【2019年】キリスト教の祭日、年中行事・イースターが非常に重要だった件!

イギリス暮らしの知っとこう

海外生活、特にキリスト教圏で生活していれば、年中行事にキリスト教の祭日が大きく関わります。

クリスマスシーズンが近づくと子供の学校でアドベントフェアが行われ、街の大聖堂では祝日にあわせたイベントが目白押し、クリスマスだってイースターだって、休日となります。

私はキリスト教徒じゃないから。。。なんて無視できないのが、海外生活におけるキリスト教の祭日なのです!

今回は、キリスト教圏にとっては非常に重要な「2019年、キリスト教の祭日、年中行事」を紹介します。

おすすめ記事と広告

2019年キリスト教の祭日

1月6日(日)Epiphany(エピファニー) 公現祭(こうげんさい)・東方の三博士(王)が来訪し、キリストがこの世に現れたことを祝う
3月5日(火)Shrove Tuesday(シュロウヴ・チュースデー)/Pancake Day(パンケーキデー!)告解の火曜日・英国ではこの日パンケーキを食べる
3月6日(水)Ash Wednesday(アッシュ・ウェンズデー)/灰の水曜日・レント(四旬節・受難節)がスタート(イースターの46日前
4月14日(日)Palm Sunday(パーム・サンデー)聖枝祭・キリストの受難直前の、エルサレム入城を記憶する日(イースター1週間前の日曜日)
4月18日(木)Maundy Thursday(モンディ・サースデー)洗足木曜日・最後の晩餐を記念する日
4月19日(金)Good Friday(グッド・フライデー)

聖金曜日・キリストの受難と死を記念する日(英国は休日)

4月20日(土)Holy Saturday(ホーリー・サタデー)聖土曜日・イースター前日の土曜日
4月21日(日)Easter Sunday(イースター・サンデー)復活祭当日・十字架にかけられて死んだキリストが三日目に復活したことを記念・記憶する日
4月22日(月)Easter Monday(イースター・マンデー)イースター翌日(英国は休日)
5月30日(木)Ascension Day(アセンション・デー)キリストの昇天を記念する日(イースター40日後
6月9日(日)Pentecost(ペンテコステ)聖霊降臨祭・キリストの復活昇天後、信徒たちの上に神からの聖霊が降ったことを記念する日(イースターから50日後
6月10日(月)Whit Monday(ウィット・マンデー)聖霊降臨節の月曜日
6月16日(日)Trinity Sunday(トリニティ・サンデー)三位一体の祝祭・「三位一体」の神である 父なる神、子なる神イエス、聖霊なる神を考える日
6月20日(木)Corpus Christi(コーパス・クリスティ)キリストの聖体祭・聖体に対する信心を呼び覚ます日
8月15日(木)Assumption of Mary(アサンプション・オブ・マリー)聖母昇天節・聖母マリアの昇天を記念する日
11月1日(金)All Saints’ Day(オール・セインツデー)諸聖人の日・すべての聖人と殉教者を祝う日
11月2日(土)All Souls’ Day(オール・ソウルズデー)死者の日・全ての死者の魂のために祈る日
12月1日(日)First Sunday of Advent(アドベンドの第一日曜日)降臨節の第一日曜日・(アドベントとはキリストの降誕を待ち望む期間のこと)
12月8日(日)Feast of the Immaculate Conception(フィースト・オブ・ザ・イマキュレート・コンセプション)無原罪の聖マリアの祝日・聖母マリアがその存在の初めから原罪を免れていたことを祝う日
12月24日(火)Christmas Eve(クリスマス・イヴ)クリスマス前夜
12月25日(水)クリスマスデー(Christmas Day) 降誕祭・クリスマス当日・キリストの誕生を祝う日

キリスト教の3大まつり

 

キリスト教の3大祭りといわれるのは、イースター、ペンテコステ、クリスマスです。

ペンテコステは初めて知りました!

1)イースター(Easter)

キリスト教徒が最も大事にしているお祭りって?クリスマス??

いいえ、違います。

クリスマスより重要視されているのは3月~4月の「イースター(Easter)」!日本語で復活祭とも呼ばれます。

暦をみると、一般的なイースターの準備はすでに3月5日のパンケーキデーから始まっています。(この日に卵や乳製品などの食べ納めをして「レント(四旬節、受難節)」という質素な生活にはいります。つまりイースターの準備は40日前からスタートします。)

細かい事を言うと、イースターの63日前であるSeptuagesima Sunday(七旬節)から、イースター後60日後のCorpus Christi(聖体祭)までの約4ヶ月にわたり、キリストの受難と復活に関する祝日があるということになります。

イエス・キリストは十字架の磔刑を受けて天に召されましたが、亡くなった当日を第一日目とし、三日目の日曜日に、、、、なんと蘇ります!

