英国ライフ

海外生活、日本から持ってくるオススメの家電12種類!

テレビ

たこ焼き器や炊飯器、ホームベーカリーなど、日本から海外へ持ち帰るべきオススメの「日本の家電について総まとめします。

  • オススメのイギリス(海外)に持ってくるべき日本の家電
  • イギリスの電圧や変圧器、変換プラグ

中~長期滞在者向け、家族向けの、日本から持ち帰る家電リストの参考になると嬉しいです。

1)炊飯器

イギリスで炊飯器はRice cookerという名前で売られています。案外ポピュラー。

安いものは、本当にしょぼい作り(約20ポンド~)。

お釜のコーティングもどんなに気をつけていてもすぐに剥がれる。これは健康に悪い!。英国でも象印やパナソニックの炊飯器が売っています。

海外の安い「ライスクッカー」は、「象印がまんま日本の多機能炊飯器を販売」していたり、「ティファール」のものを使っている人がまわりに多いです。

それでも問題はありません。

でも、以下のような人は日本から炊飯器をもってくることをおすすめします。

・日本語の説明書や、日本語表記が安心
・ケーキ機能、熟成機能、粥炊き、玄米炊きなどの豊富な機能が付いているものがいい
・海外で変圧器を使ってもいい

アルノ
アルノ
手にはいるお米の質も悪いから! 

海外で美味しいコメが手に入らないなら、炊飯器でなんとかする!美味しいご飯への情熱は失えないアルノです。

私が今イギリスで使っている日本から持ち帰った炊飯器は、このあたりのレベル。

高額の「圧力IH」でなく、普通の「IH炊飯」でも十分美味しく炊けます。持ち寄りに寿司を大量につくる機会があったりするので、5.5合炊きが重宝しています。持ち寄りの機会なんてないって人は3合炊きで十分。

海外で美味しくご飯が炊ける別の方法があります。それは…

「炊飯土鍋」

炊飯土鍋で炊くご飯は美味しく、10分という早業で炊きあがります。
デメリットはガス火が必要ということ。

炊飯器は変圧器が必要になり、炊飯土鍋は携帯ガスコンロ(コンロがガス火出ない場合)が必要になり、一長一短です。

炊飯土鍋なら、長谷園の「かまどさん」が安心の品質です。すでに友人がイギリスで使い美味しいごはん生活を送っていました。

実際にイギリスで炊飯土鍋をつかったご飯を炊く方法についてはこちらの記事が参考になります。

海外 美味しい ご飯 炊飯 土鍋 炊き方 イギリス
【炊飯土鍋の炊き方】簡単10分ふっくら!海外でも究極のご飯づくり「炊飯土鍋でご飯を美味しく炊く方法』を紹介します。簡単4ステップ、そして10分の早業! どうしてもっと早く炊飯土鍋を知らなかったんだろう、悔やまれるほど美味しいごはんが炊きあがります。まずい米を美味しく炊く一番の近道でもあります。...
 

2)ホームベーカリー(餅つき機能)│変圧器

イギリスで日本のホームベーカリー!めっちゃ重宝してます!!

イギリスでホームベーカリーは、bread makerといいます。

わたしは「イギリスにいてもお餅が食べたい!」ということで、日本から餅つき機能つきのホームベーカリーをもって来ました。これは大活躍。

日本風のふわふわパンも焼けるし、ピザもケーキも作れる、なんといってもお餅がつけるのが最高の喜びです。

イギリスでもブレッドメーカーはたくさんの種類が販売されています。しかしお餅付き機能があるのは日本のメーカーだけです。

私が使っているのは、下のレベルのパナソニック製で1斤のパンが焼けて、餅つき機能がついたもの。

他によく使う機能は、ピザ、うどん、蒸しパン。おすすめです!


3)ヨーグルトメーカー(ヨーグルティア)│変圧器

イギリスでは、 Yoghurt Makerという名前で売っています。

しかし、日本のタニカ電気のヨーグルティア、これはすごい!

ヨーグルトはもちろん、甘酒に塩麹、醤油麹、納豆まで作れるすぐれもの!これこそ海外生活で必須の家電じゃないですか?

わたしは麹が好きで日本から乾燥麹をたまに送ってもらっていますが、しこみが面倒。温度管理がどうしても億劫でついつい後回し。

ヨーグルティアは私の海外生活での和食、発酵生活を可能としてくれます。

次回の一時帰国でヨーグルティアはマストで持ち帰るつもりです。

ヨーグルティアと一緒に、乾燥こうじも一緒に。アマゾンより楽天の「株式会社ほくべい」のほうが安く、(わたしには)便利なメール便対応だったので、楽天リンクを貼っておきます。

 

