英国ファッション

イギリス人のファッションタイプとは?イギリス発ブランドとともに考える

イギリスファッション

イギリスからこんにちは。イギリス在住アルノ(@ecerydayuk)です。

今回は、イギリス人のファッションのタイプについて、ファッション業界者でもない一般人のわたしがおこがましくも率直に感じることを紹介いたします。

イギリス人のファッションを考える上で、まず【ロンドンと他の地域では大きなファッションセンスの違いがある】と理解しなければなりません。

ロンドンは 世界のファッション最先端が集まる場所であり、階級、住む地域、年齢、民族、好みによってもタイプは異なります。

アルノ
アルノ
ロンドンは まさに階級や民族を超えたカオスファッション!

また、その人のファッションを見ると、その人がどのような人であるか ある程度察しがつく面白さもあります。

この記事はわたしの個人的な考察によるものですが、イギリス人のファッションセンス、イギリス発のブランドに興味があるかたの参考になれば幸いです。

イギリスのファッションブランド(主に女性服)とともに紹介します!

1、英国正統派ブランド系

スーツ姿の男女

正統派ブランド系で、イギリスらしい一般的なブランドといえば

上質さの中に、どこか個性的なデザインが際立つのがイギリス正統派ブランド。

仕立ての良いツィードの服、トレンチコートやスーツを非常に品よく紳士も淑女も着こなしています。

また、シティなどオフィス街に行くと、さまざまなラクジュアリーブランド物に身をつつんだ人たちとすれ違います。

これは日本のオフィス街と同じ感じですね!

女性も男性もスーツをきっちり着込み、骨太な骨格にスーツがとても似合うと羨ましく感じます。

また、アッパークラス階級の人々はサヴィル・ロウ(Savile Row)でスーツを仕立てたり、貴族階級が好むブランドというものがあります。

メンズの上流階級志向、まさに英国紳士のブランドについては『本物志向の英国紳士10ブランド【覚えておきたいイギリスメンズファッション』の記事をご参考ください!

かっちょいいですよ!

イギリス メンズ ブランド
本物志向の英国紳士10ブランド【覚えておきたいイギリスメンズファッション】高品質で本物志向の紳士服を探している方へ。イギリスのメンズファッションは、個性的で前衛的なものから 伝統的でクラシカルなものまでさまざまなブランドがあります。チャールズ皇太子をはじめとするイギリスの上流階級の紳士が選ぶメンズ10のブランドを紹介します。...

2、アバンギャルド、パンク系

アバンギャルドガール

尖った前衛的なファッションは ロンドン若者たちの真骨頂。

アバンギャルド、パンクファッション、ロリータファッションなども見かけます。

ビンテージの古着をユニークに着こなす姿は、ロンドンっ子やロンドンファッションにあこがれて留学してきた若者たちの得意とするもの。

ブランドとしては、「ヴィヴィアンウエストウッド/Vivienne Westwood」あたりか。または『古着』の活用。

特に昔スラムだった街からアート・ファッションの街として生まれ変わったイースト・エンド・ロンドンは若者ファッションの先駆地であり、ファッションの個性を競う場所でもあります。

ビンテージ物がそろうブリックレーン/Brick Laneや、アーティスティックなショーディッチ/Shorditchに足を踏み込めば新しい世界が広がります。

特にヤングなあなたに 刺激的な街としておすすめです。

ロンドン・ストリートスナップ撮影もよくこのイースト・エンド・ロンドンで行われます。

わたしの友人はアッシュピンクに染めた髪に自分で作った服でこの街のサンデーマーケットに繰り出し、よく撮影依頼されていました。

あなたも自分らしい個性的な装いでイースト・エンドに出かけてみてください。

最寄り駅はリバプール・ストリート駅/Liverpool Street 。

リバプール駅からブリックレーンまでの散歩も楽しい。

もうひとつ、ブリックレーンより観光っぽい雰囲気があるものの、地元ロンドナーも集まり、活気あふれるカムデン・マーケット/Camden Market。

このマーケットでは衣類、ハンドメイド、アンティーク、フードショップが集まっていて、いろんなファッションに身を包んだ人たちに遭遇します。

アルノ
アルノ
カムデンは、スリなどの安全対策をして訪問しましょう。

また、新しい流行の発信地として、スコットランドのエジンバラグラスゴーが注目されています。

この地域に行くあなたは、ファッションチェックもお忘れなく。

3、ハイストリートショップ系

ロンドン,ピカデリーサーカス

ロンドンに限らず、イギリス中の町はたいていどこにでもフランチャイズのファッションブランド「ハイストリートショップ」があります。

ブランドでいうと、

これらのショップはイギリス中どこでも買える安心感、案外リーズナブルな値段が特徴です。

あ!忘れちゃいけないイギリス発の超激安ブランド

わたしは長らくプライマークの商品は、安かろう、悪かろうだろうと手を出さずにいました。

ものは試しと先日コットン100%のTシャツを買ってみたのです。一枚2ポンド。

為替計算154円だとだいたい300円。これが、イギリスの激しい洗濯に耐えてくれてます。ちょっと見直してるこのごろです。

イギリス発ファッションでなくとも、ロンドンならオックスフォードストリートを歩くと、スウェーデン発「H&M/エイチアンドエム」、スペイン発「ザラ/ZARA」、アメリカ発「ギャップ/Gap」など日本でもおなじみのショップがあるので安心。

