イギリスと歴史

カミラ夫人について知っておきたい10の雑学【英王室は面白い!】

カミラ夫人

「カミラ夫人」、日本ではこのように称されている、英王室のあのお方。

以前、知人からカミラ夫人について「世間の評判はどうあれ、実際に会ってみると、光り輝くほど美しいのよ。」という話を聞きました。

「英王室一の嫌われ者」、「性悪女」、「ファッションセンスがダサい」、など英国民の間でもさんざんな言われようをしていたカミラ夫人…。英国内でも評判がよいのか悪いのか??

チャールズ皇太子が国王となった場合、次の事実上の王妃となるのは彼女です。

イギリスに住んでいるのに、「カミラ夫人」について知識がないのは恥ずかしい!なんて急に思いたち、カミラ夫人についていろいろと調べてみました。

私が調べてみて「面白い!」と思ったカミラ夫人にまつわる雑学を10項目紹介します。

1)カミラ夫人の名前について

カミラ夫人の結婚前の名前は、「カミラ・ローズマリー・シャンド(Camilla Rosemary Shand)」といいます。

次に前の旦那さんと結婚し、「カミラ・パーカー・ボウルズ(Camilla Parker Bowles)」となります。

そして前夫と離婚後、チャールズ皇太子と結婚し、現在は通称カミラ・コーンウォール公爵夫人(Camilla, Duchess of Cornwall)」と呼ばれています。

こちらは通称であり、カミラ夫人のフルタイトルは以下のとおり。

「チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ王妃、ウェールズ公妃コーンウォール公爵夫人、ロスシー公爵夫人、チェスター伯爵夫人、キャリック伯爵夫人、レンフルー男爵夫人、アイル島の貴婦人、スコットランド公妃、デイム・グランド・クロス・ロイヤル・ヴィクトリア勲章(騎士の称号)」

英語でいうと…「Her Royal Highness The Princess Charles Philip Arthur George, Princess of Wales, Duchess of Cornwall, Duchess of Rothesay, Countess of Chester, Countess of Carrick, Baroness of Renfrew, Lady of the Isles, Princess of Scotland, Dame Grand Cross of the Royal Victorian Order.」

アルノ
アルノ

長っつ!!
最後のロイヤル・ヴィクトリア勲章(Royal Victorian Order)とはUKの騎士団勲章の最上位の勲章であり、ロイヤルファミリーが王室に奉職した者へ贈られる勲章。王室の関係の女性はみなこの騎士勲章が与えられます。

2)カミラ夫人の生まれは?

1947年7月17日生まれ。

和暦でいうと、昭和22年生まれ
干支でいうと亥年
星座は、蟹座

:元イギリス陸軍将校、のちに実業家に転身し成功したブルース・シャンド氏
:ロザリンド・シャンド(第3代アシュコーム男爵の娘)

財力をもった父と、貴族の母との間に生まれたことになりますね!

しかしながら、誕生の時点でも 一度目の結婚した時点でも爵位はありません。

彼女の曾祖母にあたるアリス・ケッペルは、エドワード7世の最愛の愛人(広妾)であり、また祖先をたどれば王室(チャールズ2世)の血筋とつながっているともいわれています。そしてその血筋はダイアナ元妃にもつながっています。

アルノ
アルノ

ちょっとまて!
カミラ夫人のひいおばあちゃんは、チャールズ皇太子のひいひいおじいちゃん(エドワード7世)の愛人だったということですね。

どんどんおもしろくなってきたので、ついでに星座と干支の基本的性格を調べてみました。

蟹座の基本性格: 肝っ玉かあさん、家庭的で愛情深い、社交的

亥年の基本性格: 物事を最後までやり遂げる、熱心で勇気がある、頑固

アルノ
アルノ

カミラ夫人っぽいんじゃないですか?!ヨーロッパでは星座の基本占いはポピュラーなんです。

 

3)身長は?

173センチと紹介されています。結構身長が高いですね!

チャールズ皇太子が178センチとのことなので、だいたい同じ身長です。

4)カミラ夫人の前の旦那様って誰?

アンドリュー・パーカー・ボウルズ(Andrew Parker-Bowles)という方。

退役イギリス陸軍将校であり、貴族家系の非常に裕福な生まれです。カミラ夫人と恋人だった時はモテモテで、社交界きっての人気者だったそう。

カミラ夫人とアンドリュー氏は、1973年から1995年までの22年の間、婚姻関係にありました。

カミラ夫人は26歳で初婚48歳で離婚ということになります。

離婚の直接のきっかけとなったのは、1993年にスキャンダルとなったチャールズ皇太子とカミラ夫人のあつあつの会話の電話録音事件。英国で「カミラゲート(Camillagate)」と言われています。

カミラ夫人との離婚後、アンドリュー氏も長年の恋人と噂されていたローズマリー・ピットマンさんと再婚しています。(こちらも不倫同士)

離婚後のふたりの関係は良好で友人関係を築いているとされ、アンドリュー氏は今でも英国社交界で目立つ存在。

アンドリュー氏と彼の2番目の妻ローズマリーさんは2005年のチャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚式にも出席しています。

5)皇太子とのなれそめは?