4)たこ焼き機│変圧器

海外生活者のあこがれ!それはたこ焼きパーティ。

たこ焼き器があると、現地の友人も招待してのたこ焼きパーティーを思う存分楽しめます。

イギリスで手に入る具は、たこが手に入るときもあれば、チーズ、ソーセージ、イカ、エビ、ツナマヨ…と具のアイデアが枯れることはありません。

海外対応のたこ焼き器は見当たらないため、変圧器が必要です。

また、電気式のたこ焼き器は焼けるまで結構時間がかかります。これだけご注意を。

「山善たこ焼き器」は一度に24個作れて、プレートが外せるので洗うときに簡単。

一回で焼ける量がすくないとイライラするので、大量に焼けるこのタイプはパーティにもってこいです。

また、これも気になる~!↓

こちらだとプレートをカセットコンロに取り付けるだけ

海外で購入したカセットコンロを使えば変圧器もいらないし、卓上パーティーができます。

 

たこ焼きを返すためのピックは、100均にシリコン製のものが売っているようですが、わたしはこちらをチョイス。

フッ素樹脂加工が心配なので、これで少しは安心できる。

 
 

今、欲しくて欲しくてしょうがないモノが「たい焼き器」です!

和菓子が食べたくなって、お饅頭や大福をイギリスでも作りますが、、、面倒なんです。

「たい焼き」なら あんこをつくってホットケーキミックス(英国で手作りします)で作れる!そんなに高額でもありません。

友人がもっていて「美味しいたい焼きができるよ」とおすすめされたのがこちら↓。次の帰国でこれを狙ってます。

 

6)イオンやナノケアができるドライヤー│海外対応

イギリスで髪のブローに使うドライヤーは、「Hair dryerと言います。dryerだけでは乾燥機の意味になってしまうので注意。

質の悪い硬水、乾燥した空気のためかイギリスでは髪が非常に痛みます。

生活するだけで痛む髪、日本のナノケアイオンが発生するドライヤーは頼もしい味方。変圧器を使わず、そのまま使える海外対応機種が便利です。

いろいろ見ている中で、これは高機能のうえ、ハンズフリー、海外対応です。これは魅力的!

 

7)くるくるドライヤー│海外対応

イギリスでくるくるドライヤーと似たようなものが売っていますが、Hair Rotating StylerBlow Dry StylerHair rotating stylerなど、表現がまちまち。

そして360度ブラシになっているタイプが多い。

私が現在使っているのは、日本から持ち帰った「テスコムカールドライヤー海外対応」です。

私の髪は本来まっすぐストレート。しかしイギリスでは、髪がうねる。シャンプーのせいか、はたまた空気のせいなのか。

このくるくるドライヤーでうねりを伸ばしたり、前髪や毛先をふわりとさせたり、、ちょっとした旅行にもこれを持っていきます。

8)空気清浄機│変圧器・USB対応

空気清浄機は、イギリスでair purifier。

日本でもみかける「Levoit Air Purifier」なども売っています。


5月から7月初夏にかけてイギリスでは猛烈な花粉の季節になります。 

自然豊かな国だけに花粉の威力もすごい。息子が赤ちゃんだったころ、住んでいた家がカビがよく発生していました。心配になったわたしは日本から空気清浄機を持ち帰ったのです。

↓本気で空気を清浄化する必要があるなら、シャープの最新機能NEXT搭載モデルが一押し!

PM2.5をも取り去る 超強力な抗菌・抗かび・消臭・加湿・イオン濃度はこれまでの役2倍という凄さ。汚染度の高い地域へもし行くとするなら、たとえ運搬が大変でも、私はこれを買います。

アルノ
アルノ
大型家電になるので、絶対に必要という家電ではありません! 


空気の汚染度が低い小型タイプで清浄機能が高いタイプ
がたくさんあります。

私が次にほしいのは卓上・車で使えて持ち運びができ、しかもパワフルなイオン発生器。

これはUSB接続で使えるので、変圧器の心配がいらない! 安心のシャープ・プラズマクラスターです!消臭・花粉やホコリを除去してくれます。


9)体重・体組成計│電池式

イギリスで体組成計は(body composition monitor)と呼ばれ、オムロンなどが購入できます。しかし、いちいち英語で意味を確認したくない!

電池式でもあるので、日本から持ってきた友人がいます。日本産のタニタが一押し。2019年の最新モデルで!

10)スマートウォッチ(万歩計・血圧・心拍数の計測)

イギリスで万歩計はStep Counterとして売っています。しかし、正確に歩数がはかれるんでしょうか?疑心暗鬼なんです!

また、今のハイテクの世の中、万歩計なんてスマホアプリでいろいろでています。

しかし、使ってみると実際の距離を計測できていなかったり、スマホを一日中持っていることができないので、うざったいし正確な歩数が測れない。

海外でなかなか健康診断ができないと嘆く人は多いです。そんな時に役立つのが「スマートウォッチ」!

