こどもをグローバル人材に育てるならコチラ ≫

【2022年10月/11月/12月】イギリスの年中行事・休日・イベント総まとめ

10月/11月/12月 イギリスの年中行事・休日・イベント総まとめ

イギリスの10月~12月の祝祭日・イベントが知りたい!?

イギリス南西部デボンの田舎町よりこんにちは。アルノです。

秋から冬をむかえるこの時期は、日がどんどん短くなり、人々はクリスマスを待ちこがれてすごします。

そんな冬を楽しむために、イベントや祝祭日情報を活用した旅の計画をしませんか?

この記事では、2022年10月・11月・12月のイギリスのバンクホリデーやイベント、学校のホリデーまで、祝祭日に関する情報をまとめて紹介します。

アルノ

参考記事がある祝日には、詳しい紹介記事へのリンクをつけています!

目次

2022年10月のイギリス年間行事・イベント

ジャック・オー・ランタン
Photo by David Menidrey on Unsplash

ロンドン・マラソン(London Marathon)

■ロンドンのスポーツイベント
■開催日:2022年10月2日(日)
■場所:ロンドン
■ウェブサイト:https://www.tcslondonmarathon.com

イギリス最大にして世界最高峰といわれるマラソン大会で、約10万人がロンドンの街を疾走します。

人気が高いだけに毎年エントリー希望者が殺到。ちなみに2022年の抽選枠であるballot(バロット)のエントリー期間は2021年10月4日〜10月8日でした。

2023年のエントリーを狙ってみませんか?

ディワリ(London Marathon)

■ヒンドゥー教の新年の祝い
■月日:2022年10月24日(月)
■場所:イギリス各地

ディワリは、「光の祭典」とも呼ばれるヒンドゥー教の新年の祝いの日です。

インド系移民の多い地域では、ディワリにちなんだ光や花火をテーマにしたイベントが開催されます。

▼ディワリや、その他ヒンドゥー教が関連するイベント・祝日はこちらの記事が参考になります。

サマータイムの終了(Daylight Saving Time Ends)

■月日:2022年10月30日(日)

2022年3月27日からはじまっていたサマータイムが終了します。

これで、イギリスと日本の時差が9時間に戻ります。(サマータイム中は時差8時間)

日が短く、夜が長くなることを実感します。

ハロウィーン(Halloween)

■年間イベント
■月日:2022年10月30日(月)

イギリスのハロウィンは、「かわいい仮装大会」ではなく「本気の悪霊や魔女系の仮装」で盛り上がるイベントです。

子供がいる家庭なら「トリック・オア・トリート」や「ジャック・オー・ランタンづくり」で楽しみ、大人は恐怖の仮装でパブやナイトクラブに集います。

▼伝統的な遊びも楽しいです。ハロウィンについて詳しくはこちらの記事が参考になります。

2022年11月のイギリス年間行事・イベント

ポピー

ガイ・フォークスナイト(Guy Fawkes Night)

■イギリスの花火イベント
■開催日:2022年11月5日(土)
■場所:イギリス各地

ガイ・フォークスナイトは、1605年に起こった カトリック教徒による「国会議事堂 爆破計画」が失敗したことを祝う日です。

爆破計画メンバーの一員だったガイ・フォークスの名前にちなんでいますが(彼がリーダーだったわけではない)、焚き火の夜(Bonfire Night)という別名でも親しまれています。

イギリスでは「花火を買える期間」が訪れ、スーパーや雑貨店で人々が花火を購入します。(普段は花火は買えない)

夜にはイギリス中あちこちで花火が上がります。

リメンバランス・デー(Remenbrance day)

■イギリスの戦没者追悼祈念日
■開催日:2022年11月11日(金)

1918年11月11日は、第一次世界大戦における終戦を記念する日です。

第一次世界大戦の戦没者のシンボルとなった「赤いポピーの花飾り」を街中で目にするでしょう。

現在では第一次世界大戦にとどまらず、第二次世界大戦、世界でおきたすべての戦争・紛争で命を落とした戦没者を追悼する日です。

午前11時に 2分間の黙祷 が行われます。

リメンバランス・サンデー(Remenbrance Sunday)

■イギリスの戦没者追悼祈念日の式典
■開催日:2022年11月13日(日)
■場所:ホワイトホール(ロンドン)+イギリス各地
■ウェブサイト:https://www.britishlegion.org.uk/

戦没者を追悼する日であるリメンバランスデーの11月11日に最も近い日曜日に式典が開催されます。

この 戦没者とは、軍人だけでなく戦争に巻き込まれた民間人や軍馬なども含まれています。

式典は、ロンドンのホワイトホールで開催されます。午前11時に 2分間の黙祷からはじまり、英王室メンバーや軍の高官による献花、祈り、軍隊による行進などのセレモニーが行われます。

