まるわかりイギリスの家電購入の重要ポイントとリスト!総まとめ

くらし
Photo by Sven Scheuermeier on Unsplash

イギリスからこんにちは。日本の家電大好きアルノです。

イギリスへ中・長期で移住した場合、やはり何らかの電化製品が必要になります。

炊飯器やホームベカリーなど日本の家電をイギリスで使っているアルノですが、冷蔵庫や洗濯機など大型家電、電気ケトルなどのイギリス的な家電など、イギリスで買ったほうがよい電化製品があります。

留学・ワーホリでイギリスへ来る人は、フラットにだいたい家電や家具、食器類などはそろっているので、心配することはないでしょう。

しかし、中・長期でイギリス滞在となると家具や家電のついていない家も多く、揃えざるえない状況です。

イギリスに到着したばかりのころは、誰だって何を買えばよいのか、どこで買えるのか迷うものです。

イギリスで家電を買う場合の3つの重要ポイント、アルノおすすめイギリスで買うべき家電のリストイギリスの家電一覧リスト(英語付き)、イギリスで家電を購入できる店、イギリスの家電を買う場合に重要なポイントなど、イギリスで電化製品を購入する際の重要事項を総まとめしました。

私自身やまわりの日本人の失敗や経験談をとおし、イギリスで家電購入の際迷うことや、重要なポイントを抑えているつもりです。

イギリスで家電を購入する人へ。少しでもストレスなく、失敗がないように、と思いをこめて記事をまとめます。

 

イギリスで家電を買う場合の 3つの重要ポイント

1.運ぶ方法

イギリスで家電を購入し、持ち帰るとなると、大型の場合はが必要です。知り合いがすでにいて手伝ってもらえたり、車を借りれるツテがあれば安心! しかし、多くの人は最初に知り合いなどいない場合が多い。その場合は、宅配を選ぶことになります。

宅配で安心してはいけません。宅配業者のスタッフは「安全に運ぶ」術を知りません。「家電が到着したとたん車から落ちた」、「約束の時間とおりに来ない」、「約束の日に来ない」、などなどこれは実際にあった話です。そもそも約束の時間そのものが、「午前中か午後」など最高に大雑把な設定です。

小型の家電は、もし持って帰れそうならバスなどで自力で持って帰りましょう。

2.家電の保障

イギリスで買う家電は、残念ながら非常に壊れやすいものがあります。

「使う前から壊れていた」、「部品が足りなかった」、など本当にあることなんです。
夫は、家電でもおもちゃでもなんでも部品があるものは、使う前にかならず説明書と照らし合わせています。

製品を買い、ギャランティがついているものは保障コードなど確保することが大切。
または、誰でも知っている有名ブランドを選ぶか、「信頼できない」がイギリス家電のスタンダートと心得て対処しましょう。
と、いうか日本の製品の質を求めないようにすると気持が楽になります!

3、不要になった場合どうするのか?4つの方法

1、チャリティショップに持っていく

無料で寄付します。壊れていなければだいたい受け取ってもらえます。私は自分がサポートしたいチャリティ団体のショップに持っていくようにしています。

2、売る!

●ロンドンなら、英国有名サイトMix-Bの掲示板で。私もロンドン時代はよくお世話になりました。
●ガレッジセールで。自分でガレッジセールを開催します。よくありました。特にロンドン。
●不用品の売り買いサイトGum Tree(ガムツリー)や、Ebayなどネットで。FBでも地域の売り買いページがあります。
●同じく中・長期滞在者に売る。なんでも持っていってよいからひとまとめ○○○ポンドで!という売り方ができれば手間がかかりません)

3、あげる
滞在中に知り合った友人や知人にあげて捨てる手間をはぶきます。食品でもなんでも滞在者にとってもありがたい。家まで取りに来てもらいましょう

4、捨てる
イギリス中どこでも大型ゴミ処理場が存在します。現在の居住地では町に何箇所かあり、無料で捨てることができますが、捨てることができないもの(車のシートなど)もあるので、要チェック!

