育児

【4~5歳のおすすめ英語絵本12選】イギリス公立学校からの推薦本はコレ!

4歳~5歳の子供の英語絵本、どれがいいのかわからない!

将来は英語が話せる子になってほしい

英語絵本を探している、そんなあなたの悩みを解決します。

バイリンガル教育の第一歩は、「英語絵本の読み聞かせ」です。

イギリスの小学校では4歳から「レセプション(Reception)」という就学前教育が始まります。

この学年は、日本の幼稚園の年中さんと同じ年。イギリスのほうが教育のスタートは早いですね。

入学した子どもたちは、小学準備期間であるこの学年からアルファベットの読み書きや発音を習い、どんどん本を読み込んでいくのです。

日本で英語教育の基礎をこどもに身につけさせたいと思っているあなたに、英国の公立校が4歳から5歳の子どもに推薦している英語絵本を紹介します。

イギリスの子どもたちがどんな本を読んでいるのかどんな英語本が4歳から5歳のこどもに必要なのか、そんなことがこの記事でわかります。早速みてみましょう!

アルノ
アルノ
文法や英単語がかんたんでやさしいレベルのものから順に紹介します♪ 

1)One Day on our Blue Planet:In the Savannah(あおいちきゅうのいちにち:サバンナ)

サバンナで暮らすライオンのこどもが探検へ出発。ライオン坊やの1日の暮らしをかわいいイラストで丁寧に紹介している絵本です。

作者のエラ・ベイリー(Ella Bailey) は英国の絵本作家&イラストレーター。やさしくてかわいい絵に人気があります。

他のジャングル、南極、うみのシリーズもおすすめ。日本語訳本もでています。

英語難易度:★☆☆(やさしい)


2)hooray for fish(それゆけ!さかなくん!)

海のちいさなさかな君が、いろんな形・色・性格の魚たちに出会います。たくさんの魚たちの中で、一番のお気に入りは?

英語もシンプル、やさしい単語で英語が苦手でも読みやすい絵本。色や形のボキャブラリーが増えます。

ルーシー・カズンズ(Lucy Cousins)は「メイシーちゃんシリーズ」で有名なイギリスの作家です。

英語難易度:★☆☆(かなりやさしい)

3)Shark In The Park!!(公園の中にサメがいる!)

男の子ティモシーが公園の中を望遠鏡で散策していると、あちこちにサメが出現!

「There’s a shark in the park!!」

この言葉が繰り返されていて、こどもたちはこのリズムに夢中になります。

日本でも英語教育本として広く使われているおすすめの絵本。作者は英国の絵本作家、イラストレーターのニック・シャラット(Nick Sharratt)。

英語難易度:★☆☆(かなりやさしい)

 


4)Elmer(ぞうのエルマー)

象の群れのなかで一匹だけ違う、、カラフルな象のエルマー。

明るく他の象たちを笑わせるのが大好きなエルマーですが、ある日じぶんが他の象と違うことを笑われているのかと考え、みんなと同じ色になって現れます。

そしてエルマーが知った真実は?

英国らしい「それぞれ個性があっていいんだ」と思える楽しい絵本です。イギリスの作家デビッド・マッキー(David McKee)の作品。

英語難易度:★★☆(英文はボリュームあり)

5)Aliens Love Underpants!(うちゅうじんはパンツがだいすき)

うちゅうじんはパンツが大好き。でも自分たちの星にないので地球へやってきます。うちゅうじんたちがパンツをかぶったりトランポリンにして遊ぶ姿が楽しい!

オムツから完全パンツへの移行をするこどもへの読み聞かせとしてもおすすめです。

作者のクレア・フリードマン(Claire Freedman)とベン・コート( Ben Cort)は、英国の絵本作家です。

英語難易度:★★☆(やさしめ)

6)How to Catch a Star(みつけたよ、ぼくだけの星)

大好きな星を毎晩見上げる男の子、「ボクだけの星があったらいいのに」と夢をふくらませます。 

自分の星をさがしに探検にでかけた男の子がみつけた星は。。。?

淡々としたストーリーの中に「自分だけの夢」をつかむという優しい物語がこめられています。

作者は北アイルランドの絵本作家、オリバー・ジェファーズ(Oliver Jeffers)。

英語難易度:★★☆


7)Farmer Duck (はたらきもののあひるどん)

ぐうたらなご主人につかえる働き者のあひるはいつもくたくた!

見かねた牛や羊の動物たちがあひるを助けるため会議をひらき、作戦を決行しますが、、?

