イギリスの医療制度について|NHSとプライベート医療

▼面白いと思ったらシェア

聴診器とカルテ

イギリスからこんにちは。イギリス在住アルノ(@ecerydayuk)です。

最近、イギリスのかかりつけ医(GP)に不信感だらけのわたしです。

でも、もちろん無料で診察が受けられるこのNHS制度は、ありがたいと感じることも多いです。信頼できるドクターに出会えれば日本と同じような安心した医療を受けることができ、自ら探すことで世界最高レベルの医療を享受することもできます。また、GPが信用できない場合、お金に余裕があればプライベート医療の選択もできます。

「イギリスの医療機関で自分が信頼できるドクターに出会えるかどうか?」これがイギリスでの健康問題を解決するための重要なポイントになります。

イギリスで病院にかかる場合の2つの方法

(1)「NHS(エヌエイチエス|National Health Service)」:原則無料の国営医療保険制度

(2)「Private(プライベート)」:イギリス系私立医療または日系医療

NHSに登録できるかどうかは、加入条件によります。
NHSに加入できる場合は、もし病気やケガなどで病院に行く場合は近くの病院(GP(ジーピー|General Practitioner)」というかかりつけ医に行きます。この「GP」には前もって登録しておく必要があり、住む場所から近い「GP」を探し、電話で登録申請をします。

イギリスでは合法なビザを所持していて6カ月以上滞在する場合は、GP登録をするとNHS(National Health Service)にて医療サービスを受けることができます。基本的に医療費は無料です。
イギリスでの生活が始まったらなるべく早く登録することをお勧めします。

NHS(エヌ・エイチ・エス)とは?

Natioal Health Serviceの略。第二次世界大戦後の1948年にスタートした国営医療保険制度で、原則医療費は無料のサービスです。16歳から年金受給年齢(女60歳・男65歳)まで強制加入、所得に応じて保険料を支払います。

(1)イギリス国営のNHSに加入する条件

・英国で合法的に労働するもの(駐在員を含む)
・永住ビザを持つもの
・治療を受ける時点で、イギリスに合法的に1年以上滞在しているもの
・ワーキングホリデーの場合はビザ取得時にNHS加入は必須(2015年~)
・学生など(有効期間が6ヶ月以上のビザを持つフルタイムの学生|週15時間以上)

または、

・その配偶者もしくはCivil Partner
・その子供

※イギリスに6ヶ月以上滞在する一時的滞在者(non-EEA migrants)は、査証取得・延長時にNHSの利用料(年間通常人£200、学生£150)を支払う必要があります。

(2)NHS制度の長所と短所

NHS最大の利点は、なんといっても普段の診察料、医療費が無料であるという点です。
GP(ジーピー)というかかりつけ医に登録し、体調が悪いときはこのかかりつ医の診察を受け、より高度な医療が必要と判断された場合のみNHSの専門医の予約を取り、より高度な医療を受けられるシステムです。

しかし、いいことばかりではなく、高度な医療を希望していても緊急なものが常に優先され、慢性的な人出不足ベッド不足が否めないことから、かなりの順番待ちを余儀なくされる場合も。また、GPドクターは命にかかわることでない限りNHSを安易に紹介してくれません。医療費は原則無料ですが、処方薬・歯科・眼科などは有料となります。

そして、特殊な手術や持病、一部の歯科や眼科医療、事故、そのほか盗難についてはNHSサービスの対象外となります。イギリスに滞在するタイプや、自分のおかれている状況によっては、民間の海外旅行・留学傷害保険への加入も考えておくべきでしょう。

イギリスのプライベート医療とは?