そして人々の前に現われ、地の隅々にまで福音を教え広めるよう命じた、とされています。

イースターは毎年日にちが変更(移動祝日)します。それは「春分の日より後の最初の満月から数えた最初の日曜日」がキリストが復活された日であるとされているからです。

イースターは、草木花の芽吹き、動物たちの繁殖の季節である春の訪れを祝うお祭りでもあります。

キリスト教徒でない私にとっては、春をお祝いするお祭りです!

※2019年のイースター当日(Easter)は、4月21日(日)です。

イースターの遊びと食べ物!イースターサンデーとイースターマンデーとは
イギリスからこんにちは。イギリスのイースター当日に友人宅に集まり、エッグハント大会を楽しみにしているアルノです。 前回は、イースターのシンボルである卵やうさぎなど飾り付けにつかう必須アイテムの紹介や、グッドフライデーの過ごし方...

 

2)ペンテコステ

ペンテコステ?

簡単に説明すると、イースター(復活祭)から数えて50日目にキリストの弟子たちに聖霊が降臨した日をお祝いする日です。

キリストはイースター40日後に昇天し、残された使徒達は集まって祈りを捧げていました。キリスト昇天から10日たった日に、突然激しい風が吹くような音とともに 天から炎の舌のようなものが信徒一人ひとりの上に分かれて降り、彼らは聖霊に満たされ一変し、さまざまな国の言葉で語り始めたのでした。

ペンテコステの解釈は、キリスト教徒ではないわたしにはちょっとむずかしい。

ペンテコステは、キリストの復活を証明するものであり、また信徒には常にキリストの支えがあること、キリストの教会が生み出されたことを喜ぶ祝日だということのようです。

※2019年のペンテコステ(Pentecost)は、6月9日(日)です。

 

3)クリスマス

クリスマスとは、イエス・キリストの「降誕を記念する祭日」です。

降誕って何?誕生日じゃないの?

実はキリストの誕生日ははっきりしていません。

宗教的には12月1日から「アドベント」と呼ばれるイエス・キリストの降誕を待ち望むシーズンが始まり、25日に降誕祭で誕生をお祝いします。

さらに12月25日から 1月6日公現祭までの「十二夜」が クリスマスシーズンとなります。

クリスマス期間といわれる12日間は、公現祭で「東方からの三博士(王)」が幼子イエスを見つけるのにそれだけかかったとされている期間だそうです。

※2019年のクリスマス(Christmas)は、12月25日(水)です。

英国式14のクリスマス流儀!イギリスのクリスマスの過ごし方(11月~1月)
『一年で一番大切な家族のための日』、それがイギリス、ヨーロッパでのクリスマスです。 英国では12月25日と26日の2日間が「祝日」となり、特にクリスマスデイ(25日)は、ほとんどのスーパーやショップ、オフィス、バス・電車・地下鉄など公...

 

まとめ

以上、2019年のキリスト教の祭日、年中行事を紹介しました。

こうしてまとめてみると、キリスト教にとってどれだけイースターが重要であるかがわかります!

いや~。。知らなかった。

こうして少しずつ理解することで、キリスト教国の文化や歴史、キリスト教徒の友人たちの生活スタイルや考え方などにより親しみを持ち、彼らが大切にしていることを尊重することができるのではないでしょうか?

私は、特別な宗教を信仰しているわけではありませんが、プロテスタント教会の主催する英語レッスンに通っているため、教会のイベントに時々参加させてもらいます。

3月はじめには一緒にパンケーキを食べる会があるし、イースターも一緒にお祝いします。これらお祝いごとの日付と一連の意味を知ることができて嬉しいです。

その他、2019年のヒンズー教、ユダヤ教、イスラム教の宗教関係の祭日はこちら

【2019年】インド・ヒンズー教の祭日!インド人を見かけたら読んでみよう
イギリスに住んでいると、必ず遭遇するインド系の住民たち。 日本でも確実にインド系移民が増えているはずです。 日本のインド人街といえば、西葛西、イギリスではロンドンのSouthall(サウソール)です。 しかし、わたしが現在...
【2019年】これが祭り?なユダヤ教の祭日!ユダヤ人を見かけたら読んでみよう
イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりには 残念ながらユダヤ教徒の知人はいません。 ロンドンに住んでいたころは、ユダヤ人街であるGolders Green(ゴルダーズグリーン)に日本食レストランが多数あったため、よくこの街でユダヤ人...
【2019年】イスラム教の祭日・宗教行事!外務省から注意喚起される祭日とは?
イギリス南西部デボン在住のわたしのまわりでは多くのイスラム教徒(モスリム)を見かけます。 日本にも主要都市にはモスク(東京ジャーミィ・トルコ文化センターなど)が設置され、地方都市の空港などでもイスラム教徒用の礼拝場を見かけるようになりまし...

あなたも、2019年にはキリスト教の祝日、行事を誰かと一緒にお祝いしてみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

コメント

おすすめ記事と広告