イギリスなんでもランキング

【2020年度】イギリスで最も住みやすい街ランキング!トップ10

オックスフォード

イギリスで住みやすい都市ってどこ?

イギリス南西部デボンの田舎町よりこんにちは。アルノです。

もしあなたがイギリスへ移住や留学をするとき、一番はじめに考えるのが「どこが住みやすいのかな?」ということだと思います。

イギリスは地域によって大きく雰囲気が異なるのが特徴。住む地域の暮らやすいかどうかで快適なイギリス生活が送れるかどうかが変わります。

今回はイギリスの住みやすい街を知るため、毎年発表される「よい成長をしている都市、すみやすい街ランキング」(会計事務所のPwC、シンクタンクデモ)を紹介します。仕事、ワークライフバランス、起業家精神、住宅価格など、主に経済的な幸福、暮らしやすさに関したランキングです。

イギリスで住みやすい都市ランキングベスト10を参考に、イギリスの暮らしやすい街がどこなのか、あなたの移住や留学の参考にお役立てください。

10. レスター(Leicester)

イギリスで最も住みやすい街、第10位のレスターは、イーストミッドランドにあるイングランドで最も古い都市の1つです。

レスターの魅力は、ビクトリア様式の建造物がみられる旧市街と、郊外のモダンな地区のバランスの良さ。街はおよそ2000年まえにケルトからの歴史があります。レスター修道院や宮殿、ローマ時代の浴場の遺跡、ユダヤ人の城壁、時計塔などの歴史的な建物も有名です。

人口:50万8,916人(2020年:UKの人口第8位)
州 :イーストミッドランド
地図:レスター・グーグルマップ
大学:レスター大学デ・モントフォート大学

9. ケンブリッジ(Cambridge)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

University of Cambridge(@cambridgeuniversity)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第9位のケンブリッジは、イギリス東部の名門大学都市。31もの大学が集まり、街をあるけば歴史と情緒を感じる落ち着いた街です。

必ずいきたいケンブリッジ大学の歴史を感じるカレッジ内散策とケム川の遊覧。最高ですよ!博物館や図書館、植物園や美術館など文化的な生活をおくるための施設も非常に充実しています。

人口:15万8,434人(2020年)
州 :イングランド東部
地図:ケンブリッジ・グーグルマップ
大学:「King’s College」、「St John’s College」、「Trinity College」などケンブリッジ大学(総合名門大学)

8. スィンドン(Swindon)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Opal Travel Group Ltd.(@opal_travel)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第8位のスウィンドンは、イギリス南西部ウィルトシャーにある工業都市です。

古くはSL工場で栄えた街で、「グレート・ウェスタン鉄道博物館」ではSLの歴史を感じることができます。スウィンドンは仕事に対する満足度が高く、全体的に人々の幸せドが高いといわれています。ホンダの撤退のニュースを覚えていますか?今後スィンドンから多くの自動車工場が撤退したらこのランキングは大きく影響する可能性があります。

人口:18万5,609人(2020年)
州 :イギリス南西部ウィルトシャー
地図:スウィンドン・グーグルマップ

7. エジンバラ(Edinburgh)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Edinburgh Festival Fringe(@edfringe)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第7位のエディンバラは、スコットランドの首都です。

エディンバラ城周辺の旧市街は中世の面影をのこし、ジョージ王朝時代の建造物が並ぶ地区とのバランスのいい美しい都市です。世界最大の芸術祭であるエジンバラフェスティバルフリンジで有名です。

食べ物が美味しかったのが印象的でした。エディンバラに過去住んでいた人の話をきくと「また住みたい」という声が多いんです。

人口:46万4,990人(2020年)
州 :スコットランド首都
地図:エディンバラ・グーグルマップ
大学:エディンバラ大学、 エディンバラ・ネピア大学、 ヘリオット・ワット大学

6. アバディーン(Aberdeen)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Giulia Lombardi(@g.giulialombardi)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第6位のアバディーンは、スコットランド北東部の湾港都市で3番目に人口の多い都市です。

北海油田と石油採掘の拠点で、安全と不動産市場への満足度が高く、ハッピーな都市だといわれています。

人口:46万4,990人(2020年)
州 :スコットランド北東部
地図:アバディーン・グーグルマップ
大学:アバディーン大学、 ロバートゴードン大学

5. ミルトン・キーンズ(Milton Keynes)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sheree @ Cute Maps(@howcutemk)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第5位のミルトンキーンズは、その住みやすさから「ロンドンのベッドタウン」としてよく知られています。

歴史的な街ではありませんが、街はよくオーガナイズされ最も費用対効果の高い場所と言われ、生活費は平均所得を大幅に下回っているため人々の生活は安定しています。

人口:22万9,941人(2020年)
州 :イギリス南東部バッキンガムシャー
地図:ミルトン・キーンズ・グーグルマップ
大学:ザ・オープン大学(通信制のユニークな大学)

4. ブリストル(Bristol)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elite Air Balloon Rides(@eliteairballooning)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第4位のブリストルは、産業革命の時代の遺物が多く残っていて、音楽とカルチャーシーンの活気もある都市です。

ブリストル大聖堂や街の象徴であるクリフトン吊橋、世界初の鋼鉄スクリュー船グレート・ブリテン号の展示など文化的な見どころも豊富です。デボンの田舎から文化的な刺激を求めてブリストルへ探検へ行くアルノです。バンクシーの故郷でバンクシーの壁画めぐりもおすすめ!