 

アルノおすすめ!イギリスで買うべき家電リスト

イギリス独自の家電(電気ケトルなど)や、大型の家電はイギリスで買いましょう。

参考にAmazonUKでよく売れていて、高評価、なるべく低価格なものの商品リストを載せておきます。

しかし、大型のものは家電店に見に行ったほうがよいというのもお忘れなく!

リストより上位機種、信頼できるメーカーが一番ですが、もし帰国予定があるならただでさえ高く壊れやすいイギリスの家電に高額を投じる必要はないと思われます。

テレビ(TV)

アルノは日本企業を応援する気持で、イギリスで購入するテレビやDVDプレーヤーは日本企業のものを購入しています。安さ第一なら韓国サムソン、中国LGなどの製品で性能は十分です。

イギリスで定住ではなく、TVを頻繁に見ない場合、画面解像度の高い4Kや大きな画面は必要ないかな、と。

DVDプレーヤー(DVD player)

アルノは、DVDプレーヤーも日本企業を応援する気持で、日本企業のものを購入しています。

 

冷蔵庫(Fridge Freezer)

賃貸物件でも冷蔵庫は備え付けられている場合が多い冷蔵庫。もしついていない場合は、購入しなければなりません。

イギリスの冷蔵庫は、冷蔵庫に冷凍庫がついていないものも多いので注意してください。

例えばアルノ家は、キッチンの大きさの問題で、冷蔵機能だけの冷蔵庫、大型の冷蔵冷蔵庫、冷凍庫の3台を使っています。

⬇大家族なら、シンプル機能のこのあたり。

⬇小さい機種なら、このあたり。

洗濯機(washing machine)

洗濯機も賃貸物件では備え付けられている場合が多い。もしついていない場合は、購入しなければなりません。または、イギリスにもコインランドリーがあるので、まとめて持っていく。。面倒ですね!

イギリスの洗濯機は、ドラム式です。6Kgあれば十分でしょう。水回りの取り付けが必要になります。イギリスは曇りや雨が多いため乾燥機の機能がついた機種もあります。

ドラム式乾燥機(dryer)

イギリスで、乾燥機はドライヤーといいます。こちらの天気は往々にして悪いので、持っていると重宝しますが、必須ではありません。

冬になると、セントラルヒーティングのパネル近くで乾かせたりします。

掃除機(Vacuum Cleaner)

掃除機は機種の選択に迷います。日本のように気持ちよく且つ軽快に埃を吸い取ってくれる安価な機種に出会ったことがありません。せっかくイギリスなのでダイソンを使いたいところですが、、。

⬇アマゾンUKで最も売れているのは、コノ掃除機でした。これだとHEPAフィルターだし、安価ですね!参考に。

 

電子レンジ(microwave)

日本の電子レンジのようにいろんな機能がついていると思ったら大間違い。シンプルな温め機能がついています。

私は、将来的にはキッチンから電子レンジを排除する予定です。もし同じように考えている家庭なら、イギリス滞在中に電子レンジ断ちするのもよいかもしれません。

⬇アマゾンUKの電子レンジベストセラーは、パナソニック。シャープ製のほぼ同じレベルのものがさらに安価でした。わたしならこちら。

電気ケトル(Kettle)

イギリスでは、電気ケトルは毎日何回も使う大事な家電です。わたしはブリタのフィルター付き、ガラス製のケトルを使っています。水もろ過されて一石二鳥!

⬇アマゾンUkではこちら。これはプラスチック製です。

炊飯器(Rice Cooker)

もし、美味しいふっくらご飯をイギリスで望むなら、アルノは「炊飯用土鍋」を日本から持ってくることをオススメしています。

▶▶▶「海外生活、日本から持ってくるオススメのモノ!総まとめ②(家電編)

▶▶▶「海外で究極のご飯づくり! 「土鍋」で簡単10分ふっくらご飯の炊き方

 

いやいや!イギリスの炊飯器で!という人には、イギリス在住日本人の家庭でよく見かけるティファール製の炊飯器。こちらがお釜のコーティングも強く、使いやすいとよく耳にします。

