ファッション

本物志向の英国紳士10ブランド【覚えておきたいイギリスメンズファッション】

イギリス メンズ ブランド

紳士の国、イギリス。

上流階級、貴族、そしてロイヤルファミリーが集う国、イギリス。

イギリスのメンズファッションは、個性的で前衛的なものから 伝統的なクラッシクなものまで多様なブランドがあります。

今回は、本物の紳士を目指すかたへ、イギリスの上流階級の紳士が選ぶメンズファッション10のブランドを紹介します。

英国ジェントルマンのメンズ・ブランドとりあえずこれだけは知っておこう!」というブランドがずらり。

本気で高品質な紳士服・メンズアクセサリーを探している方には、このページに紹介するブランドが参考になります。

プレゼントにもおすすめの本物志向の英国メンズ・ブランドです。

※日本で どこで購入できるのかも記載しています。

1)バブアー(Barbour)

アルノ
アルノ

上流階級が選ぶ しっぶい田舎服

 バブアー(Barbour)は、「他の追随を許さない」と言ってもいいほど 英国紳士に信頼されている アウトドアファッションブランドです。

愛される理由は、服の耐久性と耐候性。特にやわらかく、防水、通気性に富む綿ジャケット(オイル加工)がおすすめ!

1974年エディンバラ公フィリップ殿下、1982年エリザベス2世、1987年チャールズ皇太子からロイヤル・ワラント(英国王室御用達)を授かっています。

★どこで購入できる?→日本公式サイト(購入可): https://www.japan.barbour.com/

 

2)ジョンスメドレー(John Smedley)

 

アルノ
アルノ

イギリスのニットウェアの代名詞!

ジョンスメドレー(John Smedley)は、英国の田舎ダービシャー州に本拠をかまえる伝統的な製法で高い品質のニットを作り続けているブランド。

セーターやカーディガン、、ニットといえば、ここでしょ~、みたいな感じです。

愛用者に、ジェームズ・ボンド、ビートルズなど有名人がたくさん!

まず買うべきは、シンプルなセーター。

★どこで購入できる?→日本公式サイト(購入可): https://www.johnsmedley.jp/collection

 

2)オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)

アルノ
アルノ

洗練されたカジュアルスマート!

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)は、独学でテーラーを学びポートベローマーケットから創業。今や世界に名をはせる高級ファッションブランドとなりました。

服の40%を英国製にこだわる高い品質。リラックスしたラインは、細めスーツが嫌いな紳士にも支持されています。

まず買うべきは、品質のいいシャツ。

★どこで購入できる?→ZOZOタウンで一部商品が購入可能です: https://zozo.jp/brand/oliverspencer/

 

3)バーバリー(Burberry)

アルノ
アルノ

紳士もやっぱりお好きなバーバリー!

バーバリーといえば、トレンチコートにバーバリーチェック柄。デザイナーがリカルド・ティッシになってからは、パンクを彷彿とさせるようなストリート感がチラチラ。

また、LGBT(性的マイノリティ)に向けた性別を超えるファッションも目立ち、年齢・性別を超えたハイファッションブランドに。英国人はバーバリーならではの繊細さが好きです。

買うべきは、仕立てのいいコート(トレンチコートはおすすめしません。日本人には難しいアイテム)

★どこで購入できる?→メンズ日本公式サイト(購入可): https://jp.burberry.com/men/

 

4)ポール・スミス(Paul Smith)

アルノ
アルノ

英国ファッションの異端児、サー・ポール・スミス!

ポール・スミスといえば、若者から年配まで幅広い年齢層に支持されるブランド。

カラフルなストライプが象徴的。仕立てのいい上質なファッションをベースにして、遊びココロを加えている、そんなブランドです。

買うべきは、ポール・スミスを感じる個性的なスーツ!財布も好きです。

★どこで購入できる?→メンズ日本公式サイト(購入可): https://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-mens

 

5)プライベートホワイトV.C.(Private White V.C.)

アルノ
アルノ

ローラ・アシュレイの息子ニック・アシュレイがデザインする牽牛な服

プライベートホワイトV.C.(Private White V.C.)のファッションの特徴は、控えめでシンプルなデザインと、牽牛で丈夫な作り

マンチェスターで創業以来、マンチェスター工場で伝統的な製造を守っています。プライベートホワイトの服が丈夫なのは、もともと長く着用できることを念頭に作られているから。

買うべきは、ミリタリーテイストがほどよいオイル加工コート。

★どこで購入できる?→英国公式サイト(日本円切り替え可):https://www.privatewhitevc.com/

 

6)サンスペル(Sunspel)

アルノ
アルノ

ジェームズ・ボンドのポロシャツといえばこれ

Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー紳士に似合う上質な基本のカジュアルウェアを探しているなら、サンスペルを狙いましょう。

1860年にノッティンガムで設立、機能的でフィットした上品な服は『着心地がいい!』と紳士の間で人気なんです。

大人の英国ポロシャツブランド紹介』の記事でもサンスペールを紹介しました。

買うべきは、シンプルな Tシャツ・トレーナー・ポロシャツ3種の神器

★どこで購入できる?→ 公式サイト:https://www.sunspel.jp/

 

7)ダンヒル(ALFRED DUNHILL)

アルノ
アルノ

「男性」を感じるブランド。そしてダンヒルといえば、革!

