのでしょうか??

紅茶の成分

①カフェイン

カフェインは中枢神経の刺激、強心、利尿作用の効果があるとされます。

紅茶に含まれるカフェインは、タンニンと結びつくため、その効果は抑制されます。すなわち覚醒的作用は緩やかに作用するというのが紅茶の特徴です。

コーヒーのカフェイン含有量と比較されることが多いですが、1人分に使用する量が紅茶はコーヒーの3分の1なので、カップ1杯分の浸出液で比べるとコーヒーのほうがカフェインが多くなります。

②タンニン(紅茶ポリフェノール)

紅茶に含まれるタンニンは、苦味に影響するカテキン類(エピカテキンやエピガロカテキンなど)と、渋味に影響する没食子酸エステル誘導体から構成されています。

タンニンは、ポリフェノール化合物の一種でもあり、紅茶の味や紅茶独特の紅色の水色、香り、渋みに作用し、タンニンの多い紅茶ほど良品質であるとされます。タンニン(紅茶ポリフェノール)には、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病の予防に効果があると言われています。

③アミノ酸

紅茶に含まれるアミノ酸は、テアニン、アスパラギン、アルギニン、グルタミン酸、などを含んでいます。水溶性のアミノ酸が紅茶にとけだして、旨味成分となります。

④ビタミン類

ビタミンA(カロチン)、ビタミンB群(B1,B2など)やビタミンP(ポリフェノール化合物を含む)が含まれています。

紅茶の驚くべき効能12選!

①眠気覚まし

紅茶に含まれるカフェインはコーヒーと比べると穏やかですが、覚醒作用があり、眠気覚ましになります。

また、大脳の中枢神経に作用して、集中力や思考力を高める効果もあります。

②集中力とリラックス(勉強やスポーツに)

紅茶に含まれるテアニンカフェインには、集中力を高める効果があり、頭をすっきりさせてくれると言われています。

さらにテアニンには、リラックス効果があるとも言われています。

集中力が高まり、リラックスした状態、これは勉強やスポーツに最適!

③疲労回復

疲労回復作用のあるカフェイン。さらに、適度なカフェインは大脳に働きかけ、疲れやイライラも解消!

仕事や運動のあとのティータイムは、いらいらを抑え、疲れを癒やします。

④リラックス効果

紅茶に含まれるテアニンによって、α波(脳がリラックスするときに出る波長)が増え、このリラックス効果によって集中力が持続することも判明しているようです。

紅茶のカップを持ったときに立ち上る紅茶の香り、ホッと一息つけるリラックスできる香りですよね。最近ストレス?と感じている方はぜひ一杯!

⑤風邪予防に

カテキンは抗菌・殺菌作用があり、口内の細菌増殖を抑え、サルモネラ菌、ボツリヌス菌、O157など食中毒や下痢を起こす細菌を殺菌する作用も期待できます。

濃い目にいれた紅茶でうがい、これが効果的!

⑥インフルエンザに

カテキンは、細菌とともにウィルスにも作用します!
スゴイ!

ウィルスは、細菌と違い 単独では増殖できず、他の生物の細胞内に感染して増殖します。

一般的にワクチンによる予防は、体内にウィルスの抗体を作り、感染症に対する免疫をつくります。ワクチンの弱点は、種類の違うインフルエンザウィルスが複数あるため、ワクチンの抗体と合わないインフルエンザウィルスの感染を防ぐことができないということ。

一方、カテキンのウィルス感染予防効果は、ワクチンとは異なる方法であり、ウィルスの種類を問わず効果を発揮することができるのです!

紅茶エキスでのインフルエンザウィルスに対するマウスによる実験でも、紅茶による効果が有効であることが報告されています。

インフルエンザ予防に濃い目にいれた紅茶!さらに濃い目にいれた紅茶でうがいをしましょう!

⑦アンチエイジング

タンニン(紅茶ポリフェノール)渋み成分には強い抗酸化作用があります。

この成分が、体の老化を防止するアンチエイジング効果と生活習慣病の予防効果があるといわれています

さらにカテキンは、肌の老化を防止する作用があります。

⑧ダイエットに

カフェインには胃液の分泌を促し、消化促進効果もあります。

スゴイぞカフェイン!