ハンドブレンダー

イギリス料理は、なにかとマッシュする、細かく切る、泡立てる機会が多くなります。
だいたいの家庭が持っているのが、ハンディで使えていろんな機能がついているタイプ。

また、アルノ家では夫が独身時代からブラウン(Braun)製を使っていました。全然壊れなかったので10年ほど使っていたのですが、今年になって泡立て器の部品が壊れたので、別の会社のものに変えたところ、2ヶ月で壊れました。。もちろん保障があったので修理してもらえましたが。。性能の違いに驚きました。

ブラウン製品、オススメします!壊れにくくパワフルで、歯の部分もしっかりした作りです。

⬇泡立て器(Wisk)、マッシャー(masher)、チョッパー(chopper)機能がついていて、これがあればポテトマッシュ、ケーキつくり、玉ねぎなどの野菜、ハーブなど細かく刻むことができます。

トースター(Toaster)

英国ではスライスパンのトースターが主流。日本式のトースターは便利ですが、わざわざ日本から持ってこなくてもオーブンのグリル機能で代用できます。

⬇下のトースターは、一度に4枚パンが焼けてアマゾンのベストセラーでした。モダンでどんなキッチンにも合いそう!

食洗機(Dishwasher)

食洗機はあれば非常に便利です。賃貸物件でも冷蔵庫は備え付けられている場合が多い。もしついていない場合、必須家電ではありません。

また、水回りの設定もあるので、自力で取り付けができないわけではありませんが、業者に頼んだほうが良いでしょう。(イギリス人は自分で取り付けます)

アイロン(Iron)

アイロンは、必須かなと。アイロン台も合せて購入しましょう。

⬇イギリスの日本人家庭でよく見かけるティファールのアイロン。コードレスではないシンプル機能で、価格が低くても高評価。

オイルヒーター(Oil heater)

イギリスの家の暖房は、セントラルヒーティングといって家全体を温めるシステム。しかし広い家に一人だけ、一室だけ使う場合にセントラルヒーティングをつけるのがはばかられます。

そんな場合に、ポータブルヒーターを使っている家が多いのです。キッチンや浴衣場に置いてある家庭も見かけます。

私の家でつかっているのはデロンギのオイルヒーターの小さいタイプですが、一人のときは近くに置いておけば広い部屋でも十分温かいです。少しオイル臭がするので気になる方はオイルヒーターではなく、電気やファンヒーターハロゲンを検討したほうがよいでしょう。電気やハロゲンはそこだけがカー!と熱いので私は好きになれないんですよね。。

⬇アルノ家で使っているデロンギのオイルヒーター

パソコン、プリンター、カメラ、ゲーム機

パソコンもプリンターもカメラもニンテンドーのゲーム機もコチラで売っています。

これらは変圧の必要がないものが多いので、変換プラグさえ使えば日本の製品をそのままイギリスで使うことができます。
(逆の場合:イギリス製品を日本で使う場合も変換プラグでOK)

注意すべきはゲーム機。

日本のゲーム機はイギリスで使えますが、海外ソフトが使えません。
アルノは、日本のニンテンドーWiiをいただきましたが、イギリスのソフトは使えず、日本のソフトでイギリスで遊んでいます。これだけが要注意です。

イギリスの家電一覧リスト(英語付き)

 

イギリスの私の家、友人の家にある家電の一覧リストを作ってみました。イギリスで家電を揃える際の参考に。
今後追記していきます。

テレビ (television )
DVDプレーヤー (DVD player )
テレビゲーム (video game )
ステレオコンポ (stereo components)

パソコン (personal computer)
プリンター (printer)
デジタルカメラ (digital camera)
シュレッダー ((paper)shredder)

冷蔵庫 (fridge )
冷凍庫 (freezer)
電子レンジ (microwave)
トースター (Toaster
炊飯器 (rice cooker ))
ノンフライヤー(air Fryer)

ホットプレート( electric grille )
ミキサー (blender)
フードプロセッサー (food processor )
トースター (toaster )
ジューサー( juicer )

洗濯機 (washing machine)
乾燥機 (dryer )
アイロン( iron )
ミシン (sewing machine)

電気スタンド( lamp )
LED (LED)
蛍光灯( fluorescent light)

掃除機 (Vacuum Cleaner)
ヘアドライヤー (hairdryer)
ストレートヘアアイロン( Straightener)
ヘアカールアイロン (Curling Tong)
電動髭剃り (electric shaver )

 

イギリスで家電を購入できる6つの店!