1893年ロンドンにてタバコと自動車用のアクセサリーショップとして創業。以来革製品で成功し、現在はアクセサリーや衣服など幅広く手がけています。

ダンヒルの魅力はその「ジェントルマン性」。古典的でありながら古臭さも感じない。一生付き合っていける、それがダンヒルの製品です。

まず買うべきは、やっぱり財布・バック。それからネクタイ、衣服へ。

★どこで購入できる?→英国公式サイト(日本円切り替え可):https://www.privatewhitevc.com/

 

8)ハケット(Hackett)

アルノ
アルノ

英国紳士を作り上げるための 最も典型的なブランド

ハケット、かっちょいいです!

これぞ英国紳士!優れたデザイン、縫製の美しさ、ビジネスシーンから、週末のカジュアルシーンまで、世界中の紳士から愛されるブランド。

1979年にジェレミー・ハケットとAshley Lloyd-Jenningsが共同で創業。以来「モダンジェントルマン」として称賛されています。

また、アストン・マーチンとのコラボ、F1やブリティッシュポロなど、英国のスポーツをサポートする長い歴史を持っていることでも有名。

まず買うべきは、美しいシャツ!そしてブランドの良さを知った上でスーツですな!

どこで購入できる?→ハケット ロンドン 銀座店(東急プラザ内 TEL:03-6264-5362

9)ジョンストンズ(Johnston’s of Elgin)

アルノ
アルノ

最高品質のカシミアといえば、このブランド!

1797年、スコットランドのジョンストン家とハリソン家の2家族で創業しました。

原毛選びから、染色、紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで厳しく管理され、その最高品質のニット製品は、世界トップデザイナーや本物思考の顧客に愛されています。

まず買うべきは、カシミアマフラー。ふっわふわでとろけそうな肌さわり。

★どこで購入できる?→ 公式オンラインサイト: https://lea-mills.jp/item/johnstons/

 

10)Turnbull & Asser(ターンブル&アッサー)

View this post on Instagram

The history behind the #cocktailcuff, written by @charlieburtongq for @britishgq, “In the Bond novels, Ian Fleming never mentions what brand of shirt Bond wears. We simply read that they are Sea Island cotton and made on Jermyn Street. And we certainly don’t hear anything about a cocktail cuff. The inspiration for that was, in fact, David Niven. The cocktail cuff was a hallmark of Niven’s shirts, which were made for him by Turnbull & Asser. Dr. No director Terence Young saw these in the shop and requested that they also feature on Connery’s shirts. Makes sense: Niven was actually Ian Fleming’s first choice to play Bond.” You can shop the Dr. No shirt now using the link in our bio. Image by @jahied. #turnbullandasser #turnbull_asser #shirtmaker #jermynstreet #mayfair #clothiers #menswear #mensfashion #editorial #fashion #craftsmanship #socialmedia #london #royalwarrant #giftsforhim #heritagebrand #britishheritage #sustainability #ties #seasonal

A post shared by Turnbull & Asser (@turnbull_asser) on

アルノ
アルノ

世界中のセレブに愛される上質シャツメーカー!

1885年ロンドンで創業以来、世界的な評価を得たシャツメーカー。

【本物のシャツ】にこだわり、王室御用達、そしてジェームズ・ボンド(ショーン・コネリーなど)の愛用するシャツとしても有名。

オーダーして作るターンブル & アッサーのシャツは、間違いなく長く着用できる愛用品となるでしょう。

まず買うべきはネクタイ。(え!?シャツじゃないの?)厚手シルクで作られたタイは、上品な光沢と手にすっと馴染むような肌さわりが特徴。タイに満足したら、オーダーメイドでシャツを作りたい。

★どこで購入できる?→ ヴァルカナイズ・ロンドン(青山店などの店舗)

まとめ

以上、本物の英国紳士の御用達である、10のイギリスメンズファッションブランドを紹介しました。

アルノ流に10ブランドを選びましたが、もちろん上記ブランドの他にもたくさんのブランドがあります。

例えば、日本で手に入れやすいアクアスキュータム、マーガレット・ハウエルなどもそう。

この記事で紹介したブランドは、英国ジェントルマン雑誌で常連のブランド、貴族たちが好んで身につけているブランド、ジェームズ・ボンドがお好きなブランドから アルノ流に選ばせてもらいました。

英国のミドルアッパークラスから上流階級の紳士たちが好んで身に着けているブランドです。

本物志向の彼へのギフトとして。

父の日のプレゼントに。

自分のビジネスが成功したときのご褒美に。

本物の高品質の衣服を身に着けたいときに。

そんなときに、これらの英国紳士のブランドが役に立ちます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。