こどもをグローバル人材に育てるならコチラ ≫

海外に運動会はある?日本の運動会とイギリスの運動会7つの違い

  • URLをコピーしました!

・海外に運動会ってあるの?

海外には日本の運動会とは全く違いますが、スポーツデー(Sports Day)なるものはあります。

日本の友人から質問されたことをきっかけに、海外(イギリス)の運動会と日本の運動会について考察してみました。

日本の運動会、、運動音痴のわたしにとっては一年で最大の苦しみを味わう日でした。

ちなみに、第二位の屈辱イベントは 水泳大会、第三位はマラソン大会です。

運動会は「スポーツのできる子の引き立て役」以外の何事でもなく、親を毎度がっかりさせることへの恐怖心さえありました。

この記事では、イギリスの運動会の様子をレビューし、海外と日本の運動会の7つの違いを紹介します。

アルノ

記事を書いているのは、在英歴10年のアルノです。日本の運動会と比較してみましょう!

目次

1)日本の運動会とイギリスのスポーツデー(Sports Day)

日本の徒競走

日本の運動会の海外の反応は、、、

「軍隊みたい」、「ファンタスティック!」などさまざまに意見がわかれます。

イギリスの運動会は、「スポーツデー(Sports Day)」という名の運動ゲーム会です。大会ではありません。

イギリスのスポーツデーの一番の特徴は、学校ごとに種目や雰囲気がかなり違う!ということです。

日本の場合は、体育・保健体育科の明確な学習指導要領が体系化されているため、発達の段階をふまえた基礎体力作りや、必ず勉強しなければならないスポーツが全国レベルで決まっています。(公立)

しかし、イギリスの「体育」は日本のような明確な方針はないため、学校によって違うのです。

体育施設が充実している学校、プールがある学校はまれで、わたしの印象では、「とりあえずポピュラーなスポーツをゲームとしてみんなでやってみる、のがイギリスの学校体育」だと思っています。(※学校によって違います)

そのため、日本の体育で習ったようなこれらのこと…

  • スポーツ精神の育成
  • 体幹を鍛える
  • スポーツゲームの方法や技術を身につける

というようなことは、イギリスの学校体育では一切期待できません。

そのため、スポーツに力を入れたい親は学校を選ぶか、学校以外のスポーツクラブに通わせることで子供にスポーツを学ばせています。

このクラブもきっちり選ばなければ、ただの遊びで終わります。

2)運動会の競い方がちがう

Gotta be proud of my 2nd place finish in the obstacle race at a school’s sports day. Can’t beat getting a sticker too! pic.twitter.com/kW0EfRAG

— Leigh Overton (@LeighOvo1) 2012年6月25日

日本の運動会の競い方

  • 紅白にわかれて競う
  • 全校生徒(全学年が一緒に)が参加する

イギリスのスポーツデーの競い方

  • 色わけによる対戦。(息子の学校では色分けの目印もないので誰がどのチームかよくわからなかった。オーガナイズ不足を感じる)
  • 学年ごとに参加する。または2、3学年が合同で行う
  • レースで勝ったら、スティッカー(シール)をもらえる(写真)
アルノ

イギリスのレースは、真剣に「1位」を決めるためのものではありません。

3)運動会シーズンが違う(歴史の違い!)

Glorious day for Sports Day and the earlier chess competition. Thank you to @Chartwells_UK who supplied lemonade and ice lollies. pic.twitter.com/o32xX2Bhfg

— stgregoryscs (@stgregoryscs) 2019年7月3日

日本の運動会シーズンと日程

  • 9月中旬~10月がシーズン(最近は春の開催も多い)
  • 準備に1ヶ月以上の練習をする(吹奏楽部なども含め)
  • 大会は丸一日かかる

日本の運動会がに行われるのは、国民の祝日「体育の日」が10月の第2月曜ということと、そもそもの起源である明治時代の海軍兵学寮が開催した運動会がこの時期だったことに由来しています。

最近になっての運動会がちらほら聞くようになったのは、行事の分散化と、気候変動による秋の残暑が厳しく熱中症対策によるものといわれています。

イギリスの運動会シーズンと日程

  • 6~7月初旬に行われる(スポーツデーのない学校もある)
  • 準備や練習はほとんどない。全員揃っての予行練習はあっさり。
  • 午後から2時間ほどの学校が多い

イギリスのスポーツデーが春に行われる理由は、近代オリンピックが関係していると推測しています。

第一回近代オリンピック(アテネ)が開催されたのが、1896年4月6日~4月15日でした。

息子が前通っていたシュタイナー学校のスポーツデーには、こどもたちは古代オリンピックの仮装でスポーツ会をしていました(高学年のみ)

4)運動会の種目が違う

日本は?

日本の徒競走、リレーは本気度マックス!

日本の運動会のあるある種目

  • 徒競走
  • リレー
  • 大玉転がし
  • 玉入れ
  • 綱引き
  • 騎馬戦
  • 障害物競争
  • 騎馬戦
  • ダンス(フォークダンスなど)
  • その他(二人三脚・借り物競走・マスゲーム・ムカデ競争…)

日本全国津々浦々で行われる伝統的競技があるのが一番の特徴です。

イギリスの種目は?

イギリスのスポーツデーのあるある種目

  • 障害物競走(例:フラフープをくぐりながらのリレー)
  • エッグレース
  • ポテトサックレース
  • 二人三脚
  • 徒競走(唯一、イギリスの子どもたちがまさかの本気を出していた種目)

個人的に競争する種目は徒競走くらいなので、だいたいがチームごとの運動ゲームを楽しんでいます

私の印象ではイギリスの子どもたちは、「勝ちたい!」という気持ちは人一倍なので、ゲームをそれなりにがんばってる様子。

しかし、日本人の目を通してみると「喝!」と言いたくなるようなだらだらとした体たらく。

練習もないので 進行も秩序なく、ワラワラと終わります。

エッグレースやポテトサックレースについては、イースターの記事で遊び方を紹介しています。

5)音楽・飾り付けが違う

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次