イギリスのお金持ちVSアメリカのお金持ち!比較が面白い

イギリス アメリカ ビリオネア お金持ち 富裕層 富豪 イギリス暮らしの知っとこう

イギリスは、長い歴史のある国で貴族制度により先祖代々からの遺産(土地)で暮らす人々が多いと言われています。

対して、歴史の浅い国アメリカの豊かな人々(お金持ち)とはどういった人たちなのか?

世界を動かす力を持つ両国の富裕層の人々とはどんは人たちなのか?

今回は、イギリスの富豪と、アメリカの富豪を系統的に分類した面白い記事を見つけたので、アルノ流に紹介します。

早速みていきましょう!

イギリスのお金持ち(富裕層)とは?

1. 貴族と土地所有者

 

イギリス アメリカ ビリオネア お金持ち 富裕層 富豪

Photo by Flaunter .com on Unsplash

彼らは、貴族(アッパークラス)であり、貴族の爵位は子孫へと襲爵(しゅうしゃく)されます。基本的に直系の男子によって継承されます。

先祖代々受け継がれる広大な土地や、ダウントン・アビー様式の邸宅を持ち、だいたい数種類の肩書を持っています。例えば、第6代ウェストミンスター公爵だったジェラルド・グロブナーは、他に第8代ウェストミンスター侯爵、第9代グローヴナー伯爵、第9代ベルグレイヴ子爵、、、とさまざまな爵位の肩書を持っていました。
こういった貴族の子どもたちは、イートンやハローなどの寄宿学校に通い、ポロを趣味にしています。

彼らの多くがロンドンに住んでいると思われます。

しかし、遺産を受け継ぐ土地や邸宅は地方の田舎にあることがしばしば。城や大邸宅の維持費が莫大なので、維持費の捻出と破産を避けるために多くのオーナーは邸宅を有料で一般公開しています。またはウェディング場やホテル、レストラン、ゴルフ場などとして運営しています。


有名人の例:

ジェラルド・キャベンディッシュ・グロブナー(第6代ウエストミンスター公爵)の死去(2016年)により、息子であるヒュー・グロブナーが若干25歳で第7代ウェストミンスター公爵(1991生まれ)になっています。グロブナー一家は、ロンドン一等地メイフェアに土地を所有し、不動産会社グローヴナー・グループの経営をグローバルに展開し、常に英国の長者番付にリストアップする公爵です。

 

イギリスの貴族社会については、こちらの記事も面白い!
「イギリスの華麗なる上流階級(貴族)とは?」
あなたの周りに潜む貴族のみつけかたは?
▶「あの人ってもしや?英国上流階級(アッパークラス)の見分け方!


2. コッツウォルズの退職者

イギリス アメリカ ビリオネア お金持ち 富裕層 富豪

彼らは元将軍、退職した軍人、元政治家だったりする。 彼らはテレグラフ(新聞)を読み、ラブラドール犬と散歩したり、ゴルフをしたり、陶芸をしたり、アンティークショップめぐりをしたりします。

彼らはグロスターシャー州やオックスフォードシャー州にまたがる気品あるコッツウォルズ地方のチョコレートボックスコテージに住んでいます。

チョコレートボックスコテージとは?

ビクトリア時代末期から20世紀半ばに人気があった「チョコレートボックスコテージ」というフレーズは、1950年代から60年代の間、キャドバリー(Cadbury)のチョコレートの箱に描かれた美しいの場面から派生したものです。

キャドバリーのチョコレートの箱の絵にそっくりな美しいコテージという意味でしょう。

 

3. サッカープレミアリーグのトップ選手

 

彼らはサッカープレミアリーグの選手です。高額の給与を、豪華な家の維持・改装やゴージャスな妻やガールフレンド(WAGs)のために使用しています。

彼らはエセックスとチェシャーの高価な地域に住んでいます。


有名人の例:

ポール・ポグバ(Paul Pogba)
1985ー
フランス出身(ワールドカップではフランス代表で活躍!)で、イギリスプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。世界最高額選手とも呼ばれている。

 

プレミア・リーグとは?