これで万歩計+血圧計+心拍数+睡眠時間など多機能に測れます。海外生活の健康管理のお供にいいんです。

11)毛玉取り機│電池式

毛玉取り機は、イギリスでFabric Shaverといいます。

だいたい日本に短期滞在の家族はこれを持ってきているようです。私は頂いたものを重宝して使っています。

イギリスの冬は寒く、ウールやアクリル、カシミアなど毛玉になりがちな服が大活躍。日本製のきっちりと毛玉を取ってくれる毛玉取りは、本当に助かる!

電池式ならこれが一番人気!電池式はプラグや電圧の心配をしないでいいので旅行にも便利↓

電池式ではパワーが物足りない!という人は、海外対応のこれが一押し!
いろいろな毛玉取り機の比較サイトでも比べましたが、海外でストレスなく毛玉をとりたい場合は、これが一番。

大型カッターで電池交換の必要なしの100~240V自動電圧切替式。海外の変換プラグは必要です!(後述)

12)その他、わたしがイギリスで遭遇した日本の家電

  • ホットカーペット
  • こたつ
  • くるくるまつげビューラー
  • 美顔器
  • 光脱毛器:英国名( Intense Pulsed Light hair removal)英語の説明書が読めれば!
  • メンズシェーバー
  • レディスシェーバー
  • 鼻毛カッター: 英国では(Nose and Ear Hair Trimmer)で検索。
  • マッサージ機(小型)
  • オーブントースター: イギリスのグリルで代用可
  • 電動ハブラシ: 人気のフィリップスは歯が白くなると噂の電動歯ブラシですが、イギリスでも売っています。


イギリスの電圧と必要な変圧器

  • イギリスの電圧: 220-240V
  • イギリスの周波数: 周波数50Hz

日本の電圧は100Vであるため、基本的に日本の電化製品はそのままでは使えず、変圧器(トランス)が必要になります。

デジカメ、パソコンは、100-240V対応になっているものが多く、その場合は海外でそのまま使えます。

日本製品をイギリスで使用するために変圧器を使う場合は、240V→100Vに下げる(Step Down)ことが必要です。これを行ってくれるのが変圧器なのです。

アルノ
アルノ
変圧器自体が非常に重い機械なので、日本から買ってこずに、イギリスで購入→宅配を選びましょう。 

必要なサイズは使う家電のW(ワット数)によって変わります。

私がイギリスの家庭で使っている炊飯器のワット数(W)は、1105Wです。これだと1500Wパワーの変圧器が必要なのです。

空気清浄機や、他の小型の電化製品にはもう一つ小さい変圧器500Wパワーのものを使っています。

 

日本の家電を使うためには変換プラグがいる

イギリスと日本では、コンセントのプラグの形状が違います。

日本からの家電をイギリスで使用する場合には、変換プラグが必要。海外対応の家電もプラグは違うので、使うためには変換プラグがないとコンセントがさしこめません。

私は3個の変換プラグを、パソコン・ドライヤー、空気清浄機などに使っています。

日本のプラグ→(Aタイプ)

買うべきは→イギリスの変換プラグ(BFタイプ

 

まとめ

以上、「海外生活、日本から持ってくるオススメの家電(電化製品)」を紹介しました。

イギリスに日本の家電製品を持ってきたほうがよいのか悩んでいる人の参考になればうれしいです。

イギリスでの家族構成や、生活環境、なにをもって人生を豊かにすごすかで、家電をに日本から持ってくるかこないかの考え方は千差万別。

こういった日本製の家電は別になくても暮らしていけます。

アルノ
アルノ
しかし、アルノ的には「あってよかった日本の家電」。 

日本製品の精度の信頼使う側の立場にたって徹底研究されたしくみ、豊富な機能が、わたしを安心させます。

わたしは次の一時帰国で、ヨーグルティア、たこ焼き器、たい焼き器がマスト買いです。

すでにあって十分活用しているのは、炊飯器、ホームベーカリー、ドライヤー、毛玉取り。

今後、検討したいのが、体組成計や活動量計、小型空気清浄機です!

また、日本からのおすすめ家電やお得な情報が見つかり次第、記事を追加していきますね。

海外生活で女性は特にキッチンにいる時間が長くなりがち。だって美味しいものは自力でつくらなければ!

▶日本から持ってきたいキッチン用品・日用品についてはこちらの記事が参考になります。

お茶の時間
日本から持ってきたい!海外生活にオススメのキッチン用品20品目イギリスからこんにちは。今年の夏は日本へ一時帰国が決まったアルノです。 ひやっほー! 日本だ!日本だ!!美味しいあの店、家族のぬくも...

▶海外生活でオススメ!日本から持ってきたい基本の日本食材(調味料・乾物など)はこちらが参考になります。

日本の食料品
海外生活にオススメ!基本の日本食材50品目~(調味料・乾物など)海外生活が長くなると、自分で味噌や納豆、梅干しなどの和食の基本食材をつくるようになります。 年齢を重ね、海外生活が長くなるごとに、...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。@アルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 日々驚きの連続!イギリス生活のなかで感じた面白いこと、楽しいこと発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。