▼リメンバランスデーについてはこちらの記事が参考になります。

ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)

Multiple entry slots are selling fast across Saturdays in December, so get in quick to grab the last remaining tickets for these popular dates. Head to our website to book! 👉https://t.co/skAOxNRSSb#HydeParkWinterWonderland pic.twitter.com/ct6JFt5IOZ

— Winter Wonderland (@WinterWonderLDN) October 15, 2021

■イギリスにおける冬の野外遊園地(アイスリンク含む)
■開催日:2022年11月19(土)~2023年1月3日(火)
■場所:ハイドパーク、ロンドン+イギリス各地
■ウェブサイト:https://hydeparkwinterwonderland.com/

ウィンターワンダーランドは、ロンドンのハイドパークで開催される大規模な野外遊園地です。

ハイドパークに設置される優雅な観覧車や、クリスマスマーケット、アイスリンクがロンドンを活気づけます。

またこのウィンターワンダーランドは、イギリス各地で開催されています。

2022 FIFAワールドカップ(2022 FIFA World Cup)

■サッカーワールドカップ
■開催日:2022年11月21日(月)~12月18日(日)
■場所:カタール
■ウェブサイト:https://www.fifa.com/

2022年11月から12月にかけ、22回目のFIFAワールドカップがカタールで開催されます。

イギリスのサッカーファンたちがパブで大騒ぎする時期です。

ブラック・フライデー(Black Friday)

■世界のショッピングセール
■開催日:2022年11月25日(金)

いまや世界規模となった、アメリカ発の大セールの金曜日です。

イギリスでも、この日にあわせてクリスマスプレゼントや、自分のご褒美を買う人が多い!

ファースト・サンデー・オブ・アドベント(降臨節の最初の日曜日)

■クリスマスの準備スタート(キリスト教)
■開催日:2022年11月27日(日)

ファースト・サンデー・オブ・アドベントは、キリスト教の行事の一つで、キリストの降誕であるクリスマスを待ち望む期間である「降臨節(こうりんせつ)」の始まりになります。

この日から クリスマスツリーやアドベントリースを飾ったりと クリスマスの準備が始まります。

▼イギリス流のクリスマスを楽しむ方法についてはこちらの記事が参考になります。

セント・アンドリューズ・デー(St. Andrew’s Day)

■スコットランドの守護聖人、聖アンドリューの日
■スコットランドのみバンクホリデー
■月日:2022年11月30日(水)
■場所:スコットランド

聖アンドリューの日とは、スコットランドの守護聖人を祝う日で、スコットランドではバンクホリデーになります。

スコットランドでは聖アンドリューを象徴する「X」の旗、「セント・アンドリュー・クロス」が掲げられ、いくつかの施設が開放されたりします。

クリスマス・マーケット(Christmas Market)

■クリスマス・マーケット
■開催日:およそ11月20日~2023年1月4日(年内に終了するマーケットも多い)
■場所:イギリス各地

イギリスのクリスマス・マーケットは、ドイツ由来のため、ジャーマンソーセージや体が温まるモルドワインなどが定番。

イギリスで人気のクリスマスマーケットは ロンドンやウィンチェスター、バース、オックスフォードなどいくつかあります。

アルノ
私が2022年に狙っているのはスコットランドのエディンバラです。 

2022年12月のイギリス年間行事・イベント

アドベントカレンダーを開ける日(Advent Begins)

■クリスマスのアドベントカレンダーの開封がスタート
■月日:2022年12月1日(水)

イギリス中で「ねぇねぇ、アドベントカレンダーもう開けた?」という会話が繰り広げられる日。

アドベントカレンダー (Advent calendar) とは、クリスマスまでの日数を数える(わくわくする)ためのカレンダーで、ポケットや窓の中にチョコや、ちいさなお菓子、おもちゃなどが入っています。

この日から24日(または25日)までのすべてのポケットや窓を 開け終わると、待ちに待ったクリスマスです!

クリスマスジャンパーデー(Christmas Jumper Day)

■イギリスのチャリティデー
■月日:12月10日(土)

チャリティ団体「セーブ・ザ・チルドレン」が主催する、「(おかしな)クリスマスジャンバーを着て、こどものために募金をしよう!」という日。

多くの学校でもこどもにこの日はクリスマスジャンパーを着てきてもいいですよというアナウンスとともに、1ポンドの募金を持っていきます(強制ではない)。

しかしこの日にクリスマスジャンパーを着ていたイギリス友人に、チャリティのことを聞いても知らない人だらけ。

なるべくヘンテコなクリスマスジャンパーを着て楽しくすごす日」という認識の人が多いようです。いろんなクリスマスジャンパーを眺めるのが楽しい!

