イギリスの華麗なる上流階級とは?(アッパークラスについて調べてみた)

▼面白いと思ったらシェア

イギリス 上流階級 アッパークラス 邸宅

イギリスからこんにちは。最近アッパークラス(Upper Class)という言葉に敏感なアルノです。

イギリスは、完全な階級社会です!

多くの国民が中流階級といわれる日本。現代の日本では貧富の差による格差が生まれ「階級」らしき言葉が飛び交っています。しかし、日本人が考える上流階級とイギリスの上流階級であるアッパークラスは全く違います。

イギリスで古くから続く階級社会、その頂点であるアッパークラス(上流階級)とは何か?

今回は日本人の感覚ではよくわからない、イギリスの上流階級についてまとめてみました!

イギリスの華麗なる上流階級とは?(アッパークラス)

ざっと見てみるイギリスの階級(Class)

イギリス 上流階級 アッパークラス ボーディングスクール イートン校

イギリスはアッパークラスを頂点とした完全なる階級社会です。

この階級の中で、はっきりとした境界線がないのが中流階級。
ロウワー・ミドルは社会的地位はあるものの収入が低い層。ミドル・ミドルクラスは中間。
社会的に非常に豊かな層がアッパー・ミドルという収入による生活レベルで分けられている印象。

●上流階級(Upper class┃アッパークラス)ー貴族(基本的に称号あり・地主)

●中流階級(Middle class┃ミドルクラス)ー実業家・専門職

・上位中流階級(Upper Middle┃アッパーミドル)ー大企業管理職など
・中位中流階級(Middle middle┃ミドルミドル)ー事業経営者や医師など中間職
・下位中流階級(Lower middle┃ロウワーミドル)ー非肉体労働の熟練職

●下流階級(Lower class┃ロウワークラス)ー肉体労働

イギリスの上流階級・アッパークラスとは何か?

イギリス 上流階級 アッパークラス 階級社会 ウェディング

日本人がよく知る英国のアッパークラスの人物といえば、英国王室(ロイヤルファミリー)の5名でしょう。彼らは、イギリス上流階級のトップに君臨するファミリーです。

●エリザベス女王(Queen)
●フィリップ殿下(エディンバラ公爵)
●チャールズ王太子(ウェールズ公爵:プリンス・オブ・ウェールズ皇太子)
●ウィリアム王子(ケンブリッジ公爵)
●ヘンリー王子

イギリスで言うアッパークラス(上流階級)とは爵位にもとづく称号をもつ者、男爵以上の世襲貴族(hereditary peerage)や王室です。

いわゆる「貴族」と呼ばれる人々。それも世襲貴族(life peerage)を指します。

貴族とは、「爵位を持つ人とその家族」であり、ここにもピラミッドが存在します。上から順に紹介します。

●公爵(Duke:デューク)→ロイヤル・ファミリー(Royal Dukes)を頂点とする
侯爵(Marquess:マーキス)
●伯爵(Earls:アールズ)
●子爵(Viscount:ヴィスカウント)
男爵(Baron:バロン)

この公爵から男爵までの世襲貴族が現代のイギリスで約1,000人ほどいるかな、という計算。(個人的に数えたので確実な人数ではなく目安)

基本的に爵位を名乗るのは家長一人、そして爵位は年長の子供へ引き継がれます。

彼らアッパークラスの人々は、本人の経済活動とは関係なく代々続く家柄によって地位が定められていて、世襲貴族に与えられた特権がもたらした広い邸宅、領地(土地)を持ち、それに基づいた生活習慣があり、文化、職業、生活スタイル、話し方など、他の階層の人々とは決定的に違う「何か」があります。

ひとつだけ、特別にこの上流階級の仲間入りをする方法があります。

それは「結婚」!

英国の中流階級(ミドルクラス)出身といわれるキャサリン妃(ケンブリッジ侯爵夫人)や、アメリカの女優メーガン・マークルさんが「結婚」によりアッパークラス入り。

男性版では、ヨーク公アンドルー王子の娘(エリザベス女王の孫)のユージェニー王女と結婚のジャック・ブルックスバンク。彼もミドルクラス出身。「逆シンデレラ」なんていわれています。

アッパークラスではないが、ナイトの称号を持つもの

ナイト 称号 イギリス 階級

また、イギリスには、中世の騎士階級に由来した称号である叙勲制度があります。

「社会の様々な分野で活躍し、国家に貢献した者はナイト(Knight)として叙せられ、男性はサー(Sir)その夫人にはレディ(Lady)、女性はデイム(Dame)の称号を与えられ、社会的な名誉を与えられる」というのがそれにあたります。

でも、まぁナイトの称号は基本は一代限りであるため一代貴族(life peerage)と呼ばれます。世襲することは許されず(世襲化した人もいる)、国外では単なるイギリス王室から与えられた勲章に過ぎません。

サーの称号を受けたからといって、アッパークラスの一員とは認められないのです。

例えば非常に裕福であろうが、広大な土地を持とうが、城を持とうが、会社の社長であろうが、世襲貴族一家でなければ「貴族」=「上流階級(アッパークラス」」ではないのです。

イギリスでナイトの称号を与えられた有名人

【サーの称号】
●ショーン・コネリー(スコットラン出身の映画俳優)
●ミック・ジャガー(英国ロックミュージシャン)
●エルトン・ジョン(英国ミュージシャン)
●ポール・スミス(ノッティンガム出身のファッションデザイナー)
●リチャード・ブランソン(英国ヴァージン・グループ実業家・冒険家)

【デイムの称号】
●ヴィヴィアン・ウエストウッド(英国ファッションデザイナー)
●ジュディ・ディンチ(英国女優)
●内田光子(英国籍の日本人ピアニスト)

他にもたくさんいます!

イギリス上流階級の暮らしぶりを覗ける映画のいちおし

日本では劇場未公開の映画「情愛と友情(Brideshead Revisited

主人公のチャールズは、ロンドンの中産階級出身でオックスフォード大学で知り合った貴族出身のゲイでアル中のセバスチャンと友人になる。セバスチャンの出身地ブライズヘッドの大邸宅でひと夏を過ごすこになったチャールズ。妹のジュリアに惹かれるも、紆余曲折を経て彼らと決別する。時が流れ、第二次世界大戦。軍の基地として押収されていたブライズヘッドへ将校となったチャールズが赴任してくるが。。

ミドルクラスからみたアッパークラスの暮らしぶり、華麗で豪奢な貴族社会が歴史の流れによって徐々に荒廃していく様子がよくわかります。

他にも「プライドと偏見」「いつか晴れた日に」などジェーン・オースティンの作品もおすすめ。

まとめ

わたしが今までの人生で出会った「貴族」と呼ばれる人はふたり。

一人は、ロンドン時代、友達を介して知り合った自称貴族の男性。
仲間5名でカムデンタウンのパブに繰り出しました。貴続出身の彼は、カムデンのパブで大騒ぎをしているグループを見て「見て、あの下品な。。」と顔をしかめていたのを思い出します。「なら、カムデン来るなよっ」と思いましたが。。

もうひとりは、日本人男性と付き合っている貴族の女性。日本で知り合い、イギリスにそのまま一緒にやってきて同居していました。彼が「何度プロポーズをしてもOKをもらえない。。貴族っていろいろあるらしいんだよね。僕日本人だからね。。」とぼやいていました。
現在は、子供もいて幸せそうです。しかし入籍しているかどうかは定かではありません。

イギリス南西部の田舎で主婦生活をしていると、縁があるのはロウワークラスからミドル・ミドルクラスあたりの人々。

イギリスで暮らしていると、時々ドッキリ!するほど心清らかで人生のなんの問題も支障もなく、生活ぶりも豊かな人と出会うことがあります。だいたいチャリティ活動をしていたりします。
そういった人々は、横のつながりの中で生活しています。つまり横の階級のネットワークの中だけで暮らしているので、まわりもそんな人ばかり。

ミドルクラスは階級が移動するし、デイビット・ベッカムの例で例えるとロウワークラスの人物がミドルクラスになることも可能です。

しかし、アッパークラスは幼少期より周りが同じ階級、もしくは高学歴学校で知り合うメンバーで固められるので、経済活動、社会活動、世界の政情に精通した最強の社会集団となるのです。

「階級」を普段の生活で感じないわたしたち日本人にとっては、非常に理解しがたい社会制度。しかし、イギリスで生活していると、いやがおうでもアッパークラスの人々の影響を受けます。イギリス階級制度の頂点にいる人々、世界に多大なる影響を及ぼす社会集団、それがイギリスの上流階級、アッパークラスなのです!

◀◀◀実際にあなたの隣にもイギリスアッパークラスの人物がいるかもしれません。
あの人ってもしや?英国上流階級(アッパークラス)の見分け方!」の記事も参考に!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