 

Argos(アルゴス)

安め。ネットかお店(商品カタログ)で直接オーダーし、店から持ち帰るか宅配かを選部システム。一度何か注文すると理解できます。日本にはない注文方法。カタログショッピングお店版みたいな感じ。カタログは持ち帰れるので、自宅でゆっくり見て店に行くことができます。また、店舗は街中や、郊外の駐車スペースが広いところなどなにかと便利な場所にあります。

▶▶▶http://www.argos.co.uk/

AmazonUK(アマゾンUK)

おなじみアマゾン。重い家電も配達なので楽。

Amazon.co.uk: Low Prices in Electronics, Books, Sports Equipment & more
Sign up to Amazon Prime for unlimited One-Day Delivery. Low prices at Amazon on digital cameras, MP3, sports, books, music, DVDs, video games, home & garden and...

Curry’s PC world(カリーズPCワールド)

日本の家電ショップに似ているかな。
PCだけでなく冷蔵庫、食洗機など大型家電も扱っています。郊外の駐車スペースの広いショッピングエリアにある店舗が多い。デリバリーサービスが豊富です。

Currys | TVs, Washing Machines, Cookers, Cameras, Laptops
Massive Range of TVs, Washing Machines, Cookers, Cameras, Laptops, Tablets & more. ✓ Free Home Delivery or ✓ Reserve Online & Collect In-Store

●Tesco(テスコ:スーパー)

Home Electricalnのカテゴリで販売。大型店舗にはある程度家電が置いてあります。またはネットで注文してお店に取りに行く、または配達も可能。

Cooking Appliances - Tesco Groceries
Get quality Cooking Appliances at Tesco. Shop in store or online. Delivery 7 days a week. Earn Clubcard points when you shop. Learn more about our range of Cook...

●Sainsbury’s(セインズベリー:スーパー)

テスコとほぼ同じ方法で購入できます。

Sainsbury's
Shop online at Sainsbury's for everything from groceries and clothing to homewares, electricals and more. We also offer a great range of financial services. Liv...

 

●John Lewis (ジョン ルイス:デパート)

センスよく最新の家電が置いてありますね。ロンドンではオックスフォードサーカス店が便利。キッチン家電も充実しています。

Electricals | Laptops | LED TVs | Washing Machines | John Lewis & Partners
Shop for Electricals at John Lewis. Choose from a wide range of laptops, LED TVs, washing machines and more. Free standard delivery on orders over £50

 

アルノのまとめ

イギリスで、一番注意したいのは、買った家電の保障をおさえておくことです。わざわざ申し込まなくても保障がついている家電もあります。

例えば、私の友人は半年間の短期滞在にも関わらず洗濯機を購入しなければいけませんでした。そしてまさかのすぐに壊れる事態に。この洗濯機、保障をつけるためには電話申し込みで保障コードを設定する必要がありました。幸いにも購入してすぐのことだったので、保障コードも取れ、修理してもらえることになりました。(保障コードの電話も部署をたらいまわしにされ、時間がかかる始末)
しかし、ここで安心することはできなかったのがイギリスらしい。せっかく修理してもらった洗濯機、配達のその日に友人の旦那様の眼の前で落としてしまい、さらに壊すという展開。。嘘のような本当の話。

何が起こるかわからないのがイギリスの家電。どうか保障のチェックはしておいてください。

そして、「イギリスの信頼できるメーカー」について補足します。イギリスには、日本のソニーやパナソニックなどのように洗濯機からパソコン、キッチン家電などすべてをカバーする「総合家電メーカー」というのがありません。

例えば、掃除機ならDysonダイソン)、という感じ。
キッチン家電ではフランスメーカーのT-fal(ティファール)、イギリスのRussell Hobbs(ラッセルホブス)Morphy Richards(モーフィーリチャーズ)。
ソニーパナソニック東芝Kenwoodもよく見ます。

 

これからイギリスへ来る人、イギリスに住んでいる人への家電購入の際の参考になれば嬉しいです。
新しい情報があればまた更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント