2歳からの英語読み聞かせにこの12冊!英国で人気の絵本

グラファロ Gruffalo イギリス 絵本 読み聞かせ 英語教育 育児

 

こどもを将来の英語話者に育てようと真剣に考えている方へ。

読み聞かせにおすすめのイギリスで親しまれている英語絵本を紹介します。

2歳の頃は、多くの言葉を理解し、言葉を話す頻度が増えます。

絵本で言葉のシャワーを浴びせる、物語で広い世界を知る、韻を繰り替えす言葉の美しさ、絵を見せて情緒を育てる、親とのふれあいとして読み聞かせを行う、などこの時期の絵本の読み聞かせは、子供の自立心や情緒を育てることもできるのです。

また、特に日本人が苦手な「LR」の発音の違いに代表される英語の細かい発音は、この時期に英語にどんどんふれることで聞き分け・発音ができるようになるといわれています。

今回紹介する絵本は、イギリスで2歳から5歳のこどもたちへ実際に読み聞かせに使われている絵本12冊です。

さっそく、イギリスの絵本の世界へとびこんでみましょう!

 

 

イギリスで人気の絵本12選!(2歳からのおすすめ英語絵本)

1.The Gruffalo(グラファロ)

作者:Julia Donaldson (ジュリア・ドナルドソン)
絵:Axel Scheffler(アクセル・シェファー)
邦題:「もりでいちばんつよいのは?
イギリス推奨年齢:2 – 5歳

イギリスで知らない子は誰一人いない、そんな絵本の一つ「グラファロ」です。

イギリス人作者のジュリア・ドナルドソンの絵本はどれも人気ですが、一番知名度が高いのがこのグラファロ。

リズミカルな物語と、怖いようなおかしいようなユニークなイラストは子供の想像力を高めます。

ストーリーは、子ねずみが暗く深い森を歩いていると、キツネ、ふくろう、へびがやってきて美味しそうだと近づきます。ねずみは「怪物グラッファロと会うから」とでまかせを言い、その場を逃れます。しかし、本物の「怪物グラファロ」が現れ、グラッファロから食べられそうになります!、、知恵のある勇敢なマウスの物語。

グラッファロの絵本のイラストの森はイギリスの森そのものを見ているかのよう。最後のきつねがすわって木の実を食べているシーンにホッとします。
これぞイギリス!という代表的絵本です。

 

◆参考に日本語版「もりでいちばんつよいのは」も紹介します。

 

2.Room on the Broom(ルーム・オン・ザ・ブルーム)

作者:Julia Donaldson (ジュリア・ドナルドソン)
絵:Axel Scheffler(アクセル・シェファー)
邦題:「まじょとねこどんほうきでゆくよ
イギリス推奨年齢:2 – 5歳

イギリス絵本最強タックのジュリア・ドナルドソンとアクセル・シェファーの魔女の絵本。

ジュリア・ドナルドソンは、「Gruffalo(グラッファロー)」 や「Stick Man(スティクマン)」で有名なイギリスの女性作家。

物語は、魔女と飼い猫がまほうのほうきで飛んでいたところ、大事な帽子、リボン、魔法のステッキが風にとばされ落ちてしまいます、、、?
タイトルの「ルーム・オン・ザ・ブルーム(ほうきの上の部屋)」の意味は最後になってわかります。

楽しいはなし!

 

3.Meg and Mog(メグとモグ)

イギリス推奨年齢:2 – 5歳

イギリスの絵本作家ヘレン・ニコルのアニメにもなった有名な「メグとモグ」シリーズです。

ポーランド生まれのイラストレーター絵本作家のヤン・ピエンコフスキーのイラストが刺激的で独特なんですよね。呪文を唱えるのが下手な魔女のメグと、飼い猫モグ、白いふくろうの3者がメグのへたくそな魔法とおりなすストーリー。