\ ポイント最大46倍! /

【イギリス夏旅行】イギリスで人気のサマーリゾート地ランキング 10

コーンウォール
  • URLをコピーしました!

・イギリスで夏におすすめの人気のエリア、観光スポットはどこ?

イギリスで毎年発表されるSykes HolidayCottagesの調査で、「イギリス人が夏にでかける保養地のベスト10」が発表されました。

この記事は、このランキングをもとに個人的な意見を交えながら「イギリスで最も人気のあるサマーリゾート地ランキングのトップ10 を紹介します。

イギリスの夏を楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

アルノ

記事を書いているのは、在英歴10年(ロンドンとデボン)のアルノです。個人的におすすめなのはドーセット、デボン&コーンウォールです♪

目次

1位. 北ウェールズ(North Wales)

イギリスの人気サマーリゾート地のトップにおどりでたのは、
常に上位だったデボン&コーンウォールを抜いて北ウェールズ

北ウェールズはケルト文化が色濃く残り、大自然と古城が点在する名所だらけの地域です。

私も友人を訪ねてバンゴールに滞在したことがありますが、イメージするイギリスとは違う独特の【異世界】がひろがってました 。

北ウェールズの人気の滞在ポイントをいくつか紹介します。

スランディドノ (Llandudno)

スランティドノは、北ウェールズを代表する海辺のリゾート地。ここは不思議の国のアリス」にゆかりのある地で、「Alice In Wonderland Trail(アリスの不思議な旅 散策)」が楽しそうです。

ビーチにかかる 19世紀のピア(pier 桟橋)が美しい。

さらに足を伸ばしてコンウィへ行けば、エドワード1世が建設したコンウィ城(Conwy Castle)がドーンと!

カナーボン(Caernarfon)

カナーボンは、ウエールズを征服したイギリス王エドワード1世が築いたカナーボン城と城壁に囲まれた旧市街が中世の雰囲気たっぷり。

カナーボン城は、エドワード1世の長男(後のエドワード2世)が誕生して以降「プリンス・オブ・ウェールズ(英国王室歴代の皇太子の称号)」の起源となった歴史をもっています。歴史好きにはたまりませんね。

バンゴール(Bangor)

バンゴールはメナイ海峡をのぞむ ウェールズ北西の小さな町で、英国最古といわれるバンガー大聖堂(525年建設)ペンリン城(Penrhyn Castle)が見どころ。

スノードニア国立公園(Snowdonia National Park)

広大なスノードニア国立公園は、イングランドとウェールズでの最高峰(標高1085m)であるスノードン山があります。

スノードン登山鉄道(Snodon Mountain Railway)で山頂をめざしたい。

ポントカサステの水道橋(Pontcysyllte Aqueduct)

橋の上をナローボートで渡れる イギリスで最も高く、最も長い水道橋。世界遺産です!

高さ約38メートルの水道橋から風光明媚な風景を眺めながらのボートトリップは最高でしょうね。

2位. カンブリア湖水地方(Cumbria)

イギリスの人気サマーリゾート地の第二位は、常に1、2位常連だったデボン&コーンウォールを抜き、湖水地方のカンブリアが獲得!

湖水地方といえば点在する湖と、ビアトリクス・ポターやワーズ・ワースなど多くの文人に愛された土地としても有名です。

わたしもウィンダミア湖、ボウネス(Bowness)、ポターの家を訪ねたことがあります.【まんまピーターラビット】の世界で、そこにいるだけで 癒やされました。
湖水地方で人気のある町やポイントを紹介します。

湖水地方国立公園(Lake District National Park)

この国立公園まるごとが湖水地方といえます。

ウィンダミア湖ワスト湖グラスミア湖など多くの湖だけでなく、イングランド最高峰のスコーフェル・パイク(Scafell Pike)、など高い山にかこまれた起伏にとむ自然の宝庫!

ウインダミア湖(Windermere)

湖水地方の玄関口といわれるウィンダミア。

ウィンダミア湖はイギリス最大の湖で、湖畔のまわりには多くの散策コースがあります。

ニア・ソーリー(Near Sawrey)

ニア・ソーリーは、『ピーターラビット』の著者であるビアトリクス・ポターが過ごした家「ヒル・トップ(Hill Top)」が人気。

村のあちこちにポターの絵本に登場する景色が残り、世界中からポターファンが訪れる場所。

グラスミア(Grasmere)

グラスミアは、ロマン派の詩人ワーズ・ワースが愛した村で、ワーズワース博物館や、ワーズワースが眠るオズワルド教会(St Oswald’s Church)は行きそびれたので、いつか行ってみたいです。

3位. コーンウォール(Cornwall)

やっぱりイギリスの人気サマーリゾート地といえば、青い海がどこまでもひろがるコーンウォール!

