育児

イギリスで人気のある英語絵本8選!(0~1歳の読み聞かせにおすすめ)

赤ちゃん 英語 絵本 バイリンガル教育
赤ちゃんの英語絵本、どれがいいの?

英語教育を早くからはじめる方法は?

こどもへのバイリンガル教育を考えているあなたへ。

早期英語教育としておすすめしたいのが、英語絵本の読み聞かせです。

イギリスでは、赤ちゃんのころから絵本の読み聞かせが重視されています。

絵本の読み聞かせで、感情が発達し、好奇心が育ち、集中力、語彙力の発達が促されると言われています。

0歳から1歳までの絵本は、絵もストーリーもシンプルで、サッと読み終わりますが、コントラクトの強いカラーで視覚に訴えるものが多いのが特徴。

動き回るようになる8ヶ月くらいから、物語のある絵本を楽しめるようになってきます。

今回は、0歳から1歳までの赤ちゃんにふさわしい、イギリスで実際に親しまれている8冊の英語絵本を紹介します。

発達段階ごとにふさわしい読み聞かせも考えながら、親子でたのしい知育絵本タイムとなると嬉しいです。

では、早速ご紹介します!

Baby’s Very First Book:Faces(ベイビーズ・ベリー・ファーストブック:フェイスズ)

生まれてまもない赤ちゃんには、この絵本!!

生後1、2ヶ月の色覚がまだ発達していない赤ちゃんに最適です。

アルノ
アルノ
息子が新生児のときには、この絵本にだけ興味を示しました。 

本の特徴は、柔らかな布を素材と白黒と黄色のコントラストの強い絵、鏡をつけた赤ちゃんの感情を刺激する絵本だということ。

この本を「じ~~~」と見る赤ちゃんの姿をみれるでしょう。

作者・絵:John Fordham(ジョン・フォードハム)

The Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)

「はらぺこあおむし」は、イギリスでも一家に一冊必ずあるといってもいいポピュラーな絵本!

作者は、鮮やかな色彩感覚で「絵本の魔術師」と呼ばれるエリック・カール(アメリカ)

切断されたページをあおむしが這う小さな穴は、赤ちゃんの指へ気持ちの良い刺激をあたえるのにすぐれた本といわれています。

孵化したあおむしが食べ物を探し始め…

1日目には、マフィン、ピザ、ピクルス、、、たくさん食べたあとに美しい蝶に変身する瞬間が美しい!

大人も絵をみているだけで楽しい絵本です。

買うなら、日本語・英語の両訳がある絵本がおすすめ。

作者・絵:Eric Carle(エリック・カール)

That’s Not My Dinosaur(ザッツ ノット マイ ダイナソー)

 

「That’s Not My・・・」は、イギリスで非常に人気のあるシリーズ絵本!

作者は、イギリス、ダートフォード出身でエクセター大学の学士号を持つフィオナ・ワット。

この絵本の特徴は、繰り返しの言葉と、穴や絵の中にしこまれた毛や布、ザラザラしたテクスチャーものを実際に触れて楽しむことです。

アルノ
アルノ
「触れる」感覚体験ができるのです! 

数多いシリーズの中でよく目にしたものを他にも紹介します。

  • 「That’s Not My Tractor(トラクター)」
  • 「That’s Not My Lion(ライオン)」
  • 「That’s Not My Kitten(キティ)」
  • 「That’s Not My Unicorn(ユニコーン)」
 
わたしのおすすめは、恐竜の絵本「That’s Not My Dinosaur」。恐竜の肌の手触りがたのしい!
 

作者:Fiona Watt(フィオナ・ワット
絵:Rachel Wells (レイチェル・ウェルズ)

Peepo!(ピーポー!)

「Peepo!」は、人気のイギリス人夫婦アランとジャネット作のベストセラー絵本です。

赤ちゃんの日常をポエムで綴ったような、、

とにかく心があったかくなるそんな絵本です。

本の中で繰りかえされる「Peepo!」の言葉が赤ちゃんの興味をかきたてます。

特筆すべきはそのイラスト。

イギリスの家庭、生活の様子を丁寧に描き出していて細部まで見るもの楽しみの一つになります。

アルノ
アルノ
「1、2、3、ピーポー!」ホント癖になります。

 

作者:Allan Ahlberg(アーラン・アルバーグ)
絵:Janet Ahlberg(ジャネット・アルバーグ)

Head, Shoulders, Knees and Toes(あたま・かた・ひざ・つまさき)

作者のアニーはナーサリーリズム(童謡)の本をたくさん手がけるフランス人作家です。

大きな絵が見やすく、歌いながら読んでもらえることで、赤ちゃんは大喜び!

この歌は日本人でも知ってる安心の歌。

英語が苦手な大人でも歌にあわせて読み聞かせることができます。

 

The Rainbow Fish Bath Book(にじいろのさかな・バスブック)

スイス人作者のマルクス・フィスターが手がけた美しい本「にじいろのさかな」の小さなバスブックです。

「にじいろのさかな」はイギリスでもよく読まれていますが、赤ちゃんの読み聞かせにはまだ早い絵本。

このお風呂絵本は、センスのいい赤ちゃんお風呂用ブックをさがしている方へおすすめします。

アルノ
アルノ
柔らかいプラスティックで安全に作られていて水に濡れてもOK。虹色の魚がおふろの水のなかでとてもキレイ 

わたしは、イギリス人の友人に男の子が生まれた際、プレゼントして喜ばれました。

 

作者・絵:Marcus Pfister(マルクス・フィスター)

 

「Where’s Spot」の作者、エリック・ヒルはイギリスの絵本作家で、子犬のスポットシリーズがイギリスの子どもたちに大人気。

「スポットは時計の中?箱の中?敷物の下??」

赤ちゃんと一緒に、スポットを探すのに夢中になります。

 
 

Baby’s Very First Touchy-Feely Musical Playbook

このタッチして音楽が流れるミュージカルプレイブックは、「That’s Not My・・」シリースでおなじみのフィオナ・ワットの作品。

この本は、いたるところにめくったり、触ったり、ボタンを押して音楽が流れたりの工夫があります。

シーンも空、森、海、宇宙とカラフルに変わり、ものすごく楽しい本です!

赤ちゃんのはじめての音のでる本としてイギリスではベストセラーになってます。

作者:Fiona Watt(フィオナ・ワット

 

赤ちゃんの発達段階にあわせた読み聞かせを!

 
赤ちゃんの発達段階を知ることで…

なぜその絵本が赤ちゃんにふさわしいのか?赤ちゃんにどのように影響を与えるのか?を知ることができます。

生後1ヶ月(新生児)

ほとんど寝て過ごす時期。

シンプルな絵コントラストの強い絵の絵本に惹かれます。

生後3~4ヶ月

首が座りはじめ、4ヶ月頃からはものをつかもうとする気持ちが高まります。

視力が高くなり、いろんなものに興味を示し、観察する力が育つころ。

この頃は、色も認識できるので、カラフルな絵本やおもちゃに反応します。

生後6~8ヶ月

寝返りやお座りが上手にできるようになり、8ヶ月あたりで、ハイハイやつかまり立ちをするころ。

この時期は脳の発達が急速に進むため、自発的に遊びに参加しようとします。

運動機能に加えて言葉や精神面も成長します。自我が芽生え始め、人見知りが始まります。

喃語の種類がどんどん増え、自分の名前を呼ばれると反応します。

穴あきの絵本や、押すと音が出る絵本の読み聞かせ、散歩などの刺激はこのころの脳の発達にとっても大切です。

生後10~12ヶ月

よく動き回るようになります!

大人の声まねや、「バイバイ」などしぐさをまねたりします。

また、指先を使ったおもちゃや、聴覚がより発達するため音の出るものに強く惹かれます

会話を理解し始めるころで「ママ」「パパ」「わんわん」など意味のある言葉も話しはじめます。

この時期の絵本選びのポイント

●指先をつかうもの
●音の出るもの(楽器がついているもの・車や動物の声など擬音語の本をリズミカルに読む)
●毎日の日常をテーマにしたもの
●この時期の赤ちゃんが座っていられる秒単位で読み終わるような絵本

指先の力がついてくるので、びりびりと紙を破いたりする行為も夢中になります。

アルノ
アルノ
びりびりと破る行為もまた成長の証です 

まとめ

以上、イギリスの赤ちゃんへの本で選ばれている英語絵本8冊を紹介しました。

息子8歳は、いまだに寝る前の本の読み聞かせを欠かしません。

英語とフランス語の本は夫が担当。

日本語の本はわたしが担当です。

赤ちゃんの頃から絵本の読み聞かせを毎日していた私たちですが、おかげで息子は本が大好きな好奇心旺盛なこどもに育ってくれています。

絵本の読み聞かせは、赤ちゃんにとって将来の集中力、語彙力の発達に重要だと言われ、重要視されています。

「早くから英語に親しんでほしい」

もしあなたが自分のこどもに対してそう思っているなら、英語絵本を一冊手にとってみることをおすすめします。

バイリンガル教育の第一歩は、親子で英語のアルファベット、英単語のくりかえしの音を楽しむことなのです!

▶1歳からのこどもへ読み聞かせる絵本どれがいいの?と迷っているかたへ。イギリスで絶大な人気のある英語絵本12冊は、こちらの記事でわかります。

英国在住者が教える【1歳のおすすめ英語絵本13選】バイリンガルで育てる方法英語絵本、たくさんあってどれを選べばいいのかわからない!というあなたの悩みを解決します。イギリス在住者だからわかる英国の子供たちが必ず読んでいる絵本13冊を紹介。美しいイラストと繰り返しの韻が特徴的な英国絵本ではじめるバイリンガル教育のおすすめです。...

▶物語を楽しめるようになる2歳からは5歳まで絵本を長く楽しむことができるようになります。おすすめの英語絵本はこちらで確認を!

グラファロ Gruffalo イギリス 絵本 読み聞かせ 英語教育
英国在住者が教える【2歳~5歳のおすすめ英語絵本12選】イギリスで絶大人気今回は、「イギリスで人気の絵本12選(2歳からのおすすめ英語絵本)」を紹介します。2歳は、多くの言葉を覚える時期。ここで紹介する絵本の多くはイギリスの2歳から5歳のこどもに人気で実際に読まれている絵本。2歳からの読み聞かせに使える絵本です。...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。