イングランドのサッカーリーグにおけるトップディヴィジョン(1部リーグ)のおよそ20クラブによるリーグ。

中でも優勝回数の多い、マンチェスター・ユナイテッド(断トツ)、チェルシーアーセナルマンチェスター・シティは名高い。

他にイギリスのスポーツ界の長者番付では、プロゴルファーのRory McIlroy(ローリー・マキロイ)が断トツで稼いでいます。

4. 投資銀行家(バンカー)、
またはヘッジファンドマネージャー

イギリス アメリカ ビリオネア お金持ち 富裕層 富豪

London Skyline. View of Bank, St Paul’s.

彼らはロンドンの裕福な家の出身者です。資金力をもってイートン校、続いてオックスブリッジ大学に通い、卒業後はモルガン・スタンレーのような名門投資会社で働いています。

彼らはロンドン西部と南西部の全域に住み、エリート中のエリートはケンジントンやチェルシーに住んでいます。

 

5. 英国の新時代の経営者たち

彼らは、最初に小さな事業、少しの開業資金からスタートし、後に大成功した人物。

彼らは街のスラムや鉱山の村で育ち、育った家の地域に住んでいます。主にエセックス、バークシャー、サリーなど。

有名人の例:

イギリスBBCの人気番組「Dragons‘ Den(ドラゴンズ・デン)」のキャスト達。ドラゴンズデンは、日本の「マネーの虎」の海外版。起業家がベンチャーキャピタリストに自分のビジネスアイデアを投げかけ、投資資金を確保するための現実的なテレビ番組。

 

 

アメリカのお金持ち(富裕層)とは?

イギリス アメリカ ビリオネア お金持ち 富裕層 富豪

 

英国の富裕者の分類に対抗し、アメリカのお金持ちはというと、、、
サラリと紹介しますね。

 

1.シリコンバレーの億万長者

いわゆるIT起業家と言われ、アイビーリーグの大学卒業生が圧倒的多数。一見すると、そのへんにいる普通の人。シリコンバレーの狭い地域でTwitterやPinterestやWatsApp、SquareやGithub、Airbnbなどのネットサービスがすごいスピードで生まれています。今後はAI技術に注目。

例:アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスや、フェイス・ブック創始者のマーク・ザッカーバーグ

 

2.北部ビバリーヒルズに住む人々

映画スター、プロデューサー、ディレクター、エージェント、外科医、エンタメ弁護士など

例:シルベスタ・スタローンロッド・スチュワート

 

3. テキサスの石油ビジネス事業家

アメリカの古いTVドラマ「ダラス」の登場人物たちに象徴される、石油ビジネスで財を成した人々。

例:アメリカの石油王といわれたH.L. ハント

 

4.先祖代々からの資産家

18世紀~19世紀の工業家、銀行家、建築家として栄え資産家となった人物。

例:米国ジャーナリスト、作家、CNNホストのアンダーソン・クーパー(鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト一族の一員)

 

5.アメリカの投資銀行家、ヘッジファンドマネージャー

アイビー・リーグ大学群の出身者が多い。

例: ウォーレン・バフェット。アメリカの投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの会長兼CEO。

 

アメリカ アイビーリーグ(Ivy League)とは?

アメリカの富豪を語るうえでは、切っても切れない関係の名門市立大学群。アメリカ北東部に所在する私立大学8校で構成される。()は卒業生例。

•ハーバード大学(マイクロソフト前会長ビル・ゲイツ)

•ペンシルベニア大学(PayPal共同創業者、TeslaおよびSpaceX 創業者兼CEO イーロン・マスク)

•コーネル大学(Greenlight Capital創業者、ヘッジファンドマネジャー デビッド・アインホー)

•イェール大学(ビル・クリントン元米大統領と元米国務長官、ヒラリー・クリン夫妻)

•コロンビア大学(投資家、慈善家 ウォーレン・バフェット)

•ダートマス大学(ゼネラル・エレクトリック会長兼CEO、ジェフリー・R・イメルト)

•ブラウン大学(ジョン・F・ケネディ・ジュニア)

•プリンストン大学(アマゾン創業者兼CEO ジェフ・ベゾス)

これらの大学はノーベル賞受賞者を多数輩出し、ハーバード大学は最も多くの億万長者を輩出するなど、アメリカ・世界に大きな影響を及ぼす大学群。

卒業生も錚々たるメンバーが顔を揃え、紹介しきれません!