運動前のに紅茶は、カフェイン効果で糖質より脂肪が先に燃焼されるため、ダイエットに効果的。カフェインには利尿作用もあるので、体の老廃物がすばやく体外に排出されます。

さらに紅茶はカロリーがほとんどない天然のアルカリ飲料。ストレートで飲めば、カロリーを気にせずに楽しめます。ダイエットにうってうけの飲み物じゃないですか!

⑨眼精疲労にアイパック

紅茶に含まれているカテキンビタミン類は、疲れ目に効果があります。

《紅茶のアイパックの方法》

使い終わったティーバッグを冷蔵庫で冷やす。水気をしぼり、まぶたの上にのせるというお手軽さ!

⑩消臭効果

紅茶の茶葉は、周りの匂いを吸収しやすい性質があります。

この作用を利用して、使い終わった茶葉やティーバックを冷蔵庫や靴箱にいれておき、脱臭剤として再利用!

匂いが気になるまな板や、臭いものを触った時の手洗いにも、紅茶液をつかうといやな匂いがとれます

⑪ヘアケアと白髪染めに!

え!?ヘアケアに紅茶!??

私は初めて知りました。驚きです。

タンニンがたんぱく質と結びつきやすい性質があり、傷んだ髪を修復します。
カフェインには、地肌を引き締める作用!
アミノ酸成分には頭皮の血行を促す効果が!薄毛にも期待できます。

さらに紅茶特有の茶色い色素で白髪を染めることができます。染める際に髪を傷つけることがないので安心して染めることが出来ます。

紅茶を使ったヘアケア

■材料: お湯500ccに対して紅茶パックを1~3個で紅茶液を作る(適当で大丈夫!)
■紅茶液を冷まします。シャンプーの後のすすぎにこの紅茶液を使います。
■乾かすと、髪がやわらかくサラサラツヤがでています

紅茶を使った白髪染め

■材料: お湯500ccに対して紅茶パックを3個
■髪を十分に濡らした状態にします。紅茶スプレーを髪に直接スプレーし、その後頭皮マッサージをして、30分ほど浸透させ、シャンプーで洗い流します。
■紅茶の白髪染はすぐに高い効果がエられないようですが、徐々に髪は染まり、安心して使えると人気の方法です。

⑫染め物に

紅茶の葉には染色作用があります。(白髪染でも紹介しました!)

私もやってみたことがあります。少し裾がよごれてしまったキャミソールを染めてみましたが、全体が淡いミルクティー色になりシミも目立たなくなったのを覚えています。

この紅茶染めは、生地の素材、紅茶液の濃さ、煮る時間で色の風合いが相当変わります。

紅茶染めの方法は、「キナリノ」サイトがわかりやすかったので、リンクを貼っておきます。

▶▶▶「手間をかけて自分らしいDIY。紅茶染めを初めてみよう│キナリノ

まとめと紅茶の害?!

いかがでしたか?

こうして調べてみると、紅茶についてますます興味がでてきました。

いいことづくめの紅茶のようですが、、、、

「だったら害ってないの??」

そこで、さらに調べてみました。

紅茶の害は、実は安物の紅茶に潜んでいます。
スーパー等でよく販売されている低価格の紅茶のティーバッグから、健康に害を与えるレベルのフッ化物が検出され大きく報道されました。この調査により「安物の紅茶は歯や骨をもろくする」と言われるようになりました。

フッ化物は茶葉に必ず含まれている成分であり茶葉の成長に比例して増えます。成熟した葉は価値が低いとされ、廉価で取引され低価格のティーバックになります。その結果、安い紅茶にはフッ化物が多く含まれることになるのです。

また、カフェインの大量摂取も体に害をあたえます。カフェインには、利尿作用や覚醒作用があるために、就寝前には飲まないことをおすすめします。

もし夜間に飲みたくなったら、ノンカフェインの紅茶を!
わたしは、紅茶を美味しく健康に飲むために次の2つのことに気をつけようと思います。

1.ティーは、1日3杯以内(夜はカフェインなし)

2.安物のティーバックを使わない

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