晴れた日のコーンウォールは、どのビーチも間違いなく満足できます。イギリスで「青い海が恋しい」って思っているなら必見の場所。

美しいビーチが目当てならNewquay(ニューキー)Kynance Cove(カイナンス コーヴ)Mawgan Porth(マウガンポース)も要チェック。

コーンウォールで人気のあるやポイントを紹介します。

セント・アイヴス(St Ives)

セント・アイヴスは、コーンウォールで最も美しく、最も人気のリゾート町といわれています。

アーティストが多く、美術館やギャラリーが多いのも特徴。湾をぐるりとかこむビーチ地帯は夏は人気がありすぎて ごったがえすので注意してください。

セント・マイケルズ・マウント( St Michael’s Mount)

イギリスの「モン・サン・ミッシェル」といえば、ここ!

イギリス最西地の拠点であるペンザンス(Penzance)から、車で約5分ほどの場所にあって交通アクセスもよい。干潮時には歩いて島にわたれる(島の中にはいるにはチケット購入が必要)素敵な場所!

ランズ・エンド(LAND’S END)

イギリスの最西端、世界の果てがランズ・エンド。

断崖絶壁にすきふさぶ風、どこまでも青い海の姿がとにかく絶景(天気のいい日がおすすめ)

ポースカーノ・ビーチ(PORTHCURNO)

イギリスで最も美しいといわれるポースカーノ・ビーチ。

見た瞬間「え?ここイギリス??」って脳内が混乱する、息を呑むほど美しいビーチ。晴れた日に行きたい。 ミナック・シアターのお隣です。

ミナック・シアター(Minack Theatre)

大西洋の大海原を背景に、断崖絶壁を一人の女性が切り砕いてつくられた 圧巻のミナック・シアター。シェイクスピアが似合う荒々しくも美しい野外ステージ。

絶景といい、シアターの驚くべき手作り感といい、手入れされた植物といい、、もういろいろすごすぎる場所です。おすすめ。

エデン・プロジェクト(Eden Project)

エデン・プロジェクトは 未来型の植物園で、バイオドームと呼ばれる巨大なドームはが特徴。

熱帯雨林と温帯性気候の温室では、地球上のあらゆる植物を見ることができます。植物の学習を兼ねられるので子供連れの旅にもおすすめ。

4位. デボン(Devon)

人気のサマーリゾートといえば、わたしの住むデボンも常連です!

ここで紹介する他にも、海賊の町ブリックハム(Brixham)、ヒッピーの町トットネス(Totnes)、落ち着いた海岸町シドマス(Sidmouth)、北デボンのウーラクーム(Woolacombe)が夏におすすめの場所がいっぱい。

美しいビーチが目当てならキングスブリッジ(Kingsbridge、ソントンサンズ(Saunton Sands)、ブラックプールサンズ(Blackpool Sands)をチェック。

詳しくは「» イギリス南西部デボンで訪れたい とっておきの場所12選」が参考になります。

デボンで夏の時期に人気のある町やポイントを紹介します。

ダートマス(Dartmouth)

南デボンの美しい小さな港町。わたしのお気に入りの町です。

ペイントンからダートマスまでをつなぐ蒸気機関車の旅(Dartmouth Stem railway)がおすすめ。市民もつかうフェリーでちょっとした船遊びも楽しい。

トーキー(Torquay)

トーキーは「イングリッシュ・リヴィエラ」と呼ばれる昔からのリゾート。

アガサ・クリスティ生誕の地なので、ゆかりの場所めぐりが人気。

ゆかりの地「» コッキントン村」、足をのばしてアガサの夏の別荘「» グリーン・ウェイ」もおすすめ。

ダートムーア国立公園(Dartmoor National Park)

ダートムーアは英国屈指の荒野がひろがる 奇岩トァ(Tor)散策など 大自然を体験できる場所。

案外交通の便がわるいので、バスの便もある 巨大な奇岩「ヘイトア(Hytor)」を目指すことをおすすめします。

ウーラクームビーチ(Woolacombe Beach)

北デボンのウーラクームビーチは、世界のビーチランキングで常に上位の美しさ!

長く続く砂浜が特徴で、サーファーやボディ・ボーターが集うサーフスポットでもあります。

5位. North Yorkshire(北ヨークシャー)

イギリスで人気の夏の保養地第5位はノース ヨークシャー。

イングランド北部に位置し、北海の港町ウィットビーや人気のスカボロ-をはじめ、山や谷に覆われた広大な国立公園ノース・ヨーク・ムーアがある地域です。

ノースヨークシャーで人気のある町やポイントを紹介します。

ヨーク(York)

荘厳で古い歴史をもつヨークは、ヨーロッパ有数の規模の大きなヨーク大聖堂が見どころ。

スカボロー(Scarborough)

ノースヨークシャー最大の観光地といわれるのがスカボロー。海岸の街で、サイモン&ガーファンクルの歌『スカボロー・フェアー』で有名ですね。

ノース ヨーク ムーアズ国立公園(The North York Moors)

ノースヨークムーア国立公園は、イギリスで最も広いムーア(荒野)で、おすすめはノースヨークムーアズ鉄道に乗車して絶景を眺めることだそう!