冬至(winter solstice)

■月日:2022年12月21日(水)

暗い冬がつづくイギリスで この日が恋しい、、それが冬至です。

冬至は、一年で 夜がもっとも長く、日が短い一日です。

そしてこの日をすぎれば 少しずつ太陽がさす時間が長くなります。寒さはさらに厳しくはなるものの ゆっくりと春にむけて動き出します。

わたしはイギリスでも冬至には かぼちゃ を食べるようにしてます。無病息災♪ 

クリスマス・イブ(Christmas Eve)

いよいよ明日はクリスマスです。

イギリスでは家族があつまってディナーをともにしますが、日本のようなお祭り感はありません。

クリスマス(Christmas Day)

■キリスト教の宗教行事
■月日:2022年12月25日(日)

とうとう待ちに待ったクリスマスの当日です。

イギリスでは家族があつまり、クリスマス ランチ・ディナーで盛大にお祝いします。

ボクシング・デー(Boxing Day)

■UKのバンクホリデー(イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド)
■月日:2022年12月26日(月)

ボクシングデーは、ビクトリア時代に発祥したクリスマスに関連する日で、バンクホリデーでもあります。

イギリスでは、裕福な家で クリスマスの翌日に使用人に「クリスマスボックス」が贈られ、使用人たちは家に帰り家族にそのクリスマスボックスを渡したそう。

また、お金持ちが貧しい人にたいし、ギフトをボックスにいれて送っていたことにも由来するようです。

今日でボクシングデーというと、一斉にセールが始まる「ショッピングの休日」として知られています。

クリスマスデー・バンクホリデー(Christmas Day Bank Holiday)

■UKのバンクホリデー(イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド)
■開催日:12月27日(火)

イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドでバンクホリデーとなります。

ニューイヤーズ・イブ(New Year’s Eve)

■大晦日、イギリスの花火イベント
■開催日:2022年12月31日(土)
■場所:イギリス各地

とうとう2022年が終わります!

大晦日のイギリスは花火大会で夜が彩られます。

特にロンドンで開催される新年花火大会は大規模です。街ゆく人たちが笑顔で乾杯する姿をあちこちで見れるでしょう♪

よい2023年をお迎えください。

その他、イギリスのイベント役立ち情報

その他、イギリスの観光に役立つイベントや祝祭日の情報をまとめます。

2022年10月~12月のスクールホリデー

イギリスの学校のホリデーも確認しましょう。子供連れの人出が増えたり、イベントが多くなりします。

■オクトーバー・ハーフタイム10月25日~10月29日前後
(約1週間のハーフタームホリデー)

■クリスマス・スクールホリデー12月15日~1月3日前後
(約2週間のホリデー)

この時期には約2週間の「クリスマス・スクールホリデー」があります。

日本 スクールホリデーの期間は、学校や地域によって異なります。公立校に比べ、私立校のほうがホリディは長くなります。

2022年のUKのバンクホリデー

2022年度のUKバンクホリデーはこちらの政府公式サイト(GOV.UK)で確認できます。

2022年キリスト教・イスラム教・ヒンズー教の年間祝祭日について

2022年の宗教的な祝日一覧はこちらの記事で紹介しています。

イギリスは、インド系・ユダヤ系・アラビア系の住民も多いため、このような宗教上の行事を確認しておくと、思わぬ行事に参加できます。

▼キリスト教の祝日一覧はこちらの記事でくわしく紹介しています。

▼イスラム教の祝祭日一覧はこちらの記事でくわしく紹介しています。

▼ヒンズー教の祝祭日はこちらの記事で紹介しています。

地域ごとのイベントサイトも役立ちます。

ロンドンイベント情報のおすすめは、『VISIT LONDON』と『TimeOut London』です。

まとめ

以上、【2022年10月/11月/12月】イギリスのバンクホリデー、イベントや祝祭日まで総まとめ、について紹介しました。

その他の2022年のイギリスのイベント・祝日記事はこちらです。

▶イギリスの冬の祝祭日・イベントまとめ【2022年1月/2月/3月

▶イギリスの春の祝祭日・イベントまとめ【2022年4月/5月/6月

▶イギリスの夏の祝祭日・イベントまとめ【2022年7月/8月/9月

イギリス旅行の参考に、2022年の秋から冬をたのしくすごせるアイデアがみつかれば嬉しいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

10月/11月/12月 イギリスの年中行事・休日・イベント総まとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次