この本はイギリスで、他者との協力・協調を学ぶのによいといわれています。

作者のマーティン ワッデル(Martin Waddell)は北アイルランド出身の人気の絵本作家です。

英語難易度:★★☆

8)Peep Inside Night-Time(よるのせかいをのぞいてみよう)

まさしく夜の世界をのぞいてみる絵本。夜のカフェや街灯にむらがる虫たち、こうもりや夜汽車はどんな世界?

しかけ絵本になっているので、フラップをめくる楽しさと絵の中の発見が本当に楽しい絵本です。

作者のアナ・ミルボーン(Anna Milbourne)は英国の絵本作家です。

英語難易度:★★☆(やさしめ)

9)Oi! Get Off Our Train(いっしょにきしゃにのせていって)

夢の中で汽車に乗った男の子。汽車にはいろんな動物たちが乗り込んできます。なぜ動物たちはのりこんできたのか?

大人もこどもも考えさせられる。また癒やしのイラストと優しい気持ちになれる絵本です。

作者は、人気英国作家のジョン・バーニンガム(John Burningham )。「ガンピーさんの舟遊び」でも紹介しました。やさしい絵とやさしい気持ちになれる作風が人気なんです。

英語難易度:★★☆


10)Harry and the Bucketful of Dinosaurs(ハリーとバケツいっぱいの恐竜)

5歳の男の子ハリーは、おばあちゃんの家の屋根裏部屋で恐竜のおもちゃを見つけます。

どこに行くにも何をするにもハリーと恐竜は一緒ですが、、?

作者は英国絵本作家のイアン・ホワイブロー(Ian Whybrow)。カナダ・イギリス合同でTVアニメシリーズ化されたので、Youtubeでアニメ版がたくさん見ることができます。

英語難易度:★★☆

12)Burglar Bill(泥棒ビル)

泥棒稼業のビルは、生活すべて盗んだもので暮らしていました。

ある日、赤ちゃんがいれられた茶色のボックスを見つけたことから人生が変わっていきます。おんな泥棒も加わり、最後は子供も大人も優しい笑顔になれる、そんなココロあたたまる絵本です。

ジャネット&アラン・アルバーグ(Janet and Allan Ahlberg’s)は、イギリスの有名な絵本作家。「Burglar Bill」は子供の頃大好きだった両親がこどもに読みついでいる英国の絵本です。

英語難易度:★★★

13)My Encyclopedia of Very Important Animals(とても重要な動物たちの百科辞典)

動物や虫、魚まで動物すきの子どもにおすすめのボリュームのある辞典です。

動物たちが食べるものや住んでいる場所などをイラストと写真で興味深く知ることができます。

はじめての動物英語辞典におすすめ。

英語難易度:★★★


まとめ

以上、「イギリスの公立学校で推薦されている【4~5歳のおすすめ英語絵本12選】」についての記事でした。

4~5歳むけの英語絵本(イギリス)をもっとたくさん知りたいひとは、こちらの「Books For Topics(Reception)」を参考に選びましょう。

この記事では、イギリスの「レセプション(4~5歳)」という学年での読書推薦本の中から、イギリスで人気の高い本日本のAmazonで気軽に購入できる本を厳選し、計12冊を紹介しています。

イギリスでは毎日就寝前に何度も何度も絵本を読み込みます。

はじめは読み聞かせからスタートし、だんだん自分で読めるようになっていくのです。

アルノ
アルノ
読書難易度は、一番やさしい「hooray for fish」を基準に星付けしています。 

5歳以下のこどもにおすすめの英語絵本(主にイギリス絵本)は、こちらの記事で紹介しています。

赤ちゃん 英語 絵本 バイリンガル教育
イギリスで人気のある英語絵本8選!(0~1歳の読み聞かせにおすすめ)赤ちゃんの英語絵本、どれがいいの? 英語教育を早くからはじめる方法は? こどもへのバイリンガル教育を考えているあなたへ。...
英国在住者が教える【1歳のおすすめ英語絵本13選】バイリンガルで育てる方法英語絵本、たくさんあってどれを選べばいいのかわからない!というあなたの悩みを解決します。イギリス在住者だからわかる英国の子供たちが必ず読んでいる絵本13冊を紹介。美しいイラストと繰り返しの韻が特徴的な英国絵本ではじめるバイリンガル教育のおすすめです。...
グラファロ Gruffalo イギリス 絵本 読み聞かせ 英語教育
英国在住者が教える【2歳~5歳のおすすめ英語絵本12選】イギリスで絶大人気今回は、「イギリスで人気の絵本12選(2歳からのおすすめ英語絵本)」を紹介します。2歳は、多くの言葉を覚える時期。ここで紹介する絵本の多くはイギリスの2歳から5歳のこどもに人気で実際に読まれている絵本。2歳からの読み聞かせに使える絵本です。...

この記事があなたのお子さんへの英語教育の参考になると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。