チャールズ皇太子とカミラ夫人の最初の出会いは、1972年といいます。

カミラ夫人23歳、チャールズ皇太子22歳、そのときダイアナ妃は11歳でした。

当時のカミラ夫人は、すでにアンドリュー氏と交際中。

アンドリュー氏は当時チャールズ皇太子のポロチームの一員であり友人でした。モテ男のアンドリュー氏は、チャールズ皇太子の妹であるアン王女ともデートしていたそうです。

ふたりは交際中、離れたりくっついたりを繰り返していて、別れた一時期にカミラ夫人とチャールズ皇太子がデートするようになっていきました。

チャールズ皇太子は、ポロや狩猟、乗馬などの共通の趣味をもち、社交的で知的なカミラ夫人に深く惹かれていったといいます。

しかし、1973年にチャールズ皇太子がイギリス王室海軍のフリゲート艦に乗船訓練で出航したときに、カミラはアンドリュー氏のプロポーズを受け入れました。

アルノ
アルノ

カミラ夫人の結婚は「カミラ夫人がチャールズ皇太子の煮え切らない態度に業を煮やした」とか「カミラ夫人は、英国民が彼女を王子の花嫁として快く受け入れないことを悟っていた」とも言われています。

 

6)カミラ夫人には子供がいる?

2人のこどもと、5人の孫がいます。

1974年、カミラ夫人が27歳のときに長男トム(Tom Parker Bowles)が誕生。

トムさんのグランドファザー(カトリック教徒の後見人)はチャールズ皇太子が努めています。

実力派のフードライター兼フード評論家として活躍し、2人のこどもがいます。

1978年、31歳のときに長女ローラさん(Laura Lopes)が誕生。

旦那様は、元カルバン・クラインのモデルであり貴族出身の公認会計士のハリー・ロープス氏。3人のこどもに恵まれ、長女エリザはウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の花嫁介添人を努めました。

アルノ
アルノ

カミラ夫人とチャールズ皇太子の不倫報道の最中は、常にパパラッチに追われていたそう!常に明るい笑顔が印象的なふたり。

7)ダイアナ妃との関係は?

ダイアナ元妃は1989年のあるパーティーで、カミラ夫人と直接対立したと言われています。

まず、ダイアナ元妃とチャールズ皇太子の軌跡をおさらい。

チャールズ皇太子とダイアナ妃は、1981年セントポール大聖堂で世界中の注目を浴びながら華やかな結婚式をあげました。(当時チャールズ33歳、ダイアナ妃20歳、カミラ夫人34歳、)

翌年1982年にはウィリアム王子、つづいて1984年次男のハリー王子が誕生。

しかし、チャールズ皇太子とダイアナ妃の関係は互いの価値観の違いから徐々に冷めていき、チャールズ皇太子とカミラ夫人の仲が再燃しはじめます。

そしてとうとう1989年にはカミラ夫人と直接対決。バチバチ!

1992年12月に正式別居。

英王室、英国民、世界を巻き込んでのどろ沼離婚劇のすえ、1996年8月28日に正式離婚

1997年8月31日ダイアナ妃はパリで交通事故死、36歳という若さでした。

カミラ夫人が称号を授与されるとき、通常の皇太子の妻に与えられる「プリンス・オブ・ウェールズ(Princess of Wales)」を使用せず、コーンウォール公爵夫人(Duchess of Cornwall)」の称号を通称とすることを決めました。

なぜなら、「ウェールズ公妃」はダイアナ元妃と密接に関係していたからです。

さらに、人々の注目を集めたのが、2007年8月に行われたダイアナ元妃の没後10回年追悼式の式典。この式への出席をウィリアム王子とハリー王子に要請されたカミラ夫人でしたが、結局参加を辞退しました。

「自分が出席することでダイアナ元妃の追悼という本来の目的から注意をそらす可能性がある」それが、不参加の理由でした。

また、ダイアナ元妃と親しい間柄だったというセーラ元妃(エリザベス女王の次男アンドリュー王子の元妃)との不仲が噂されるカミラ夫人。チャールズ皇太子とアンドリュー王子の不仲説もあります。

注目されていた、アンドリュー王子とセーラ元妃の次女であるユージェニー王女の結婚式(2018年)も欠席しました。

英国民は、これらの式典のカミラ夫人の不参加に驚き落胆しつつも、理解を示しているように感じます。メディアもカミラ夫人に好ましい報道がちらほら。

長い年月を経て、チャールズ皇太子と歩むカミラ夫人の姿は、確実に大衆の気持ちをポジティブに変えています。

8)チャールズ皇太子との結婚式は?