人口:61万7,280人(2020年:UKの人口第6位)
州 :イギリス南西部
地図:ブリストル・グーグルマップ
大学:ブリストル大学

3. サウサンプトン(Southampton)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rebecca Hiscock(@beccy301)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第3位のサウサンプトンは、主要な港湾都市でタイタニック号の処女と最後の航海の出発地として知られています。今でも大型クルーズ船の英国最大の寄港港となっています。ぐるりと街をかこむ城壁をたどる散歩では旧市街の中世の雰囲気が楽しめます。

人口:61万7,280人(2020年:UKの人口第6位)
州 :イギリス南西部
地図:ブリストル・グーグルマップ
大学:サウサンプトン大学があります。

2. レディング(Reading)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BILLIE EILISH fanpage updates(@billiebabycutie)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第2位は学生都市レディングです。

レディングは、レディングは保険とIT産業が成長し経済力な基盤があります。町はエイボン運河の端テムズ川沿いにあり、中世の修道院の遺跡を見ることができます。8月に開かれるロック音楽の祭典「レディング・フェスティバル」は圧巻!

人口:31万8,014人(2020年)
州 :イギリス南西部バークシャー
地図:レディング・グーグルマップ
大学:レディング大学

1. オックスフォード(Oxford)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Judy Martin(@judy.martin46)がシェアした投稿

イギリスで最も住みやすい街、第1位はオックスフォードでした!

オックスフォードは英国で一番歴史のある学生都市です最古の大学クライストチャーチ・カレッジやマートン・カレッジなど約40の大学が集まっています。町並みには中世の佇まいが残り、ハリー・ポッターのホグワーツ魔法学校の食堂のモデルになったクライスト・チャーチ、ボドリアン図書館、ため息橋など観光の見どころも多いのです。

生活と仕事のワークライフバランスがよく、ロンドンから列車で約40分、健康面でもトップにランクインしていました。

人口:17万1,380人(2020年)
州 :イギリス南東部オックスフォードシャー
地図:オックスフォード・グーグルマップ
大学:オックスフォード大学

まとめ

以上、2020年度のイギリスで最も住みやすい街ランキング!トップ10を紹介しました。

もう一度「イギリスの暮らしやすい街をまとめます。

  1. オックスフォード(Oxford)
  2. レディング(Reading)
  3. サウサンプトン(Southampton)
  4. ブリストル(Bristol)
  5. ミルトン・キーン(Milton Keynes)
  6. アバディーン(Aberdeen)
  7. エディンバラ(Edinburgh)
  8. スウィンドン(Swindon)
  9. ケンブリッジ(Cambridge)
  10. レスター(Leicester)

あなたが気になる街はあったでしょうか?

こうしてみてみると、「学生都市」、「経済が発達している」、「比較的安全」、「都市としてのライフラインが整っている」都市がランキング上位になっているのがわかります。

私はイギリス暮らし10年の中で、最初の5年がロンドン、現在は南西部の田舎エクセターにうつって5年になります。ロンドンは刺激のある都市でしたが、教育と貧富の格差や安全面での心配が常につきまといました。

南西部のエクセターに移住してからは、安全面も良好、学生都市、生活にかかるお金もロンドンより低く抑えられるため、子育てによい「住みやすい街の一つ」だとわたしは思っています。

留学や移住で迷ったら、住みやすい都市もぜひチェックしてみてください。学生が多く、経済的に潤っている街は、全体的にとても落ち着いた雰囲気があり、安心して暮らせるはずです。

>イギリスの人口の多い都市ランキング、トップ10の街の記事も参考になりいます。【2020年】イギリスの人口の多い都市トップ10とヨーロッパの人口トップ5の国!

イギリス 人口
【2020年】イギリスの人口の多い都市トップ10とヨーロッパの人口トップ5の国!イギリスの人口はどのくらい?この記事では2020年のイギリスの総人口と、イギリスで人口の多い都市トップ10、またヨーロッパで人口の多い国トップ5を紹介し、記事を読むことでイギリスの人口とそれに関連する事柄についての理解が深まります。イギリスの人口に興味のあるかたはぜひ御覧ください。...

英国南西部デボンのエクセターよりお届けしました。 この記事があなたのお役にたてばうれしいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
イギリス南西部、デボン州の田舎町に住んでいます。 幸せって何だろう?英国暮らしのなかで感じた心温まること、面白いこと、楽しいことを発見&とことん追求ブログです。 イギリス生活の日常は、Twitterでほぼ日でつぶやいています。