6位. Yorkshire Dales(ヨークシャーデイルズ)

イギリスの人気のサマーリゾートの第6位は、ヨークシャデールズ。

ヨークシャデールズはイギリスのど真ん中に位置するノースヨークシャ地方の国立公園です。

いつか行ってみたい場所のひとつです。

7. Peak District(ピーク・ディストリクト)

イギリスの人気のサマーリゾートの第7位は、イングランド中部ダービシャー州にあるピーク・ディストリクト(Peak District National Park)。

ピーク・ディストリクトは、イギリスで最初に指定された国立公園として有名です。

8位. South Wales(南ウェールズ)

イギリスの人気のサマーリゾートの第8位は、南ウェールズ。

山や岩の多い地域で、ケルト文化とドラゴン伝説が今も息づくドラマチックな地域で、私もカーディフに行ったことがあります。

イギリスとはガラリと雰囲気がかわります!

カーディフ(Cardiff)

カーディフは産業革命に石炭の輸出港として栄えたウェールズの首都です。

カーディフにはいったとたんにケルトの文化とウェールズ語を肌で感じることができる。カーディフ城(Cardiff Catsle)も見どころ。

ブレナヴォン(Blenavon)

産業時代にウェールズ石炭の採掘の中心となった町。

今は ビッグ・ピット国立石炭博物館(Big Pit National Coal Museum)や ブレナヴォン製鉄所(Blenavon Iron Works)にその形跡をみることができます。(世界遺産)

ブレコン・ビーコンズ国立公園(Brecon Beacons National Park)

ウェールズの南部から中部にかけて広がる広大な地域。4つの山や深い渓谷をふくむ 起伏にとんだ美しい国立公園!

9位. East Anglia(東アングリア)

イギリスの人気のサマーリゾートの第9位は、イングランド東部に位置する東アングリア。

東部の穏やかな海岸線と、ケンブリッジからノーフォークまでの歴史ある町が魅力です。

ケンブリッジでケム川下りと、大学めぐりをしました。何度でも行きたくなる町、それがケンブリッジ。

ノーリッジ(Norwich)

中世イングランド最大の城塞都市だったこの町は、今でも中世の面影が残る都市。

ウィリアム征服王が最初につくったとされるノーリッジ城に、ノーリッジ大聖堂(1096年)も見どころ

グレート・ヤーマス(Great Yarmouth)

ノーフォーク州にある海岸沿いの町で1760年以降海辺リゾートして発展しています。

東アングリアの海岸の街は、他にオールドバラ(Aldeburgh)サウスウォールド(Southwold)などがあります。

ケンブリッジ(Cambridge)

オックスフォードと並ぶイギリス屈指の大学都市。ケム川(River Cem)をパント下りするのも楽し、カレッジ巡りも楽しい!

10位. Dorset(ドーセット)

イギリスの人気のサマーリゾートの第10位は、ドーセット。

東デボンからドーセットの一帯のジュラシック・コーストの拠点としてライム・レジス(Lyme Regis)Bournemouth(ボーンマス)Weymouth(ウェイマス)、など見どころたっぷり。

東デボンから続くジュラシックコーストも、ドーセットが本場です。

ロンドンから近いので、気軽に行けるリゾート地としても人気です。

ダ-ドル・ドア(Durdle Door)

ドーセットといえば、ダ-ドル・ドアの景勝ははずせないポイント!

ジュラシック・コースト(Jurassic Coast)

ユネスコ世界遺産のジュラシックコーストは、デボンからドーセットの海岸線一体をさしています。

ここには1億8500万年の地層から、アンモナイトや恐竜、植物の化石が発見されています。誰でも気軽にできる化石ハントで世紀の発見も夢じゃない場所。

ライム・レジスを拠点にするもよし、絶対に化石をゲットしたいならチャーマス(ドーセット)のフォッシルハンティング散策(Charmouth Fossil Hunting Walks)を予約しましょう!

英国夏旅のポイントと、まずはどこでもいい旅にでよう!

以上、「イギリスで最も人気のあるサマーリゾート地ランキング10」を紹介しました。

イギリスのイメージって、「ロンドン」、「田園風景」の人がほとんどだと思います。

しかし、足をのばせば「美しいエメラルドグリーンのビーチ」も「大自然の驚異を感じる広大な国立公園」も「ヨットが行き交う港町」もそこかしこにあり、夏のホリデーをたっぷり満喫することができます。

アルノ

イギリスのサマーリゾートの注意点ホテルえらびです。熱波が毎年来るようになり、空調設備のない部屋だと寝れません。施設設備をチェックしてエアコンのあるホテルを選ぶのが快適な英国夏旅のポイント♪

まずはどこでもいい!旅にでませんか?

人生に迷ったり、息苦しさを感じているなら、まず今いる場所から離れると日常ではみえなかった【なにか】が見つかることがあります。

わたしの人生で大きな転機となったのはいつも【旅】での、見知らぬ町、見知らぬ人との出会いからでした。旅先でのちょっとの出来事があなたの人生を180度変えることがあるのです。

私のオススメは、ポイントがたまって、定期的なキャンペーンがお得な楽天トラベル!毎月5と0のつく日は国内高級宿が5%OFFになるなど ちゃんとお得。

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。
この記事があなたのお役にたてばうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。アルノ

コーンウォール

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次