英国子育て

英国在住者が教える【イギリスの伝統的な人気絵本10選】英国の世界感にはまれる!

イギリスらしい絵本を読みたい!

英国で親しまれている伝統的な絵本が知りたい

イギリス南西部デボンの田舎町よりこんにちは。アルノです。

イギリスの世界観をたっぷり感じることができる英国の児童文学書。

古くは18世紀からつづき、今や世界中のこどもたちに親しまれているイギリスの伝統的な人気の絵本を10冊紹介します。

英国児童文学の歴史とともに、英国文学を学んだイギリス人の知人やママ友に実際に調査もしました。

あなたがもしイギリス文学の世界観、英国の文化や風景に心惹かれているなら、今回紹介する絵本はきっと満足します!

アルノ
アルノ
本が発表された年代が古い順から紹介します! 

マザー・グース(Tales of Mother Goose)

created by Rinker
¥2,267
(2020/08/06 16:35:03時点 Amazon調べ-詳細)

マザーグースは、18世紀以前よりイギリスで古くから伝承されてきた童謡の総称です。

イギリスのこどもたちはマザーグースの歌を「ナーサリーリズム(Nursery Rhyme)」として幼児期から慣れ親しんでいます。

だからマザーグース独特の韻をふんだ詩やメロディが自然と身についているのです。

有名なものでは「ロンドン橋落ちた」、「ハンプティ・ダンプティ」、「スカボロー・フェア」、「ジャックとジル」など、後世の文学や映画に強く影響を与えています!

アルノ
アルノ
例えば映画『シュレック』、『不思議の国のアリス』などにもマザーグースの世界が盛り込まれています 

ピーターラビット(The Tale of Peter Rabbit)

created by Rinker
¥913
(2020/08/06 06:21:43時点 Amazon調べ-詳細)

世界で一番有名なうさぎ、それがピータ・ラビット♪

ベアトリックス・ポター(Beatrix Potter)が1902年に発表しました。

イギリスの田舎であちこちに出没するうさぎたち、こんな楽しい日常を送っていると想像するだけでわくわくします。

物語のなかに、案外さっぱりとお父さんがうさぎのパイにされてるとわかるイラストが登場します。子供に衝撃を与えないように注意しましょう。

たのしい川べ(The Wind in the Willows)

created by Rinker
¥1,012
(2020/08/06 16:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

『ザ・ウインド・イン・ザ・ウィロー(たのしい川べ)』は、ケネス・グレアム(Kenneth Grahame)が1908年に発表した児童文学。

登場するキャラクターが非常に魅力的です。

人のいいモグラと賢いネズミ、たのもしいアナグマ、そしてうぬぼれやでお調子ものだが憎めないヒキガエル!

この4匹の森の仲間を中心にのどかな川べで繰り広げられる日常を描いた物語。

アルノ
アルノ
子供にはちょっと難しいかも。大人におすすめの古典的な絵本です 

くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)

created by Rinker
¥5,134
(2020/08/06 09:40:57時点 Amazon調べ-詳細)

まってました!

『クマのプーさん』は、イギリスの作家A・A・ミルン(A. A. Milne)が1926年に発表した児童小説。

はちみつが大好きなクマのぬいぐるみ(テディ・ベア)のプーと、森の仲間たちとの日常がユニークな描写で語られています。

アルノ
アルノ
クリストファー・ロビン(男の子)、親友の子ブタのピグレット、トラのティガーなど個性豊かな仲間たちが愛おしい! 

きかんしゃトーマス(Thomas the Tank Engine)

世界の男の子たちのハートをわしづかみ!

『きかんしゃトーマス』シリーズは、イギリスのハンプシャーの牧師だったウィルバート・オードリー(Wilbert Awdry)が1946年に発表しました。

イギリスの架空の島ソドー島の鉄道で活躍する、顔とこころを持った機関車たちと、人間たちのストーリー

アルノ
アルノ
機関車たちの性格がいろいろで楽しい!わたしはがんばりやでなんだか上品なテンダー式蒸気機関車のエドワードのファンです。

くまのパディントン(A Bear Called Paddington)

created by Rinker
¥796
(2020/08/06 16:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

『くまのパディントン』シリーズは、1958年にイギリスのニューブリー出身の作家マイケル・ボンド(Michael Bond)が発表した児童文学。

南米ペルーからロンドンにやってきたくまのパディントンは、ひょんなことがきっかけでブラウンさん家族と一緒に暮らし始めますが…?