NHSを使わずに全額自己負担ですぐに診察をうけられる医療です。(緊急対応しているかは機関によるので注意)
プライベート医療ドクターは専門医が多く、予約をとれば専門医の診察がすぐに受けられる利点があります。海外保険加入の場合、保険も適用できます(注意点アリ下記参照)。受診を希望する医療機関に直接連絡を取り、受診します。

(1)日系の医療機関(ロンドン)

ロンドン医療センター
住所:234-236 Hendon Way, London NW4 3NE
電話:(020)-8202-7272
http://www.iryo.com/

ジャパングリーンメディカルセンター(シティクリニック)
住所:10 Throgmorton Avenue, London EC2N 2DL
電話:(020)-7330-1750
http://www.japan-green.com/

ジャパングリーンメディカルセンター(アクトンクリニック・レディースクリニック)
住所:Unit 7, Acton Hill Mews, 310-328 Uxbridge Road, London W3 9QN
電話:(020)-7330-1750
http://www.japan-green.com/

日本クラブメディカルクリニック(北診療所)
住所:Hospital of St John and St Elizabeth, 60 Grove End Road, St. John’s Wood, London NW8 9NH
電話:(020)-7266-1121
http://www.nipponclub.co.uk/html/02.html

セントラル・ジャパニーズ・クリニック/ Central Japanese Clinic
住所:1 Harley Street, London W1G 9QD
電話:(020)-7935-0523 / (078)-1048-0747
http://www.fitfiddle.co.uk/

Dr伊藤クリニック / Dr Ito Clinic
住所:96 Harley Street, London W1G 7HY
電話:(020)-7637-5560
http://www.dritoclinic.co.uk/


(2)ウェブサイトでプライベート病院を探す

Private Healthcare UK
http://www.privatehealth.co.uk/

※検索窓で、「Hospital or clinic」を選び、自分の住所のポストコードを入れる。(その他必要であれば入力し、なければそのままでも)→「Search」ボタンをクリックすると自宅から近いプライベート病院が表示されます。ドクター名でもチェックできます。


(3)海外保険を使用する場合の注意

受診の前に、必ず加入の保険会社の承諾を得ることが先決です。
その保険会社が希望のプライベート病院の診療費をカバーしてくれる病院かどうか?もし提携していなければ全額自己負担になるので要注意。承諾されれば保険会社のAuthorisation Number(承認番号)をもらい、それをもって病院に予約を入れます。

また、歯科(特約で付保できる保険もあります)や既往症、また初診日を含め180日を越えた費用は対象外となってる場合も多く、自分が本当に必要とする部分が不十分な補償範囲となっていなか確認したほうがよいです。

種類:海外旅行保険・海外留学生保険・ワーキングホリデー保険など


(4)日本の健康保険を使う方法

「海外療養費の払い戻し請求」という制度があります。後で申請すれば日本と同じ治療を受けたときの料金は戻ってきます。(7割相当分の還付金)短所として、海外から申請する場合、翻訳を添付する必要があるなど、その手続きが煩雑です。

イギリスで救急の場合の電話番号999と111

救急電話 :999

ポイント!場所や症状を聞かれると認識しておく。
999をダイヤル→「警察=Police」「消防署=Fire Brigade」「救急車=Ambulance」のどれが必要ですか”という質問が来る。
→「救急車(アンビュランス)」”と言う→”場所は?”と聞かれる →場所を伝える→どうしましたか?と質問される→ここで英語での説明が必要になります。

24H医療アドバイス :111

救急車を呼ぶべきか?救急へ行ったほうがいいのか?突然の病気やケガで誰かに相談したい!など自分で判断できない場合にアドバイスを受けることができる非常にありがたい番号です。
24時間体制。症状を聞いた上で緊急性を判断してくれます。もし緊急性があると判断されたら、すぐに救急車の手配もしてくれます。番号に電話すると、電話番号、生年月日、名前、住所、どこにいるか、NHSに登録しているか?などを聞かれ、症状をつたえるとアドバイスされます。

GPの登録方法についてはまた別の機会に。
特に3.の救急連絡先番号については、番号を登録しておくことをオススメします。海外生活、何が起こるかわかりませんから(^^)/

▼面白いと思ったらシェア

▼更新したらお知らせ