まとめ

 

いかがでしたか?

イギリスの富裕層、アメリカの富裕層の分類は、投資銀行家以外は、大きく異なります。

わたしの印象では、イギリスは経済会においても貴族社会による影響が未だ根強く、先祖代々からの遺産を脈々と受けつぐ形の富裕層が多い。イギリスの長者番付には、貴族の称号が目立つのでひとめで理解できます。ロンドンの一等地はグロブナー家やカドカン家、ポートマン家などすべて貴族である彼ら貴族が所有している不動産です。

一方で貴族社会に相反するがごとく、企業しやすい環境が整っているのもイギリス流。小さな事業なら誰でも起こすことができ、それが大きな企業へと急成長する例もあります。

アメリカはというと、イギリスよりスケールが大きく、IT系の突出した成長、グローバルな活躍をする富裕層が圧倒的に多い。さらに、アメリカのアイビー・リーグ大学群の出身者が極めて多くの億万長者を輩出。

特徴としては、これら大学の卒業生は裸一貫から身を起こした人の割合が非常に高いということ。一見ふつうのお兄ちゃんに見えるひとが、とんでもなく独創性のある事業を起こし、世界を揺るがす起業家へ成長するという、アメリカンドリーム的な要素を感じます。

わたしの考察では、例えばシリコンバレーであれば、狭い地域のなかで奇跡的とも見える成功を遂げたした人がそこら中にいる。そして人間同士の壁も低く、「自分にもできるんじゃないか」という幻想が生まれやすい。起業とアイデアのエネルギーに満ちていて、不可能を可能にする環境が整っている。

イギリスは、特にファッション業界、シェフ業界において地方からポンっとでてくる天才型も多いのですが、階級の壁が高く、グローバルな動きになかなか乗れない。日本はイギリスよりもっとガラパゴス型です。

アメリカのビリオネアを輩出しているアイビー・リーグ大学群に対し、イギリスには、名門ラッセル・グループ大学群があります。とちらかというと研究色が強いイメージ。

 

ラッセル・グループ(Russell Group)とは?

イギリスのの研究型公立大学24校をさす。政府や議会に大学側の要望を伝える圧力団体として1994年に設立。会員校は、イギリス国内最高峰の大学として認識され、国内全博士号の60%を輩出している。

ラッセル・グループについて触れている記事はこちら!

 

対して、日本にそのような大学群があるかというと、、、ないんですよね。

東京6大学(東京六大学野球連盟:東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、法政大学、明治大学、立教大学)などもありますが、意味合いが違います。
日本で最も古い歴史をもつ旧七帝大を参考に紹介します。

日本・旧七帝大とは?

明治から昭和にかけ、日本の最上位の国立高等教育機関および研究機関の機関として設立された帝国大学の総称。(設立順)

・東京大学
・京都大学
・東北大学
・九州大学
・北海道大学
・大阪大学
・名古屋大学

 

また、米国フォーブス誌が毎年発表する「世界長者番付を知っていますか?

2018年で例えると、アメリカ人が上位3位を締めています。アマゾン・ドット・コムのジェフ・べソス、マイクロソフトのビル・ゲイツ、バークシャーハサウェイのウォーレン・バフェット!イギリスは最高ランクで55位。日本はと言うと39位にソフトバンクの孫正義でした。

出典:「10 Famous Types of Rich People in Britain and America」

 

あなたは何を感じましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。by アルノ

 

コメント