イギリスに来ても日本の製品が落ち着くなら、「ユニクロ/UNIQLO」、「MUJI」があります。

アルノ
アルノ
でも、せっかくイギリスにいるのでイギリス発ブランドにこだわりたいところです。 

店舗のあるイギリス発ファストファッション15ブランド”を総まとめの記事が参考になります。

どどん!と英国発ファストファッション総まとめ(店舗あり15ブランド)

イギリス ファストファッション プチプラ ファッション ブランド 英国 UK Fashion
どどん!と英国発ファストファッション総まとめ(店舗あり15ブランド)「イギリス発のファストファッション・ 15ブランド」を総まとめ!プライマークやトップショップなど英国にたくさんあるファッションブランドの個性、特徴の全体像がわかります。手軽にロンドンテイストが手にはいるブランドです。...

 


4.ピッピースタイル

ヒッピースタイル

これは私の住むデボンでよく見かけるんですよね。

自然を愛し、化繊よりコットンや麻、ウールなどの自然の素材にこだわりがあります。

またファッションとしても体の動きをじゃましないような形、歩きやすい靴、素朴なものを好む傾向にあります。

日本の布地は尊敬され、フォークロア、インド服もよく見かけます。

自由。裸足。そして自然。

アルノ
アルノ
ブランドというより、素材にこだわりがあります。 

5、キャス系


※画像はキャス・キッドソンHPより引用

キャスキッドソンは、イギリスでもバッグやホーム用品で有名です。

小花プリントのかわいいバックを持っていたら、その人はキャス系です。

ハンドメイド好きイギリス人女子に「キャス・キッドソン/Cath Kidston」を好む人が多いように感じます。

キャス系の他のブランドは…

6、こだわりない系

シャツにジーンズの女の子

ファッションやブランドにあまり興味を持っておらず、綿シャツやTシャツにジーンズ、スニーカー、ジャージー、セーターに身を包んでいます。

チャリティショップで服をゲットするのも好き。

まとめ

以上、個人的に考察した「イギリス人の6つのファッションタイプ」を紹介しました。

上記6つのファッションタイプの他にも、最近はアスレジャー(スポーツ系)をよく見かけます。

またわたしの中では、ニューデザイナー系やアウトドア系、ロックンロール系、ストリート系、サーファー系、腕にタトゥーだらけのマッチョ系、なにがなんでもセクシー系なっていうタイプもいます。

イギリスは新しいデザイナーが生まれやすい場所。

どんどん生まれているニューデザイナーブランドについては、またの機会にまとめて記事にできたらと思っています。

自分のファッションはおいておいて、イギリス人のファッションについていいたいことを書きました。

周りに流されず自分の着たい服をきている」それがイギリスファッションの基本です。

ちなみに、わたしはというと、、、

イギリスにきてから乾燥が原因なのか、化繊が肌に合わなくなってしまいました。

服選びでこだわるのは、コットン、麻、ウールなどなるべく肌を刺激しない素材。

系統でいうとヒッピー+シンプル系といいたいところ。

アルノ
アルノ
あーーーこだわりない系かも。 

ロンドンにいたころは、アンティークや古着にこだわった時期もあったし、ニューデザイナー系を楽しんだころもありました。

しかし、現在のイギリス南西部暮らしでシンプルな生活に目覚めてからというもの、服もなるべく捨てずにいます。

捨てないので、新しく購入することも少なくなりました。

例えばデザインが古くなった衣服を自分でリメイクしたり、購入するとしても「安心できる素材で、シンプルな形もの。そのかわりカラーや柄は遊びがるもの」を念頭に服選びをしています。

そんな選び方をした服は、着れなくなっても「素敵なハギレ」として生まれ変わることができます。

素材というより、デザインで好きなのはロンドンから誕生した「ボーデン/Borden」というブランド。

もともとはメンズ服です。明るくポップなラインで着ていると元気がでます。また、ここは「Mini Borden」という子供服もすっごくかわいらしいです。

Bordenの服を子供に着せていると「それ、どこで買ったの?」と質問される率が高かった!ネットで購入できて、おすすめです。

今回は、イギリス発のファッションについてわたし個人がイギリス人ファッションを観察したうえでの個人的考察でした。

イギリス・ファッションの記事はとても人気があります。イギリスのファッションに興味があるあなたはこちらの記事まとめをぜひ参考にしてください。

イギリスファッション
【イギリスファッションまとめ】英国ブランド・ロンドンスタイル・ロイヤルファッション!「イギリス発のファッションブランドが知りたい 「英国ファッションに興味がある」 そんなことをと考えている英国スタイルが気にな...

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。