アルノ
アルノ
くまとブラウンさんが出会ったのがロンドンのパティントン駅だったので、くまの名前はパディントンになりました。今ではロンドンパティントン駅ではパディントン像に出会えます♪

おちゃのじかんにきたとら (The Tiger Who Came to Tea)

created by Rinker
¥812
(2020/08/06 16:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

『ザ・タイガー・フー・カム・トゥー・ティー』は、イギリスの作家ジュディ・スカー(Judith Kerr)によって1968年に発表された童話です。

ママとソフィーがお茶を飲もうとしていると、ドアがトントン。

やってきたのはなんとトラでした!
ママとソフィーはどのようにトラをもてなすのでしょうか?

アルノ
アルノ
この物語全体にながれるふんわりした雰囲気がなんともいえません。ママとソフィー、パパもなんだかおしゃれです♪ 

もものきなしのきプラムのき (Each Peach Pear Plum)

created by Rinker
¥758
(2020/08/07 01:23:49時点 Amazon調べ-詳細)

『イーチ・ピーチ・ペア・プラム』は、イギリスで多くの人気絵本を作成したギリスの夫婦 ジェネット&アラン・アルバーグ(Janet and Allan Ahlberg)夫妻が1978年に発表した絵本。

日本でもすっかりおなじみのこの本は、細部まで楽しめる美しいイラストと、韻をふんだ物語が飽きずに何度でも読める天才的な絵本といわれています。

アルノ
アルノ
イギリスらしい!そんな絵本です。 

スノーマン(The Snowman)

created by Rinker
¥1,600
(2020/08/06 16:35:06時点 Amazon調べ-詳細)

『スノーマン』は、イギリスのイラストレーター、作家の レイモンド・ブリッグズ(Raymond Briggs)が1978年に発表した絵本です。

雪が降り積もる日にジェームズがつくった完璧な雪だるま。

夜、雪だるまが動いているのをみつけます!
一緒に遊ぶふたり、、、、空まで飛び立つふたりですが…

アルノ
アルノ
最後はホロリとする、大人にもおすすめの美しいクリスマス絵本です 

のばらの村のものがたり(Brambly Hedge)

created by Rinker
¥3,537
(2020/08/07 01:23:49時点 Amazon調べ-詳細)

『ブランブリィ・ヘッジ』シリーズはイギリスの作家、ジル・バークレム(Jill Barklem)が1980年に発表した絵本シリーズ。

イギリスの田舎の森で暮らす野ネズミたちの日常や冒険について語っています。 

とにかく絵が美しい!!ページをめくるたびに飛び込んでくる美しいイラストに心奪われます。ずーーと眺めていたい♪

イギリスの田舎の生活はこの絵本の野ネズミたちの日常そのまんまなんです。

このような生活を続けているイギリス人は現代でもたくさんいるんですよ。

まとめ

以上、「英国在住者が教える【イギリスの伝統的な人気絵本10選】英国の世界感にはまれる!」について紹介しました。

中世時代からつづく『マザーグース』が後のイギリス文学に大きな影響をあたえているのがわかりますね。

この記事で紹介した本の中には、伝統的な絵本であるがゆえに幼児にはすこし難しい本も含まれています。

幼児むけの絵本は次の7冊

  1. 『マザーグース』:童謡として赤ちゃんのころから韻に親しんでもらうのが一番おすすめ
  2. 『ピーター・ラビット』:お父さんのうさぎのパイに注意
  3. 『きかんしゃトーマス』:レトロトーマス!
  4. 『くまのパディントン』:小学低学年くらいまで
  5. 『おちゃの時間にきたトラ』:イギリスの幼児も100%読んでます
  6. 『もものきなしのきプラムのき』:イギリス絵本の定番
  7. 『スノーマン』:漫画のような感覚でよめる

これ以外の本は、全体的に字の量が多かったり、描写にひねりがあったりするため、小学生以上から楽しめる絵本です。

また、この記事で紹介した絵本は大人のあなたも確実に満足します。

アルノ
アルノ
こどもと一緒に英国文学にどっぷりひたれて、英語の勉強にもなる、美しいイギリスの伝統的な児童本なのです。 

他のイギリスの絵本についてはこちらの記事を参考にしてください。

気になる英国の伝統絵本はありましたか?

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。
この記事があなたのお役にたてばうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 幸せって何だろう?英国暮らしのなかで感じた心温まること、面白いこと、楽しいことを発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。