2005年4月9日、出会いから33年、二人は結婚式をあげました。

結婚式は、まず宗教式のない「民事婚」でウィンザー城下のギルドホールで行われました。

アルノ
アルノ

ギルドホールとは、日本でいうと「市庁舎」、「市役所」のような場所です。

ともに離婚経験者である、前夫はまだ生きているなど、、、英王室ルールに関わる複雑な事情により、教会での結婚式の代わりに民事婚を選んだと言われています。

チャールズ皇太子の介添人をウィリアム王子が努め、カミラ夫人の前夫アンドリュー氏や子どもたち、ハリー王子も参列。式の参列者は28名の親近者のみでしたが、ギルドホールの周囲には2万人をこす英国民がお祝いに集まりました。(女王と夫のフィリップ殿下はこの式は欠席。)

アルノ
アルノ

エリザベス女王の欠席は、ふたりの関係を認めていないから、というわけではなく「民事婚」に反対していたからだ、と言われています。

式が終わると、ウィンザー城の聖ジョージ・チャペルへ移動し、カンタベリー大主教の祝福を受け、正式に夫婦となりました。この式典にはエリザベス女王もフィリップ殿下も参列しています。

当時の英国民は、「アンチカミラ夫人」がまだまだ多く、婚約や結婚に強く反対する意見も多かった。しかし、ダイアナ妃が亡くなってからすでに8年、国全体のムードはカミラ夫人に好意的になり、二人の関係を前向きに取られるようになっていた、といいます。

アルノ
アルノ

華やかな結婚式ではないけど、熟年のふたりの穏やかな笑顔と、カミラ夫人が大衆に手をのばす姿が印象的です。

9)エリザベス女王との関係は?

エリザベス女王は長い間カミラ夫人を好ましく思っていなかったと伝えられています。

ダイアナ元妃が亡くなった後も交際を続ける2人を反対。この頃のエリザベス女王は、カミラ夫人のことを「That Wicked Woman(性悪女)」と呼び、自分と一切の関係をもつことを拒否。

そんな二人の関係が雪解けしたのが2000年8月。

カミラ夫人が出席するとわかっていたギリシャ国王の60歳のお祝いに女王も出席しました。これが女王が2人の関係を公に認めた最初の出来事でした。

アルノ
アルノ

月日は流れ、今ではすっかりエリザベス女王のとなりにカミラ夫人がいることは「普通」のことになっています。

 

10)ファッションセンスは?

チャールズ皇太子との不倫報道のさなかのカミラ夫人は、「地味」、「いかつい顔」、「イモっぽい」、「髪ボサボサ」の印象でした。

世界中が、「え?なぜこの人が愛人?」とびっくり。

比べるとダイアナ妃は、「華やか」、「美しい」、「常に話題になるファッション」と二人は対峙しする関係。

しかし、現在のカミラ夫人は自分のスタイルを発展させているように感じます。ともするといかめしい顔つきに、ほどよいパール感のあるヌードカラーのドレスや、優しい丸いネックライン、シフォンのふわふわとしたシャツドレス、さらにはサーモンピンクのファシネータ、帽子はとてもよく似合っています。

髪がね、、、ボサボサのときはすごく老けて見えて、逆につやつやしていて昔の松田聖子カットみたいなときは、「美しい」と感じます。

英王室ロイヤルファッションについては、「イギリス王室の絢爛たる16のファッションルール」に書いています。英王室ファッションの世界もみていて楽しい。

アルノ
アルノ

「年齢とともに美しくなった」と言われるカミラ夫人の今後の公務スタイル、キャサリン妃とメーガン妃とともに要チェック。

まとめ

以上、カミラ夫人にまつわる10の雑学を紹介しました。

調べていると面白くなって、この記事を書くのに時間がかかってしまいました。英王室はおもしろい!

わたしは特別にカミラ夫人のことが好きとか嫌いはありません。直接お会いしたこともないしね!

でも、今のカミラ夫人を見ると「いい顔をしている」、と思います。

チャールズ皇太子も穏やかな顔をしている。以前はもっとキツく、神経質な印象の方でした。

今回カミラ夫人のことを調べてみて、ますます興味がわきました。

チャールズ皇太子が英王室の第一後継者である限り、その妃であるカミラ夫人はイギリスにとって重要な人物です。

イギリス国民の祝福を受けて彼女が王配となる日は近い。

今後は、カミラ夫人ファッションチェックとともに夫人の今後を温かく見守りたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。アルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。